2018年02月16日

天国までの百マイル

9784062931656_w[1].jpg

講談社より¥669で発売中

<あらすじ>
事業に失敗し最愛の妻子とも別れたダメ中年の城所安男。極貧の中で育ててくれた母の命を救うため天才心臓外科医のいる病院へひた走る
講談社HPより引用)


ちょうど読んでいるときに祖母が心臓を患って入院したとの知らせを受けたので重ねながら読みましたが、涙なくしては読めませんでした。
地下鉄の車内で、天一で、ココイチで、何度涙を堪えるために本を閉じたことか(笑)

バブルから一転して、倒産、自己破産、離婚を経験し、人生のどん底に落ちた末っ子の安男が、重い狭心症の母親を救おうと奮闘するお話です。

面倒見のいいマリや、義母思いの英子、藤本先生に、ドクター曽我。
いろんな形の愛を受けながら、安男自身も成長していきます。

バブル期に今と同じ状況であったなら、自分はここまでして母親を助けただろうかと自問する場面があります。
おそらくは見限っただろうと。
人の痛みが分かるようになって、初めて気付く幸せの意味。

マリの優しさに涙しつつも、前を向いて歩いていこうとする安男の姿が目に浮かびました。
posted by みづき at 16:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ゲラン

CIMG5020.JPG
<ゲラン ロールエッセンス エクラ 30ml ¥11016>
<ゲラン ラ プティット ローブ ノワール リップ 007 ブラックパーフェクト ¥3888>



ついにおゲラン様に手を出してしまいました

右のリップの口コミが高評価だったので、どんなものかと覗いたのがきっかけです。

フレーバー付きのリップなんですが、正直リップに香りは求めてません。(←おい!)
香料入りのものもありますが、つけたときにふんわり香る程度なら全然大丈夫。

でも、こちらはつけた後もずっと匂いが付きまといます残ります。
しかも結構甘い香りなので、苦手な方は受け付けないと思います。
周りにもこの匂いは届いてるんでしょうか?

007は黒リップになります。
唇のPHに反応して、発色するタイプです。

実際塗ってみると薄付きで、1度塗りでは艶感のみ。
私の唇ではほぼ発色しませんでしたが、2度〜3度塗りすると少〜し暗めのピンクになりました。
それでも、色味はわからない程度です。

主張しない色味ですが、さりげないピンクラメがとてもキレイなんです
保湿効果もあってしっとりするので、アイメイクをポイントに置いたときに合わせたいアイテムです。


それと、左が化粧下地です。

仕事終わりのぐだぐだメイクだったので、お直ししてくれましたw
その際に使用して頂いたものです。

ひんやりとした金箔入りのジェルタイプで、金箔は肌になじませるとなくなります。
こちらも香料入りですが、リップとは違いふんわり香る程度。
疲れたときだったので、この香りに癒されてしまい、そのままお持ち帰り(笑)

BAさんに使用していただいたのと同じく、いいリフレッシュにもなるので化粧直しの時に使用しています。
もちろん朝の化粧下地としても問題ありません。
私はポーチに入れて持ち歩いているので、泊りがけの時はこちらを化粧下地として使用しています。

2プッシュで十分なので、半年持ちますとのこと。
油分をオフしてから、2プッシュ分を顔全体に塗布してから、パウダーファンデで抑えています。
ファンデを密着させてくれて、瑞々しいお肌に仕上げてくれますよ。
posted by みづき at 15:08| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

薬用 クリアウォッシュ

CIMG5019.JPG
<オルビス 薬用 クリアウォッシュ 120g ¥1404>



リニューアル前から使っていました。

テクスチャーは少し硬めなのですが、ネットで泡立てるとモコモコの泡になります。
メントール効果で、すっきりと洗い上げることができます。

食生活が偏りがちのせいで時々ニキビが出没するのですが、これで洗うと余計な油分を取り除いてくれるのか、できにくくなりました。
洗浄力は高いんだと思います。

皮脂を落とすだけでなく、保湿効果も高いので安心して使えます。
posted by みづき at 23:49| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

アクティベーション モイスチュア ミルク

CIMG5018.JPG
<アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 165ml ¥5400>
<アルビオン エクサージュ アクティベーション モイスチュア ミルク U 200g ¥5400>



お久しぶりのアルビオンです。
スキコンはずっとリピートしている化粧水で、行くたびに購入していて、贅沢にもプレ化粧水として使用しています。

アルビオンの乳液は好きなのですが、正直それぞれの違いを理解していないので、乾燥が気になるとお伝えして肌状態を見ていただきました。
油分はあるけど(むしろ過剰気味w)、水分は少なめだったので、ノーマルタイプのUで大丈夫だそうです。

乳液先行型なので、化粧水よりも先にこちらをつけていきます。
大判のコットンに2プッシュ。
BAさんには3プッシュと言われましたが、2プッシュでも十分全顔に行き渡ります。

そして、あとはくるくる〜

このフローラルの香りにも癒されて、至福のお手入れタイムになります。

2プッシュでも多く感じていたのに、あら不思議〜。
あっという間に吸い込まれていきます。

もうそれだけでお肌はモチモチに感じられます

その後は、化粧水⇒美容液と通常の手順でOK

乳液を変えただけで、肌のもっちり感が全然違います。
乾燥が気になる方にはおすすめです。
posted by みづき at 18:22| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

フォルミングエッジアイズ

CIMG5015.JPG

<カネボウ化粧品 ケイト フォルミングエッジアイズ PK−1 ¥1512>



ピンクが似合わないのは分かっていてのあえてのPKチョイス(笑)

アイシャドウパレットだと4〜5色入っていますが、実際に使うのは3色程度なので、これがベストなんです。
ハイライトにアイホールに締め色。
この3つがあれば十分です。

しかも、これはその3色がツボ

ハイライトはホワイトにピンクパール入り。
くすみを吹き飛ばしてくれます。
アイホールには真ん中のピンクベージュ。
柔らかい色味がとてもキレイ。
締め色はにはブラウン。

どれも発色はいいのですが、ラメはきつくないので普段使いしやすいかと思います。

ピンクブラウン好きにはたまらないですね
posted by みづき at 01:43| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

アベンヌ

CIMG5012.JPG

<アベンヌ ウォーター 50g ¥756>



そのままの商品名ですね(笑)
ですが、中身は敏感肌用の温泉水100%のミスト化粧水です。

手軽に水分補給できるので、ポーチに入れておくと便利ですね。
夏場だとお風呂上りの取りあえずのクールダウンにもいいかも。

私は家に置いてますが、乾燥が気になったときやメイクを失敗したときのお直しに使用しています。
軽くシューっとするだけで、気持ちのいいミストが浴びれます。

無香料なのもありがたいですね。
保湿力もあるので使った後は肌がしっとりします。
posted by みづき at 23:36| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

ハーバー

CIMG5008.JPG

<ハーバー 薬用ホワイトレディ 30ml¥3888>


高濃度ビタミンCが配合された美白美容液です。
10mlから販売しているので、お試ししやすいです。

こちらは洗顔後すぐに使用するタイプです。
この後に化粧水をつけるようにとBAさんに言われました。

テクスチャーは無色透明で、匂いはありません。
化粧水のような軽いつけ心地で、すぐに浸透していきます。
そのせいで、思わずたくさん使ってしまいそうになります。

さすがは美白美容液だけあって、使い始めてすぐに肌が1トーン明るくなった気がしました。
即効性があるのはいいですね。
posted by みづき at 13:54| Comment(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

22年目の告白−私が殺人犯です―

1000692010_j1[1].jpg

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより¥4212で発売中

2017年度作品/日本

<監督&脚本>
入江悠

<脚本>
平田研也

<出演>
藤原竜也
伊藤英明
夏帆
野村周平
石橋杏奈
竜星涼
早乙女太一
平田満
岩松了
岩城滉一
仲村トオル(「64-ロクヨン-前編 」

<あらすじ>
全国民を魅了する殺人犯
「はじめまして、私が殺人犯です」
事件は、ここから始まる。

時効後に名乗り出た、殺人の告白
かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。
顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。
マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。
それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


犯人役が板についてきた藤原竜也が主演。

時効を迎えたセンセーショナルな事件の犯人は自分だと名乗り出た男。
事件の被害者でありながら、犯人を追っている刑事。
事件の被害者遺族。
それらをうまく交錯させながら、意外な結末へと進んでいきます。

元は韓国映画だそうですが、日本に置き換えても全く違和感のないようなお話でした。

事件発生から22年後という割には、みんな年取ってないのはご愛敬(笑)

展開に疑問があったので、落ちは半分ほど読めてしまいました。
それでも面白かったです。

展開が衝撃的過ぎて事件そのものについてはあまり語られていないですが、22年の時の重さを感じました。
posted by みづき at 21:36| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

サウスバウンド

9784062779357_w[1].jpg

講談社より¥972で発売中

<あらすじ>
父は国家権力が大嫌い。どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。そんな父が突然、沖縄・西表島に移住すると言い出し、その先でも大騒動に。父はやっぱり変人なのか? それとも勇者? 家族の絆、仲間の絆をユーモラスに描いた傑作長編。
講談社HPより引用)


奥田作品が続いてます。

こちらは688ページと長編です。
読み応えがありました。

小学6年生の二郎の視点から描かれる、ちょっとこ変わった家族の物語です。
家族がというよりも1番変わっているのはお父さん。
思想が偏っているけど、決して他社に強制するわけでもなく、自分の意志として責任を持って行動する姿はかっこいいです。

親がこうでも子供はしっかり育つようで、6年生にしては大人なように思えました。
いや、お母さんは普通だからかな。

第一部は東京編。
物騒な事件が起こったり、小学6年生が背負うには重すぎる日常で、二郎に同情をしながら読み進めました。
内容も明るくはないのでペースも遅かったのですが、それが一転して第二部の面白さ

第二部は移住先の西表島が舞台です。
一気に引き込まれて、西表島に行きたくなってしまいましたw(←単純)
どんな場所でも住めば都。
何不自由なく暮らしていた東京よりも、生き生きとしていました。
子供達もたくましくなって成長ぶりにほほえましくなります。

西表島でも騒動勃発になりますが、つい涙が・・・。
そこまで感情移入できました。

素敵な家族に出会えて楽しませてもらいました
posted by みづき at 13:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

空中ブランコ

img_13d8a202906e75ceaf93aafe1702526e266300[1].jpg

文芸春秋より¥604で発売中

第131回直木賞受賞

<あらすじ>
伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が……。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾!
文芸春秋HPより引用)


「イン・ザ・プール」の続編です。

相変わらず憎めない伊良部先生。
この人にモラルは通じません。
行動は可笑しくても、言ってることは正論で思わず納得してしまいます。
そんな私は立派な伊良部信者かもしれません。

今回は色んな職業にまつわるお話しも多かったです。
それぞれが色んな悩みを抱えていて興味深く読めました。
彼らの心が解放されると、なぜかこちらまで爽快感を感じられるので不思議です。
まるで自分の悩みも解き放たれたよう。

悩んだ時は伊良部シリーズを読むだけで、元気になれそうです。

もちろん第三弾の「町長選挙」も読むつもりでいます
posted by みづき at 18:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする