2008年10月29日

チーム・バチスタの栄光

a263357a825f37993de0522e50ec0709[1].jpg

TCエンタテインメントより¥4935で発売中

2008年度作品/日本

<監督>
中村義洋(「アヒルと鴨のコインロッカー」

<原作>
海堂尊

<出演>
竹内結子
阿部寛(「自虐の詩」
吉川晃司(「レディ・ジョーカー」)
池内博之
玉山鉄二
井川遥
田口浩正
田中直樹
佐野史郎
上田耕一(「憑神(つきがみ)」
ベンガル
山口良一
上月左知子
並樹史朗
野波麻帆
森下能幸
山中崇
小林聡
橋本亜紀
恩田括(「アヒルと鴨のコインロッカー」
久保田智子
七咲友梨
根本美緒
平泉成
野際陽子
國村隼

<あらすじ>
東城大学付属病院では、一般的に成功率60%といわれる心臓手術"バチスタ手術"の専門集団「チーム・バチスタ」を結成、奇跡的に26連勝という手術成功記録を延ばしていた。
しかし突如、三例続けて術中死が発生。事故なのか?殺人なのか?病院長は内部調査の為、心療内科医師の田口に、厄介な役目を押し付ける。外科は全くの素人である田口は、渋々にわか探偵を引き受けるが、当然上手くいかない。
「問題はありません、これは単純な事故です」と締め括ろうとした田口に「あなたの報告書、感心しました。こんなに騙されやすい人がいるとは!」と一刀両断する男が現れた。
厚生労働省の破天荒なキレモノ役人・白鳥が現れた・・・・・・。

TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


原作は読みました本
原作と違って、映画化されるにあたり、主人公の田口先生が男性から女性に変わってしまいましたが・・・。

それ以外は、まぁ原作通りの内容でしたるんるん

確か読んだ直後に映画化のキャストが発表されて、田口先生が男だって知り、つまんなさそうな印象をもったのですが、意外に女性でもしっくりきてました(笑)

阿倍ちゃん演じる白鳥調査官もハマってたと思いますひらめき

今はドラマ化されてますが、まったく見てないですあせあせ(飛び散る汗)
おんなじストーリーじゃだめってことで、ラストは原作にないストーリーだそうですが。

あんな密室でそうそう人が殺せるようなシチュエーションやトリックがいくつもあっては困るのですがたらーっ(汗)





posted by みづき at 23:55| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

ゲット スマート

20080714003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:GET SMART

2008年度作品/アメリカ

<監督>
ピーター・シーガル(「50回目のファースト・キス」)

<製作総指揮>
ブルース・バーマン
スティーヴ・カレル
デイナ・ゴールドバーグ
ジミー・ミラー
ブレント・オコナー
ピーター・シーガル(「50回目のファースト・キス」)

<出演>
スティーヴ・カレル
アン・ハサウェイ(「プラダを着た悪魔」など)
アラン・アーキン
ドウェイン・ジョンソン
テレンス・スタンプ
ケン・ダヴィティアン
マシ・オカ
ネイト・トレンス
テリー・クルーズ
ジェームズ・カーン
デヴィッド・ケックナー
ダリープ・シン
ビル・マーレイ(「ガーフィールド2」「ブロークン・フラワーズ」など)
デヴィッド・S・リー
ジェフリー・ピアソン
ケリー・カーバッツ
パトリック・ウォーバートン
ボニー・ヘルマン
ラリー・ミラー
ケヴィン・ニーロン
ブレイク・クラーク(「50回目のファースト・キス」)
ティム・ディケイ
マシュー・グレイヴ
スティーヴン・ダンハム(「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」
カリー・ターナー

<あらすじ>
アメリカのスパイ機関に勤める分析官のスマート。
自らもエージェントを志願するも、分析官として優秀すぎるため、昇格できずにいた。
そんなある日、スパイ機関の中枢が何者かに襲撃され、スパイの身元がばれてしまう。
そこで、スマートがついにエージェントとしてデビューを果たすことになるのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


現在公開中です。
時間が合う作品で選んだので、中身をよく知らないまま見ました。

文系スパイみたいな謳い文句だったので、小難しいお話かと思いきや、まさかのおバカ丸出しでした(笑)

まぁ、スパイ映画というよりコメディなのでお話にはあまり期待しないほうがいいですねあせあせ(飛び散る汗)

中身なんてあってないようなものだし。
展開も速くて、いまいち中身も覚えてません(笑)
posted by みづき at 17:12| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

チャスティ

CIMG2123.JPG

<シャンティ チャスティ マスカラコーム メタル ピンク ¥735>



金属製のマスカラコームでするんるん

折りたためるので安全です。
鋭い歯も気になりません手(パー)

ただ、すぐに汚れてしまうのでお手入れが必要です。

あまりダマダマになることがないので出番も少なかったのですが、ついにどこかへやってしまいました(汗)
posted by みづき at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ef−de

CIMG2121.JPG

<ef-de ¥14700>



スカートを買いましたカバン

丈も膝上なので、ちょうどいいんでするんるん

ベージュに黒のラインがとってもかわいいです黒ハート
シンプルなので、どんなトップスとも合わせやすくて着まわしまくってます。
posted by みづき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

ハイパーマスカラEX(ボリューム)

CIMG2122.JPG

<エテュセ ハイパーマスカラEX(ボリューム) ¥1890>



ボリュームと名付けるだけあってのことなんだろうなぁと、かなりの上から目線で試してみました。

しかしながら毎度のこと、私の軟弱なまつげたちにはボリュームとは無縁みたいで(泣)
つけても、いたって普通。
ボリュームはどこへ行ったのでしょう?

まぁ、きれいにまつげに絡んでくれたのはいいところかな?
ダマダマにもなりませんでした。
posted by みづき at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ボリューム エクスプレス ターボ ブースト N

CIMG2117.JPG

<メイベリン ニューヨーク ボリューム エクスプレス ターボ ブースト N 01 ジェット ブラック ¥1260>



ごっつい名前のマスカラなので、その効果に期待大黒ハート

・・・なのに、名前負けだなんてあせあせ(飛び散る汗)

不器用の私には、このブラシが塗りにくかったです。
そのせいだと思うのですが、ボリュームは出ませんでしたバッド(下向き矢印)

むしろ、ナチュラルな仕上がりにあせあせ(飛び散る汗)
posted by みづき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

ブルジョワ

CIMG2115.JPG

<ブルジョワ ルガール パイエッテ 31 ノアール エブルイサン ¥1050>



ペンシルアイライナーですペン
色はブラック。
に、シルバーのラメが入ってますぴかぴか(新しい)

芯は柔らかめで書きやすいです。

ラメも適度につくので、ちょうどいいでするんるん
ラメラメしすぎることなく、いいアクセントになります。

発色もいいのですが、ラメは最後まで持たないですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by みづき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

モーニング

4-408-53526-5[1].jpg

実業之日本社より¥1680で発売中

<あらすじ>
大学時代の親友である河東真吾の訃報に接した私。葬儀のため福岡に集まったのは、同じ大学でバンドを組み、四年間一つ屋根の下で共同生活を送った淳平、ヒトシ、ワリョウ。葬儀を終え、それぞれの家へ、仕事へ戻ろうとしたとき、今は俳優となった淳平が言った。「この車で一人で帰って、自殺する」。何故? しかもこんなタイミングで? 思いとどまらせるために、私たちは明日の仕事を放り投げ、レンタカーで一緒に東京まで向かう決意をする。「自殺の理由を思い出してくれたら、やめる」。淳平のその言葉に、二十数年前のあの日々へと遡行するロングドライブが始まった。それは同時に、懐しい思い出話だけでは終わらない、鍵をかけ心の奥底に沈めた出来事をも浮上させることになっていくが……。中年世代の青春小説。
実業之日本社HPより引用)


うーん・・・。
最後のカミングアウト的なことはいらなかったかも。
ただ、単に仲良しの5人で終わってほしかった。

まさかの展開でびっくりでした。

それ以外、特に大学時代の5人の共同生活のシーンは、頭に思い描けるほどリアルに伝わってきました。

私も大学時代、ルームメイトと共同生活をしていたので、その頃の思い出がよみがえってくるようでした。
あの頃はよかったなぁなんて(笑)

大人になっても固い絆に結ばれた5人がうらやましくも思えました。
posted by みづき at 14:09| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

みんな誰かを殺したい

200403000142[1].jpg

角川書店より¥1575で発売中

第24回横溝正史ミステリ大賞優秀賞・テレビ東京賞受賞

<あらすじ>
横溝正史賞選考委員絶賛!本格ミステリ界に大注目新人作家の登場。

峠で殺された小太りの中年男。そして、その殺人事件を目撃した男。緻密なプロットが交錯し、物語の糸は思いも寄らぬ方向に収斂していく−−。新人離れした完成度の超本格ミステリ。

角川書店HPより引用)


テレビドラマ化もされた作品です。

単なる交換殺人かと思いきや、あっさり終わるかと思っていた事件が複雑に絡んでいきます。

見事な読ませ方だったと思います。
描かれている時間が前後するので、頭の中を整理するのが大変でしたけど。
でもその技法のおかげでより引き込まれましたけど。

タイトルもキーワードだったんですね。
posted by みづき at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

魍魎の匣

GNBD-1488_S[1].jpg

ジェネオン エンタテインメントより¥3990で発売中

2007年度作品/日本

<監督・脚本>
原田眞人(「ラスト サムライ」)

<原作>
京極夏彦(「姑獲鳥の夏」「妖怪大戦争」

<出演>
堤真一(「地下鉄(メトロ)に乗って」「姑獲鳥の夏」「ALWAYS 三丁目の夕日」など)
阿部寛(「自虐の詩」、「HERO」)
椎名桔平(「さくらん」
宮迫博之(「姑獲鳥の夏」「妖怪大戦争」など)
田中麗奈(「ゲゲゲの鬼太郎」など)
黒木瞳(「東京タワー」
マギー(「嫌われ松子の一生」「タイヨウのうた」など)
堀部圭亮(「姑獲鳥の夏」など)
荒川良々(「アキハバラ@DEEP」「嫌われ松子の一生」など)
笹野高史
大森博史
大沢樹生
右近健一
寺島咲
谷村美月
清水美砂(「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」「姑獲鳥の夏」
篠原涼子(「姑獲鳥の夏」「THE 有頂天ホテル」など)
宮藤官九郎(「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」「嫌われ松子の一生」など)
柄本明(「嫌われ松子の一生」など)

<あらすじ>
昭和27年、東京。美少女連続殺人事件が世間を騒がせていた。引退した元女優・陽子の娘も姿を消し、探偵・榎木津はその行方を追っていた。一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。さらに、巨大なハコ型建物の謎を追う刑事・木場も登場。そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。3つの事件に関わるハコに隠された恐るべき謎を、果たして京極堂は解き明かせるのか!?
ジェネオン エンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


京極堂シリーズ映画化第2弾ぴかぴか(新しい)
相変わらず原作は未読です。

「姑獲鳥の夏」も後になって読もうかなぁという気がわいてきたので、確か買っておいたはずあせあせ(飛び散る汗)
本棚で眠っているかと。

600ページの原作を読もうと思うには、かなりの精神力が必要なわけで、読む気になるまで時間かかりましたねたらーっ(汗)

いや、読み始めてからのほうはもっと大変だけどわーい(嬉しい顔)

相変わらずな京極ワールド炸裂で・・・。
お手上げです手(パー)

「姑獲鳥の夏」よりかはおもしろかったかな?
正確には「わかった」かな。

小難しい話を2時間強も延々とされると疲れてきますが、ユーモアも含まれてて楽しめましたよ。

関口君は永瀬さんのほうが好きです揺れるハート
なんか、前作とキャラも変わってしまった気がして・・・。
あんなにおっちょこちょいでしたっけ?

楽しかったとは言うものの、本当は半分ほどしか理解できてないかもふらふら
やっぱり原作を読むしかないのね。

その気になったら買いますexclamation
posted by みづき at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする