2016年10月06日

真田十勇士

169384_03.jpg

2016年度作品/日本

<監督>
堤幸彦(「イニシエーション・ラブ」、「さよならドビュッシー」

<出演>
中村勘九郎
松坂桃李
大島優子
永山絢斗(「クローズEXPLODE」「藁の楯 わらのたて」など)
高橋光臣
駿河太郎
村井良大
荒井敦史
望月歩
青木健(「永遠の0」
石垣佑磨
加藤和樹
伊武雅刀
佐藤二朗
野添義弘
松平健
加藤雅也
大竹しのぶ(「ギャラクシー街道」)

<あらすじ>
天下統一を目前にした徳川家康は、反旗を翻す豊臣秀頼との戦いに向けて準備を進めていた。
豊臣陣営の頼みの綱は、名称として名を馳せていた真田幸村であったが、実は彼は恵まれた容姿と武運によって作られた凡人であった。
そんな彼の前に猿飛佐助が、幸村を本当の天下一の英雄に仕立て上げようと個性的な十人の勇士を集めてくる。
そして、大阪冬の陣・夏の陣の幕が上がるのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


ずいぶん前から番宣していたのですが、ようやく公開です。
舞台の映像化です。

何の前知識も持たずに観に行ったのですが、冒頭からアニメが流れ出したのでアニメ作品かと思い焦りました。
途中退席していた方がいたので、同じ気持ちだったのかも(笑)
私ももうすぐで出て行くところでした。

それくらい、アニメが長い。
注釈でまもなく本編が始まりますというような内容が出てくるのですが、もう少し早く出した方がいいかもしれません。

アニメ化する必要性もよく分かりませんでした。
エンドロールも紙芝居を使っていたりと遊び心は理解するのですが・・・。

登場人物も多いのに展開が早くついていくのに必死でした。
テンポよくいっていたのに、クライマックスの徳川家康との戦いが少し間延びした感じはあります。

どんでん返しの展開には驚かされましたが、良くも悪くも舞台向けの作品かなという印象でした。
posted by みづき at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

ハドソン川の奇跡

169616_02.jpg

原題:SULLY

2016年度作品/アメリカ

<監督>
クリント・イーストウッド(「ジャージー・ボーイズ」、「J・エドガー」

<出演>
トム・ハンクス
アーロン・エッカート
ローラ・リニー
アンナ・ガン
オータム・リーサー
ホルト・マッキャラニー
マイク・オマリー
ジェイミー・シェリダン
ジェリー・フェレーラ(「ローン・サバイバー」
モリー・ヘイガン
ヴァレリー・マハフェイ

<あらすじ>
2009年1月15日。
ラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便は離陸後まもなくバードストライクに遭い、両エンジンが停止するというトラブルに見舞われる。
機長のサレンバーガーはとっさの状況判断でハドソン川に不時着することを決め、1人の死者も出すことなく奇跡の生還を果たす。
一瞬にして英雄となったサレンバーガーだが、国家運輸安全委員会による事故調査が行われ、ハドソン川への不時着が果たして正しい判断だったのかと検証をされることとなった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


忘れっぽい私でもちゃんと覚えていました、この事故。
当時のニュース映像で観た記憶があります。

事実を基にした作品で、当時の関係者を出演させるなどリアリティに凝って作られています。
最後に本物のサレンバーガー機長の映像が出てきますが、これまたトム・ハンクスそっくり。
いや、トムが役作りでだいぶ似せていってます。

お話の描き方もうまいです。
時系列に描かれているわけではなく、うまく現在と事故当時を織り交ぜながら機長の苦悩を描きだしていっています。
この手の作品は2時間越えが当たり前ですが、これは96分と短め。
凝縮されています。

予告や事前情報では、機長が「容疑者」という扱われ方をしていたのですが、作中では参考人という程度でした。
ちょっとあおりすぎかと。

公聴会でのやりとりには手に汗握ります。
正義が歪んで解釈されていくのには我慢なりません

96分の中でいろんな感情が次から次へと沸いてきますが、見終わった後はさわやかな印象が残りました。
posted by みづき at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

怒り

166839_02.jpg

2016年度作品/日本

<監督・脚本>
李相日(「悪人」「フラガール」など)

<原作>
吉田修一(「悪人」「パレード」

<出演>
渡辺謙(「GODZILLA ゴジラ」など)
森山未來
松山ケンイチ
綾野剛
広瀬すず
佐久本宝
ピエール瀧
三浦貴大(「HERO」、「イニシエーション・ラブ」)
高畑充希
原日出子
池脇千鶴
宮崎あおい
妻夫木聡(「STAND BY ME ドラえもん」)

<あらすじ>
家出して風俗店で働いていた愛子は父親に見つかり、地元の千葉の漁港に連れ戻される。
そこには新人の田代がいて、やがて二人は惹かれあうようになる。
東京に住む会社員の優馬はゲイ仲間とのパーティの後、直人と出会い関係を持つ。行くあてのない直人を放っておけず自分の家に住まわせるようになる。
沖縄に住むすずは同級生に連れられて遊びに行った無人島でひっそりと暮らしている田中と出会う。
そこへ、一年前に起こった八王子での惨殺な夫婦殺人事件の未解決番組が放送される。犯人はわかっておらず、手がかりは現場に残されていた「怒」という血文字だった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


ようやく仕事終わりに時間が取れるようになったので、映画を観に行くことにしました。
って、これから繁忙期に突入なのでどれだけ観れるか分かりませんが。

こちらは豪華キャストで話題の作品。

宮崎あおいちゃんが役作り8キロ(だったかな?)増量して体当たりで挑んだというので気になって注視していましたが、太くはないよね?
確かに以前よりかはふくよかになってるものの、ぽっちゃりとまではいってませんでした。
やっぱり女優は何しても絵になるもんですね。

ゲイのセックスシーンやレイプシーンなど体当たりな演技は多かったです。

「悪人」以来のタッグを組んだ二人なのですが、正直「悪人」と似たり寄ったりな感じでした。

東京、千葉、沖縄でそれぞれのお話が展開され、どれも交差することはありません。
共通するのは、それぞれの暮らしの中に、ある日突然八王子事件という未解決事件が入りこんできてかき乱されるということ。

果たして、愛する人が犯人なのか?
出会う前の過去など気にしなかったものが、一気に不安に襲われて、葛藤し、愛情がもろく崩れ去っていきます。

恋愛のもろさと人の狂気をうまく絡ませて描いているように思えました。
迫力のあるシーンばかりで行きつく暇もありません。

原作が気になるので読んでみたいです。
posted by みづき at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

植物図鑑

6249[1].jpg

幻冬舎より¥740で発売中

<あらすじ>
よかったら俺を拾ってくれませんか──。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能の植物オタクで、風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。
幻冬舎HPより引用)


有川作品です。

「レディ・ジョーカー」からの反動か一気読みしました。

「女の恋は上書き式、男の恋は保存式。」

思わずうんうんと納得して、気付けばドハマりしました(笑)
まるで少女漫画のような小説です。
思わずニヤニヤすることも何度もありました。

ひょんなことから同居生活を送ることになった樹とさかやの恋愛小説です。

カラーで出てくる植物の写真が載っているので、観ながら読めるのもありがたいです。
名前を知らなくても見たことのある植物や初見の植物など、さやか同様に勉強になります。

そして出てくる料理のおいしそうなこと
食べたくなります。

延々と読んでいたい作品でした。

今年映画化もされたのですが、キャストは私のイメージとは異なってました。
樹は岩ちゃんではないし、さやかもねぇ・・・。
向井理とガッキーってところでしょうか?

あ〜、私もこんなイケメン拾いたいな(爆)
posted by みづき at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

バクマン。

TDV26094D_L[1].jpg

東宝より¥4104で発売中

2015年度作品/日本

<監督・脚本>
大根仁

<原作>
大場つぐみ(「DEATH NOTE デスノート the Last name」など)
小畑健(「DEATH NOTE デスノート the Last name」など)

<出演>
佐藤健
神木隆之介
染谷将太
桐谷健太
新井浩文(「HERO」など)
皆川猿時
小松菜奈(「予告犯」
よーかいくん
今井隆文(「ロボジー」
五頭岳夫
小野敦子
稲村優奈
高橋綾沙
重廣レイカ
矢柴俊博
岡部たかし(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
中川晴樹
勝矢(「HERO」など)
岩瀬亮
中村無何有
神農直隆
ノゾエ征爾
本多力
三浦俊輔
宮藤官九郎
山田孝之
リリー・フランキー

<あらすじ>
「僕たち二人で漫画家になって、ジャンプで一番を目指そうぜ」
二人の高校生が抱いた、ジャンプ漫画への壮大な夢。
高い絵の才能を持つ、真城最高。巧みな物語を書く、高木秋人。
クラスメイトの亜豆美保への恋心をきっかけに二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。
編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。
だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。
そして突如現れ、遥か先を走り始めた、若き天才漫画家・新妻エイジ。
果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか!?

東宝HPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


映画公開時から気になっていた作品です。
原作は未読です。

「バクマン。」と打てば、自動変換されるのにまず驚かされました(笑)
そこまで有名な作品だったんですね。

そのそも漫画自体を読まないのですが、どのようにして作られていくのかが分かり、興味深かったです。
ちょうど、ドラマの「重版出来」も観ていたので、多少の説明不足もカバーできました。

集英社が完全協力しているので、ジャンプの歴史などが分かり、冒頭から引き込まれて行きました。
うまく行きすぎではあるけど、テンポもあって見やすかったです。

お仕事ムービーなのか青春ムービーなのか、どっち足らずで中途半端に終わってしまった気がします。

主人公たちの名前が現実感のないので、やはりそこは原作が漫画だからかなぁと。
キラキラネームだとどうしても感情移入できないんですよね。

それに、高校生漫画家なのに親が全く出てこない。
出てきたのは漫画家のおじさんだけ。

終始、漫画が原作って域を出なかったのが残念です。
posted by みづき at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

クレンジングリキッド

CIMG4542.JPG

<オルビス クレンジングリキッド 150ml ¥1440>



もう何度もリピート買いしています。

見た目はオイルの様ですが、「リキッド」なんです

オイルと違っていいのは、手元に出した時に指の隙間からこぼれないこと。
さらさらしていますが、オイルほど柔らかいテクスチャーではないので、しっかりと出した分だけ使えます。
ただし、その分肌に乗せたときは広がり方も弱いので、手でしっかりとなじませていかないといけません。

メイク馴染みもよく、アイメイクもこれだけで落ちます。
お風呂に入ってシャワーを出して水からお湯に変わる時間が私のメイク落としタイムなのですが(笑)、それでも十分に落ちてます。

濡れた手でも使えますし、何より安いのでガンガン使えるのが魅力です
posted by みづき at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

レディ・ジョーカー(下)

134718_l[1].jpg

新潮社より¥724で発売中

<あらすじ>
消エルコトニシタ……。レディ・ジョーカーからの手紙が新聞社に届く。しかし、平穏は訪れなかった。新たなターゲットへの攻撃が始まり、血色に染められた麦酒が再び出現する。苦悩に耐えかねた日之出ビール取締役、禁忌に触れた記者らが、我々の世界から姿を消してゆく。事件は、人びとの運命を様々な色彩に塗り替えた。激浪の果て、刑事・合田雄一郎と男たちが流れ着いた、最終地点。
新潮社HPより引用)


やっと完結編です。
長かった〜。

事件の経過からして、決してハッピーエンドで終わることはないと思っていましたが、こんな形で結末を迎えるとは、当事者の誰一人として予想していなかったでしょうね。
消化不良です。
あるのは達成感のみ。

誘拐事件をめぐる警察、それを追う新聞社と犯人という単なる構図ではなく、それと取り巻く社会全体にまで幅を広げた人間小説でしたね。

1番驚かされたのは、合田と加納の関係。
思わず読む手が止まりました。
そんな展開ありですか?

それにしても、この男臭い作品を女性が書き上げたことが素晴らしいですね。
posted by みづき at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

残穢【ざんえ】 −住んではいけない部屋−

BIBJ-2952[1].jpg

ハピネットより¥4536で発売中

2015年度作品/日本

<監督>
中村義洋(「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」、「みなさん、さようなら」など)

<原作>
小野不由美

<出演>
竹内結子
橋本愛
坂口健太郎(「予告犯」
滝藤賢一(「予告犯」など)
佐々木蔵之介
山下容莉枝(「白ゆき姫殺人事件」など)
成田凌
吉澤健
不破万作
上田耕一
松林慎司
橋本一郎
篠原ゆき子
松岡依都美
須田邦裕(「永遠の0(ゼロ)」「プリンセス トヨトミ」
稲川実代子
森山米次
渋谷謙人
芦川誠
水木薫(「みなさん、さようなら」、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
中林大樹
十貫寺梅軒(「恋するマドリ」
滝本ゆに
中込佐知子(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
塚田美津代
藤田瞳子
菅野久夫
宮下今日子
金井良信
平野貴大
長野克弘(「予告犯」
杉山ひこひこ
小野花梨
笠木泉(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」

<あらすじ>
誰が、なぜ、事件を引き起こしたのか。
聞いてしまった奇妙な「音」は、連鎖する不可思議な事件への招待状だった――。

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。
「私」と久保さんは、作家の平岡芳明、心霊マニアの青年・三澤徹夫、そして「私」の夫・直人らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。
すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?
予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


原作は有名な小説。
読もうと思って積読本の中にありますが、まだ読めていません。

ホラーというよりはミステリーに近いのかも。
ホラーの定番と言えば、若い主人公が恐怖体験をして、「キャー」っという叫び声連発
なんていうイメージでしたが、これはちょっと違う。

主人公は落ち着いているし(笑)、怖い映像や音などで脅かそうとする演出はなく、淡々とお話しが進んでいくので見やすかったです。

主人公の元に寄せられたある女子大生の恐怖体験に興味を持ち調べていくというストーリーなのですが、途中まではどうなっていくんだろうと面白かったんです。
けど、その恐怖の連鎖を紐解いていくと、これが根深い(笑)

何時代まで遡っていくねんと突っ込みたくなるほど。

不幸な死=穢れという構図が受け入れられませんでした。
成仏させるわけでもなく、ただひっかきまわしっただけ。

原作に期待します。
posted by みづき at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

レディ・ジョーカー(中)

134717_l[1].jpg

新潮社より¥853で発売中

<あらすじ>
城山は、五十六時間ぶりに解放された。だが、その眼は鉛色に沈んだままだ。レディ・ジョーカーを名乗る犯行グループが三百五十万キロリットルのビールを“人質”に取っているのだ。裏取引を懸念する捜査一課長に送り込まれた合田は、城山社長に影のごとく付き従う。事件が加速してゆく中、ふたりの新聞記者は二匹の猟犬と化して苦い臭跡を追う。――カオスに渦巻く男たちの思念。
新潮社HPより引用)


なんとか中巻も読み終えました。
やはりペースが悪くなりますね。

中巻では、ついに犯人たちが動き出します。
ですが、終始視点は警察と企業側ばかりで、上巻とは打って変わって犯人側の行動や心理は全く描かれていません。

相変わらず男臭いです。
というか、出てくる人物の9割は男性ですけど。

そもそも、人種差別を発端に20億を支払うものなのかが疑問です。
そこまで大企業を揺らがすような大問題なんでしょうか?
当然、人種差別はあってはならないし、それを発端に2人の人が亡くなっていて、企業の対応に誤りがあったことは確かですが、警察まで裏切って裏取引するようなことには思えなくなりました。

城山の社長としての能力の高さは認めますし、仕事人としての好感は持てるのですが、どうも城山のエゴが招いた事件という印象がぬぐえないです。

小さな火種でも、対処方を誤ると取り返しのつかないことになるんだなぁと思わずにはいられません。

事件が動き出したことで、スピード感は出てきました。
警察の動き、それを追う新聞社、読めない犯人の動き。

警察も犯人の目星がついているようで、それが最終巻でどんな結末を迎えるのか楽しみです。
posted by みづき at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

PANDEMIC パンデミック

jacket_photo-w360-h360[1].jpg

原題:PANDEMIC

2015年度作品/アメリカ

TCエンタテインメントより¥4104で発売中

<出演>
レイチェル・ニコルズ
アルフィー・アレン
ポール・ギルフォイル
パット・ヒーリー
ダニエル・ローズ・ラッセル
ミッシー・パイル(「アーティスト」)
メキー・ファイファー(「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」

<あらすじ>
原因不明のウィルスが蔓延するアメリカ。感染者の症状は5段階に分かれ、レベル1は治る可能性があるが、レベル5にまで達すると暴徒化し、治す余地なしと診断されていた。CDC(疾病)センターのドクター、ローレンは、崩壊したニューヨークから未感染者を助けるべくロサンゼルスの救助チームへ派遣される。目的は感染の疑いが無い人間を探し検査すること。検査結果が赤なら保護、黒なら放置。

ローレンを含む314チームは防護服に身を包み、暴徒と化した感染者を倒しながら、未感染者の救出へと向うが――。
 
TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


パニック系です。
が、後半から意味合いが変わってきます。

そもそもなぜこういう事態になったかの説明が一切なく、いきなり未感染者の救出任務にあたるところから始まります。

レベルの説明はあっても、どうやって対処すべきなのかや弱点などが分からず、無駄に戦ってるように見えます。

そもそも救出する意味があるのかも不明。
センターを出るまでにもゾンビに襲われ、目的地にも未感染者はいないし。

そして、主人公に感情移入できない。
半分は演出の問題もあり、これ以上はネタバレにもなるので詳しくは伏せておきますが、好きになれなかったです。

ラストは、ちょっとだけスカっとしました。
因果応報。
って、かなり性格悪いですね、私。
posted by みづき at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする