2009年01月30日

カラーステイ トゥエルブアワー シャドウ クワッド

CIMG2147.JPG

<レブロン カラーステイ トゥエルブアワー シャドウ クワッド 05 BLUSHED WINES ¥1575>



商品名に12時間も長持ちすると謳っているアイシャドーですわーい(嬉しい顔)

ワインと名前にある通り、こちらはボルドーカラーのパレットですぴかぴか(新しい)

このシャドーの色自体、あまり明るめのパレットはないです。

上から、ホワイトベージュ、パールピンク、ブラウンピンク、ボルドーといった感じの色です。

ハイライトカラーもしっかり入っているので、これだけで豪華な目元が作れます。
しかも落ち着いた大人の目元にぴかぴか(新しい)

肝心の持ちも、きちんと12時間は持ってくれてましたよ。

久しぶりに鏡見て、ヨレてない自分の姿をみて感激しました(笑)
お直し要らずですexclamation
posted by みづき at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

シャドーカスタマイズ2

CIMG2143.JPG

<資生堂フィティット マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ BR784 フォクシー ¥525>



単色アイシャドーです目

明るめのブラウンです。

すでに廃番になってますが、ホワイトも持ってます。
で、その記事の時にも書いたのですが、改めて言いますと、粉質が柔らかいのが、ちょっと難点あせあせ(飛び散る汗)
たいして使ってないのですが、すでにちょっとえぐれてます。

これは持ち歩きには不向きかとたらーっ(汗)

でも、肝心の使用感はまずまずです。
1日中つけてても、ヨレませんでした。

改良されたのかなexclamation&question

これの単色使いだとちょっと味気ないのですが、もう少し濃いブラウンとのグラデーションで使うといいかも知れません。
posted by みづき at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

クリーム シェイパー フォー アイ

CIMG2139.JPG

<ELGC クリニーク クリーム シェイパー フォー アイ 101 ブラック ダイアモンド ¥2100>



アイライナーでするんるん

クリームと名前に入ってる通り、クレヨンともちょっと違う感じるんるん

商品説明に、クリーミーなテクスチャーとリッチな発色のペンシルタイプのアイライナー。瞬時に美しいラインが完成。にじまず、濃くも薄くも、思いのままに。アイ シャドウもきれいになじみます。とあるのですが、そのまんまexclamation

まぶたにのせた瞬間にきれいにラインが描けます。
しかも好発色ぴかぴか(新しい)
1度引いただけで十分です。

このブラックは、シルバーのラメ入りで、これだけでもゴージャス感あります。

このアイラインを入れるのと入れないのでは、確実に目の大きさが異なってきますexclamation

お勧めの1本です。
posted by みづき at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

流星の絆

214590-1[1].gif

講談社より¥1785で発売中

<あらすじ>
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾

息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰

第43回新風賞受賞

講談社HPより引用)


前クールでドラマ化されていましたTV
毎回ではないですが、一応見ていました。

ドラマのほうは、クドカンワールドが入っていて、コミカルなシーンも多く、いまいちなじめませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

私には原作の終始緊張感の漂うシリアスな雰囲気が好きですぴかぴか(新しい)

ドラマと原作では設定が違うこともいくつかありました。

ドラマを先に見てしまったので、犯人もわかった上で読みました。
ドラマでの衝撃は大きかったですが。

最近の東野作品の中では、「容疑者Xの献身」以来、おもしろいと思えましたるんるん

気になる展開に事件の真相。
息をつく暇もないほどです目

静奈の恋愛も描かれていますが、「夜明けの街で」のような、だらだらしたどっちつかずな要素ではないので、うまく事件と絡んでいます。

本2009年本屋大賞本にもノミネートされていまするんるん

ぜひ重厚な内容を本でも味わってみてください。
ドラマを見てた方でも、楽しめます。





posted by みづき at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ぺネロピ

405[1].jpg

ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントより¥3990で発売中

2006年度作品/アメリカ・イギリス

<出演>
クリスティナ・リッチ
ジェームズ・マカヴォイ
キャサリン・オハラ
ピーター・ディンクレイジ
リチャード・E・グラント
サイモン・ウッズ(「プライドと偏見」
ロニ・アンコーナ
レニー・ヘンリー
リース・ウィザースプーン(「恋人はゴースト」、「キューティ・ブロンド/ハッピーMAX」など)

<あらすじ>
先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもって生まれたペネロピ。呪いを解く方法はただ一つ。「ペネロピと同じ名家出身の“仲間”が、ペネロピに永遠の愛を誓うこと」。
屋敷の中だけで育てられ、完璧な花嫁教育を施されたペネロピは、集められた名家の子息との見合いを繰り返していた。彼女の顔を見たとたんに逃げ出す見合い相手たち。そんななか、マジックミラー越しの会話で、自然体のマックスに心惹かれていくペネロピ。彼女が姿を現わしても逃げ出さなかったマックスに、ペネロピは必死の思いで自分からプロポーズするが、結果は“1000回分の失恋”。ある晩、マフラーを巻いて鼻を隠したペネロピは、ついに一人で屋敷を飛び出した。初めて経験する外の世界で、自分の思い通りに生きようと決意したペネロピを待っていたものは―。

ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


珍しくサクっと見終えちゃいました。

ってか、クリスティナ・リッチって、あの「アダムス・ファミリー」でウェンズデーを演じてた女の子だったのね目どんっ(衝撃)
今初めて知って、こんなに大きくきれいになったのねと、一人感慨にふけっておりましたたらーっ(汗)

彼女が年をとった分、私も年をとったわけで、最近物忘れが激しくなってきていますが(汗)

そんな話は置いといて、こちらはディズニー作品らしく、おとぎ話のような映画ですハートたち(複数ハート)

斬新な設定ですが、要は個人のコンプレックスってこと。
それをどう隠そうとするかじゃなくて、どう付き合っていくかが大事なんですよね。

見ていてもかわいいし、心温まる素敵なお話だと思いますかわいい





posted by みづき at 01:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

夜明けの街で

200703000594[1].jpg

角川書店より¥1680で発売中

<あらすじ>
不倫するやつなんて馬鹿だと思っていた。しかし、僕は越えてはならない境界線を越えてしまう。しかも、その彼女にはある殺人事件の容疑がかかっていた。事件はまもなく時効を迎えようとしていた…。
角川書店HPより引用)


家にあったので読んでみました本

不倫がベースになりつつも、過去の事件の真相が明らかになっていきます。

どちらかというと不倫のほうに重きを置いてる感じ。
でも、どっちつかずな印象なので、あまり踏み込めてないです。
ミステリーというほどでもなく、愛憎劇というほどでもなく。

不倫なんて自分には縁のないことだと思っていた主人公が、ある日やってきた部下と不倫に堕ちていきます。

不倫はしたことないですけど、きっとこんな感じなんでしょうね。
気持ちの変化などはうまく描けていると思います。

ミステリーに関しては、あっけない幕切れでした。
ちょっと物足りなさが残りますあせあせ(飛び散る汗)




posted by みづき at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

陰日向に咲く

VPBT-13125l[1].jpg

バップより¥3675で発売中

2008年度作品/日本

<監督>
平川雄一朗(「そのときは彼によろしく」

<原作>
劇団ひとり(「どろろ」「嫌われ松子の一生」

<出演>
岡田准一(「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」
宮崎あおい
伊藤淳史(「西遊記」など)
平山あや
緒川たまき
本田博太郎
北見敏之
山本龍二(「恋空」
根岸季衣(「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
生田智子(「タッチ」
堀部圭亮
池内万作
戸田昌宏
近藤公園(「武士の一分(いちぶん)」
平岩紙(「クワイエットルームにようこそ」など)
諏訪雅
浜田学(「パッチギ! LOVE&PEACE」
増本庄一郎
岩田丸
木幡竜
松岡恵望子
鈴木アキノフ
菅谷大介
佐野夏芽
澤純子
西田敏行
塚本高史
三浦友和

<あらすじ>
東京、夏。
ギャンブルから抜け出せず、なかなか借金が返せないシンヤ。
母の初恋の人を探すべく、思い出の地をたどっている寿子。
崖っぷちアイドルのみゃーこを応援するゆうすけ。
サラリーマンのリュウタロウ。
それぞれ平凡な毎日を送っているはずだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


劇団ひとりのベストセラーの同名小説の映画化です。

こちらの原作は、珍しく読みました本
原作は連作短編集になっているので、それを1つのストーリーとして全員を交錯するようなお話にまとめ上げるのは、ちょっと大変そうあせあせ(飛び散る汗)

登場人物も多く、さまざまな人たちの人間模様が描かれています。

日の当らない人・・・。
私もその1人だし、毎日平凡な生活を送っています。

でも、みんなつながってるんだなぁって。
支えあって生きているんだなぁって思えました。

日の当たる、自分をもってしっかり生きているような人でも、太陽の光は陰を作ります。
誰にだって日向と日陰はあるんです。
太陽とどう向き合うかが大切なんでしょうねぴかぴか(新しい)








posted by みづき at 23:18| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

4ヶ月、3週と2日

GNBF-7469_S[1].jpg

原題:4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE/4 MONTHS, 3 WEEKS AND 2 DAYS/4 MOIS, 3 SEMAINES, 2 JOURS

ジェネオン エンタテインメントより¥4935で発売中

2007年度作品/ルーマニア

第60回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール受賞
第33回LA批評家協会賞 外国映画賞受賞
                  助演男優賞受賞(ヴラド・イヴァノフ)
第75回NY批評家協会賞 外国映画賞受賞


<監督・脚本>
クリスティアン・ムンジウ

<出演>
アナマリア・マリンカ
ローラ・ヴァシリウ
ヴラド・イヴァノフ
アレクサンドル・ポトチェアン
ルミニツァ・ゲオルジウ
アディ・カラウレアヌ

<あらすじ>
1987年のルーマニア。大学生オティリアは、同室のガビツァの違法な中絶手術を手伝うべく、二人で準備をしていた。
恋人から金を借り、ガビツァの代わりに、手術を頼んだモグリの医者を迎えにいくことに。やがて手術の代金がどうしても足りないことがわかったとき、オティリアは親友のためにある決断を下す。

ジェネオン エンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


日本が、河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」がカンヌで審査員特別グランプリを受賞に沸いた時の、パルム・ドールがこちらです。

これがパルム・ドール・・・と思うほど、淡々と描かれています。

手術当日のたった1日のお話です。

1シーンも長かったり、BGMの音楽もなく、ただ日常を映し出すドキュメンタリーのような構成。

実際、そのような独裁政権下では同じように望まない妊娠をしたがために違法中絶という選択肢しかない人も大勢いたんでしょうね。

わがままな当人のガビツァと、それを手助けするオティリア。

ガビツァのわがままぶりには腹立たしくもあり、そこまで親身になるオティリアが分からなかったりもしました。

オティリアが恋人のアディにガビツァの話をした時、自分たちが当事者になってしまったらどうするかという話をしていましたが、彼女自身、ガビツァに自分自身の姿を重ねていたのかもしれません。

当時を生きていた女性とそうやって命を奪われていった子供たちのことを思うと不憫でなりません。





posted by みづき at 15:11| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

イデアリスト ポア

CIMG2130.JPG

<エスティ ローダー イデアリロスト ポア 30ml ¥7350>



はてさて?
同じ空箱がクローゼットの中から出てきました。
しかも、50mlの方。

いつの間にexclamation&question

かすかに、買った記憶がよみがえってきました(笑)

そんなことよりも、こちらの美容液。

昔のイデアリストから使い続けています。

ポアということで、さらに毛穴に特化して改良されたもの。
まさに、私にもってこいじゃないですか。

毛穴ぐすみと角質ぐすみに効くんですって揺れるハート

つけた感じは、イデアリストと同様、つけた瞬間から肌がさらさらになります。

でも、イデアリストとは変わった感じが分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

私の頑固すぎる毛穴のせいでしょうか?
相変わらず堂々と存在しています。
posted by みづき at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

エスト

CIMG2126.JPG

<花王 エスト アクティベートサーキュレーター 170g ¥5250>



泡で出てくる洗い流さない美容液です。
ですが、普段の洗顔料として使用してます。

マッサージで血行促進させる目的のものですが、正直洗顔料として使うと、そんなことはどうでもよくなってきます(爆)
というか、すっかり忘れてますあせあせ(飛び散る汗)

泡で出てくるので、洗顔は楽チンでするんるん
泡もしっかりしていてもちもちです。

洗顔途中で泡がなくなっちゃうってこともありません手(パー)
洗い上がりもつっぱらずに潤いが感じられまするんるん

ただ、洗顔料として使うにはもうちょっと効果があるといいかな。
ってか、私が勝手に洗顔に使ってるのが悪いのかたらーっ(汗)
posted by みづき at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ホームレス中学生

1219204154980nD7[1].jpg

ワニブックスより¥1365で発売中

<あらすじ>
麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に!
中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリー。ダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、いつも遠くで見守ってくれていた母へ想いが詰まった、笑えて泣ける貧乏自叙伝。

ワニブックスHPより引用)


220万部以上を売り上げたこちら、ようやく読了です本

ゴーストライターも使わず、本人が書き上げたという貧乏記。
プロ顔負けの読みやすい文章で、あっという間に読めてしまいまするんるん

悲惨なはずの体験ですが、笑い話に変えてあるので、重いお話にはなっていません手(パー)
でも、泣けたりもしますもうやだ〜(悲しい顔)

これが実体験というのだからすごいexclamation

きっと、突然解散宣言をされて、住むところも失ってしまったら、父親を恨みそうなものですが、グレずにまっすぐに育っていく田村三兄弟。

純粋無垢で、一途なお母さんへの想い。
そんな姿を見て、周囲の人は助けずにはいられなかったんでしょうね。

お母さんもきっと素敵な方だったんだなぁと想像できます。
その人柄が受け継がれてるんでしょうね揺れるハート





posted by みづき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

吉原手引草

101352b[1].jpg

幻冬舎より¥1680で発売中

第137回直木賞受賞

<あらすじ>
なぜ、吉原一の花魁葛城は、忽然と姿を消したのか? 遣手、幇間、女衒ーー人々の口から語られる廓の表と裏。やがて隠されていた真実が少しずつ明らかになっていく……。吉原を鮮やかに浮かび上がらせた、時代小説のあらたな傑作!
幻冬舎HPより引用)


なかなか歴史ものは手を出さないのですが、これはおもしろかったでするんるん

ただ吉原のことや花魁知識があまりないと、その面白さは伝わりにくいのかもしれません。

と、たいそうなことを言った私自身は、以前見た「さくらん」で手に入れた知識程度ですがあせあせ(飛び散る汗)

それでも花魁言葉や用語がたくさん出てきて、「この言葉なんだっけ?」と、前のページまで戻って調べたりして、慣れないうちはなかなか読み進められませんでした。

物語はある一人の男が失踪した葛城花魁の真相を探るため、関係者に事情を聞いて回るというお話。

各章に一人の人が登場してきます。
が、結局葛城花魁自身は語り手としては登場しませんexclamation

周囲の人の話の内容だけで、葛城花魁の人物像を想像しながら読み進めていくのも楽しいです。

冒頭から既に失踪しているので、それぞれの会話の中から少しづつ事件の概要を知っていき、最後にようやく全体像がわかります。

よくできたお話でぴかぴか(新しい)

花魁のこともよくわかりますし、奥深さが感じられました。

まだまだずっと読んでいたい、そんなお話でしたるんるん





posted by みづき at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

映画 クロサギ

cf299bef336f223d0426b59593de140b[1].jpg

TCエンタテインメントより¥3990で発売中

2007年度作品/日本

<出演>
山下智久
堀北真希
加藤浩次
市川由衣
大地真央(「日本沈没」
竹中直人(「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「ゲゲゲの鬼太郎」など)
飯島直子(「スマイル 聖夜の奇跡」
笑福亭鶴瓶
田山涼成
奥貫薫(「HERO」、「県庁の星」など)
岸部シロー
杉田かおる
石橋蓮司(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
峰岸徹
北村有起哉
西村清孝
哀川翔
山崎努

<あらすじ>
家族の仇である詐欺師の御木本を追う黒崎は、桂木の情報でレイコからの依頼を受けた。
新たなターゲット・石垣は、贈答詐欺でレイコから金を騙し取った詐欺師だ。調査をすすめる黒崎は、知能犯係の刑事・神志名や大企業のみを標的にする詐欺師・白石らもまた石垣を追っていることを知る。
実は、石垣は何者かと共謀して、かつて日本経済を揺るがした巨大詐欺を再び企んでいるのだった。
氷柱やゆかりの心配をよそに、陰謀に巻き込まれていく黒崎。そこに石垣の過去を知るという、さくらが現れた。さくらが語る衝撃の事実に、黒崎は…。

いま、運命を賭けた、最大の仕掛けが始まった。

TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


ドラマから映画化されました。
ドラマはほぼ見ていた気がします。

詐欺師は詐欺師でも、プロの詐欺師しか相手にしないクロサギ。

映画で完結するかと思いきや、2時間スペシャルのような内容でしたあせあせ(飛び散る汗)

ってか、大地真央の父親役が峰岸徹だった件について。
無理なくね??

と思ったり、相変わらず黒崎の変身ぶりがイケてるとは到底思えなかったりたらーっ(汗)
見破れそうなんですけど。

でも、ストーリーはやっぱり複雑になって、詐欺の手口も巧妙で面白くなってます。
そこくらいは楽しめまするんるん








posted by みづき at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

アメリカン・ギャングスター

GUSD-43343_S[1].jpg

原題:AMERICAN GANGSTER

ジェネオン エンタテインメントより¥3990で発売中

2007年度作品/アメリカ

<監督>
リドリー・スコット

<出演>
デンゼル・ワシントン (「クライシス・オブ・アメリカ」など)
ラッセル・クロウ(「マスター・アンド・コマンダー」)
キウェテル・イジョフォー
キューバ・グッディング・Jr
ジョシュ・ブローリン
テッド・レヴィン
アーマンド・アサンテ
ジョン・オーティス
ジョン・ホークス(「陽だまりのグラウンド」)
カーラ・グギーノ
RZA
ルビー・ディー
コモン
ライマリ・ナダル
ロジャー・グーンヴァー・スミス
マルコム・グッドウィン
ユル・ヴァスケス
リッチー・コスター
ワーナー・ミラー
アルバート・ジョーンズ
J・カイル・マンゼイ
ティップ・ハリス
ジョン・ポリト
ケイディー・ストリックランド (「THE JUON/呪怨」など)
ロジャー・バート(「ステップフォード・ワイフ」)
リック・ヤン(「トランスポーター」

<あらすじ>
1970年代のニューヨーク。
ハーレムを牛耳っていたボス亡きあと、運転手をしていたルーカスは独立し、自分の道を切り開く。
東南アジアから良質の麻薬を手にいれ、それを安価で売りさばき、巨万の富を得る。
麻薬王に上り詰めながらも、ルーカスは質素な生活を送り続け、警察の捜査網には引っかかることはなかったのだが・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


ギャング映画って、面白いと思える作品に出会ったことがないなぁ・・・なんて、思っていましたが、これは違いました手(パー)

街中でバンバン撃ち合いするようなのではなく、スマートなギャングです。

最初、デンゼル・ワシントンがギャングで、ラッセル・クロウが刑事役だと知った時は、「逆でしょ?」と思わずにはいれませんでしたが、デンゼル・ワシントンのギャングもハマり役でした。

まぁ、何がすごいって、これは実話を基にしているってことexclamation

「どうなってたんだい、ニューヨークexclamation」と思うほど、悪が蔓延していますが。

157分と長めなんですが、どれも必要なストーリー展開。
無駄がないexclamation

あくまでも内容勝負です。
中身の詰まったお話です。
面白い。








posted by みづき at 00:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

クワイエットルームにようこそ

ACBD-10560[1].jpg

角川エンタテインメントより¥4935で発売中

2007年度作品/日本

<監督・原作・脚本>
松尾スズキ(「自虐の詩」など)

<出演>
内田有紀
宮藤官九郎(「魍魎の匣」「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」「嫌われ松子の一生」など)
蒼井優
りょう
中村優子
高橋真唯
馬渕英俚可
筒井真理子
宍戸美和公
平岩紙(「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」
塚本晋也
平田満
徳井優
峯村リエ(「69 sixty nine」)
武沢宏
伊勢志摩(「笑の大学」
箕輪はるか
近藤春菜
庵野秀明(「さくらん」「日本沈没」など)
河井克夫
俵万智
しりあがり寿
川勝正幸
しまおまほ
妻夫木聡(「憑神(つきがみ)」「どろろ」「涙そうそう」など)
大竹しのぶ

<あらすじ>
仕事も恋愛もうまくいかない28歳のライター佐倉明日香。ある日目が醒めると、なんと白い部屋の中に拘束されていた。そこは閉鎖病棟の中にある、通称「クワイエットルーム」。一緒にいるのは「食べたくても食べられない」ミキや元AV女優で過食症の西野など、個性的過ぎる患者たちと、冷酷ナースの江口。そこではあり得ないことばかりが起こり、毎日がサバイバル状態!明日香はどうしてこんなところにいるのか?そして無事に「日常」に戻ることができるのか?!
角川エンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


珍しく一気に見たんですが、私には合わなかったですあせあせ(飛び散る汗)
評価が高いだけに残念ですバッド(下向き矢印)

精神科病棟を描いた作品。
心に病を抱えた人たちがたくさん出てきますが、そこまで暗〜いお話ではありません。

原作も読んでないですが、松尾スズキさんが手がけられたので、もう少しユーモアも含まれて描かれてるかと思ってましたが・・・。

同じ精神科をテーマにしたのなら、だいぶ前に見た「17歳のカルテ」のほうがおもしろかったと印象に残っています。





posted by みづき at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

魔球

184931-1[1].gif

講談社より¥580で発売中

<あらすじ>
9回裏2死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた!すべてはこの1球に込められていた……捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。
講談社HPより引用)


326ページと読みやすい量です本

1988年に出版された初期の東野作品です。

青春の代名詞・高校野球と殺人事件を一緒にしちゃってますあせあせ(飛び散る汗)
ちょっとかけ離れすぎてるというか、現実離れな印象があります。

タイトルが「魔球」なだけに、終始キーワードになるのかと思いきや、そうでもないし。

大人過ぎる主人公も好きにはなれなかったですバッド(下向き矢印)





posted by みづき at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン

TSDD-47588[1].jpg

原題:ALPHA DOG

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより¥3990で発売中

2006年度作品/アメリカ

<出演>
エミール・ハーシュ
ジャスティン・ティンバーレイク
アントン・イェルチン
ベン・フォスター
ショーン・ハトシー(「ジョンQ −最後の決断−」)
クリス・マークエット
マシュー・バリー
ヴィンセント・カーシーザー
オリヴィア・ワイルド
ヘザー・ウォールクィスト(「きみに読む物語」、「ジョンQ −最後の決断−」)
ドミニク・スウェイン
アマンダ・セイフライド(「ミーン・ガールズ」)
シャロン・ストーン(「ブロークン・フラワーズ」
ブルース・ウィリス
アレックス・ソロヴィッツ
ハリー・ディーン・スタントン
デヴィッド・ソーントン(「きみに読む物語」)
ポール・ヨハンセン(「ジョンQ −最後の決断−」)
アレックス・キングストン
ジャネット・ジョーンズ
アラン・チック
ルーカス・ハース
ホルト・マッキャラニー(「バンテージ・ポイント」

<あらすじ>
1999年カリフォルニア州。
麻薬密売をしていたジョニーは、ジェイクと仲間割れをしてしまう。
腹を立てたジョニーは、ジェイクをあわてさそうと、偶然通りかかったジェイクの弟を誘拐する。
それが思いもがけない事件へと発展していくのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


史上最年少のFBI最重要指名犯の実話を元に描かれた作品です。

終わってみれば重〜いお話でいろんな事が起こりすぎたなぁと思うのですが、たった3日間の出来事なんです。

2006年にアメリカで公開された作品ですが、日本でのDVDのリリースは2008年の6月。

豪華キャストの割には、日本での劇場未公開作になってます。


内容は実話をもとにしてるだけあって、リアルなアメリカの現代社会を描いています。

レビューや評価はあんまりですけど、楽しむような作品でもないので、なんともコメントしづらいところあせあせ(飛び散る汗)

救いようのないバカで未熟な若者が事の大きさも分からずにやらかしちゃったって感じ。

衝撃度は大きかったです爆弾
posted by みづき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

スマイル 聖夜の奇跡

intgzomeisxx_200800000147_001[1].jpg

ポニーキャニオンより¥3990で発売中

2007年度作品/日本

<監督&原作>
陣内孝則

<脚本>
陣内孝則
金子茂樹

<出演>
森山未來(「世界の中心で、愛をさけぶ」)
加藤ローサ
田中好子
高樹沙耶
森公美子
松重豊(「クローズZERO」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
モロ師岡(「同じ月を見ている」など)
RIKIYA(「タッチ」
佐藤二朗
原田夏希
綿貫智基
立花裕大
岡本杏理
谷啓(「ゲゲゲの鬼太郎」
坂口憲二
塚本高史(「そのときは彼によろしく」「夜の上海」など)
玉木宏(「ただ、君を愛してる」
飯島直子
原沙知絵
佐藤浩市(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」など)
寺島進(「パッチギ! LOVE&PEACE」など)

<あらすじ>
フィギュアのコーチの恋人を追いかけて北海道へやってきた元タップダンサー。
ひょんなことから全戦全敗のアイスホッケーチーム・スマイラーズの監督に就任することに。
素人監督の下、少年たちがアイスホッケーの楽しさに目覚め、クリスマスの大会に向け猛特訓を続ける中、仲間のフィギュアの少女が病に侵されてしまう・・・。
「オマエの病気なんて、俺達が勝つより簡単だろ!!弱気なこと言ってんじゃねぇよ!!」
素人監督と弱小スマイラーズは、少女に病気と戦う勇気を与えるために、初めての勝利を誓うのだが・・・。

奇跡を信じる少女のためにド素人監督と弱小スマイラーズが、いま立ち上がる!!

ポニーキャニオンHPより引用)


<おすすめ度>
★★★★☆


俳優の映画監督作品なんて、どうせ道楽か趣味程度のものでしょ・・・と思って見たら、意外に面白い目

本人は全く出演してないし、それだけ裏方業に専念したってことなんでしょうか?
そのほうが個人的には好感持てていいんですけどるんるん

内容はベタベタなんだけど、きちんと笑いどころと泣きどころのツボはおさえてあります。

こどもたちもは演技初挑戦みたいですけど、そんな初々しさも感じさせません手(パー)

見終わった後は、さわやかな感動に包まれますぴかぴか(新しい)





posted by みづき at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

なめらか本舗

CIMG2125.JPG

<サナ なめらか本舗 しっとり化粧水 200ml ¥945>
<          乳液 150ml ¥945>
<          UV化粧下地 40g ¥945>


話題のイソフラボーン爆弾含有とのこと。

珍しくラインで揃えてみましたるんるん

化粧水は、しっとり系をチョイスしたのですが、さっぱり系かと思うくらい潤いが感じられませんあせあせ(飛び散る汗)

でも、すごいのは肌への浸透力exclamation
あっという間に吸い込まれていっちゃいます。

ただ、逆に乳液は浸透力が遅いバッド(下向き矢印)

しかもベタベタ感があります。

ちょっと同じラインなのに化粧水と乳液のバランス悪くないですか?

化粧下地は、SPFも入ってます。
白いテクスチャーですが、伸びはいいです。

塗った後は肌がしっとりしまするんるん
白浮きもしないですし、値段の割にはいい感じですぴかぴか(新しい)       
posted by みづき at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする