2009年08月24日

チェーン・ポイズン

215130-1[1].gif

講談社より¥1680で発売中

<あらすじ>
あと1年。死ぬ日を待ち続ける。それだけが私の希望――。
かりそめに生きることは、もうできない。選んだのは「死」。不思議な自殺の連鎖を調べる記者。そこに至るただひとつの繋がり。
「生」の意味を現代に投げかける、文句なしの最高傑作!
講談社創業100周年記念出版「書き下ろし100冊」第1弾!

誰にも求められず、愛されず、歯車以下の会社での日々。簡単に想像できる定年までの生活は、絶望的な未来そのものだった。死への憧れを募らせる孤独な女性にかけられた、謎の人物からのささやき。
「本当に死ぬ気なら、1年待ちませんか?1年頑張ったご褒美を差し上げます」
それは決して悪い取引ではないように思われた――。
新境地を開いた驚愕のミステリー

講談社HPより引用)


何度も何度も注意深く読みました。
途中、読み返しながら。

結構時間かかりましたけど・・・。

なのに、だまされました(笑)←単純たらーっ(汗)

そのパターンexclamation&questionみたいな。
少し前にも、同じやりくちで引っかかりましたけどたらーっ(汗)

進歩してないですね。

ミステリーですが、「生」と「死」がテーマです。
そして、ミステリーですが、読後感がとてもさわやかですぴかぴか(新しい)





posted by みづき at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

サヨナライツカ

441801501_l[1].jpg

世界文化社より¥1470で発売中

<あらすじ>
辻仁成が贈る究極の愛のメッセージ
MensEX誌上の連載小説「黄金の寝室」を加筆、訂正、推敲して一冊に。決して”愛している”と言わない2人。愛しあう男女の別れ。そして25年後の再会。その時2人は・・・。せつない男女の熱い想いに心震える名作。

世界文化社HPより引用)


奥様のミポリン主演で映画化もされることが決定してますぴかぴか(新しい)

大人の恋愛です揺れるハート
普段、あまり恋愛小説は読まないのですが、結構引き込まれました。
舞台が、1980年代のバンコクなので、非日常的ということもあるかもしれません。

『人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す』
作中に出てくる沓子のセリフです。

私の場合、まずは相手探しから(笑)

でも、とても印象的なセリフです。
2人が共に過ごした時間はわずかでも、一生忘れられない恋愛がそこにはありました。
全力で愛し合っていました。

そこまで深く愛し合えた2人がうらやましくもあります。








posted by みづき at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

アマルフィ 女神の報酬

20090511002fl00002viewrsz150x[1].jpg

2009年度作品/日本

<監督>
西谷弘(「県庁の星」

<原作>
真保裕一

<出演>
織田裕二(「県庁の星」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」など)
天海祐希(「ザ・マジックアワー」
戸田恵梨香
佐藤浩市
大塚寧々(「HERO」など)
伊藤淳史(「陰日向に咲く」など)
小野寺昭
平田満
佐野史郎
大森絢音
中井貴一(「ザ・マジックアワー」「どろろ」など)
サラ・ブライトマン
福山雅治

<あらすじ>
矢上紗江子は訪れたイタリアの地で娘を誘拐されてしまう。
犯人の指示通り、身代金を用意する紗江子。
はたして犯人の目的とは・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


あんなに番宣されたら、見に行くしかないでしょあせあせ(飛び散る汗)

オールイタリアロケということで、絵は美しいです。
これで、ますますイタリアに行きたくなりましたわーい(嬉しい顔)

内容としては、結構楽しめたかなと思います。
ただ、これを舞台を日本に置き換えてやると、つまんないかもあせあせ(飛び散る汗)

やっぱり、イタリアあってのことだと思うので、スケールに脚本が呑まれちゃってる感はあると思います。
posted by みづき at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

終業式

200303000226[1].jpg

角川書店より¥620で発売中

<あらすじ>
姫野カオルコ、青春小説の傑作!

きらめいていた高校時代。卒業してもなお、あの頃のことはいつも記憶の底に眠っていた――。同級生の男女4人が織りなす青春の日々。「あの頃」からの20年間を全編書簡で綴った波乱万丈の物語。

角川書店HPより引用)


やっと読みました。
結構、評価の高い作品です本

初の姫野作品・・・じゃなかったたらーっ(汗)
前に1冊、読んでたっけexclamation&question

それにしても、この本すごいんですexclamation

内容が、すべて登場人物たちが交わした手紙のやりとりから構成されていて、そこが、ちょっと敬遠していた部分でもありましたあせあせ(飛び散る汗)

本当に手紙ばっかりなのに、ストーリーがあるんですexclamation
中にはだせなかった手紙も。

ストーリーを想像しながら読み進めていくのも楽しかったりしまするんるん

読んでいて、高校時代が懐かしくなりましたかわいい

私も、高校時代の手紙はとってあります。
でも、私の場合、恋愛関係のお話はなく、ほぼくだらない話なんですけどね(笑)





posted by みづき at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

プリサイスボリューム マスカラ ウォータープルーフ

CIMG2320.JPG

<シュウ ウエムラ プリサイスボリューム マスカラ ウォータープルーフ 01 ブラック ¥3360>



シュウのマスカラは、大昔にマスカラベーシックを使ってたなぁと、ふと思い出しました。

懐かしいぴかぴか(新しい)
気に入って、毎日使ってましたるんるん

その名の通り、ベーシックな感じで、自然なまつ毛に仕上がりました。

その後継と言ってもいいんじゃないかと思うほど、同じくらい自然に仕上がるこちらのマスカラ。

シュウって、つけまつ毛はすごいんだけど、マスカラはナチュラルなイメージです。

見た目的には、まつ毛がコーティングされてるような感覚で、カール力もしっかりありました。

クレンジング料でもほぼ落ちるのに、メイク落とすまでは汚く崩れるということもなかったです。

先日、上司の前で大泣きしたら、見事にマスカラがはがれたので(爆)
最近は、ウォータープルーフって大事なんだなぁって思うようになりました。

それとも私が涙もろくなったのか?
posted by みづき at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

告白

ISBN978-4-575-23628-6[1].jpg

双葉社より¥1470で発売中

第29回小説推理新人賞受賞
本屋大賞2009受賞


<あらすじ>
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。
双葉社HPより引用)


話題の本、ついに読みました本
引き込まれること、間違いなしexclamation

第一章が秀逸ぴかぴか(新しい)
特にラストが忘れられません。
恐怖と衝撃で、なかなか次の章へ読み進められませんでした。

「告白」のタイトル通り、各章ごとに語り手が違います。
みんな同じ事件について語っていますが、それぞれの側面からとらえられていて、それもまた読み応えがあります。

決して、他人には理解されないそれぞれの心の中。

負の連鎖のようにお話は続いていきます。

ラストも、後味は決して良くありません手(パー)
なのに、とても心に残るお話です。





posted by みづき at 01:33| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ガラス張りの誘拐

200201000056[1].jpg

角川書店より¥540で発売中

<あらすじ>
犯人の目的は何なのか? 偉才が放つ驚天動地の誘拐ミステリ!

警察をてこずらせ、世間を恐怖に陥れた連続少女誘拐殺人事件。犯人と思われる男が自殺し事件は解決したかに見えた。しかし、事件は終わっていなかった。刑事の娘が誘拐されてしまった…! 驚天動地の誘拐ミステリ。

角川書店HPより引用)


連続しての歌野作品です本

初期の作品なので、今とは趣向が少し違っています。
「へぇ〜」と唸らされることはありますが、だまされた感はないです。

こんなにうまく誘拐が成立するものなのかなぁ?と疑問に思う点も・・・。

お話も途中で読めてくる部分もありました。

でも、これ20年近く前に書かれたものなのに、全然古臭さがありませんexclamation
今の時代ともマッチしていて、違和感なく読み進められましたるんるん





posted by みづき at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

葉桜の季節に君を想うということ

9784167733018[1].jpg

文藝春秋より¥660で発売中

第57回日本推理作家協会賞受賞
第4回本格ミステリ大賞受賞


<あらすじ>
究極の驚愕、ミステリーの奇蹟がここにある

素人探偵のもとに持ち込まれた霊感商法事件の意外な顛末、そして…。あなたは最後の一文まで、ただひたすら驚き続けることになる

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして──。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

文藝春秋HPより引用)


だまされたー(長音記号1)exclamation×2

なにかあると思ってて、注意深く読んでいてもだまされます。

そんなのあり〜exclamation&questionと思わずにはいられませんが、勝手な先入観で読み進めていた私が悪いのですたらーっ(汗)

480ページもあるし、途中のだらけてきた感もあるけど、最後にどんでん返しで一気に目が覚めました目

歌野作品にしては、ユーモラスもあって、笑えるところもありました。
虎ちゃんと妹の綾乃とのやり取りが好きです揺れるハート

ミステリー色は弱いけど、スカッとしますリゾート

いろいろなストーリーが織り込まれているので、それだけでも楽しめまするんるん








posted by みづき at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

対岸の彼女

9784167672058[1].jpg

文藝春秋より¥570で発売中

第132回直木賞受賞

<あらすじ>
専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが……。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。 解説・森 絵都
文藝春秋HPより引用)


単行本が出た時、読みたいと思いつつも機会に恵まれず、すっかり忘れていたら、いつの間にか文庫本になっていましたたらーっ(汗)

角田光代を読むようなお年頃になってしまいました。
昔は、もっと大人の女性が読んでわかるお話だと思っていたのであせあせ(飛び散る汗)

物語は、まったくタイプの違う女性2人の交流を中心に描かれています。
同じ女性なのに、考え方も生き方も違う。
理解しようとしても分からなくなる。

人との関わり方や距離感って、とても難しいことだと思います。
でも、恐れていては何も始まらないんですよね。
結局、1人では生きていけないんだしバッド(下向き矢印)

正直、期待してたほどじゃなったけど、なんだか背中を押された気分になりました。

もう少し大人になってから読み返してみようと思いまするんるん

その頃の私は、どちらの対岸にいるんでしょうか・・・。








posted by みづき at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

中庭の出来事

397107[2].jpg

新潮社より¥1785で発売中

第20回山本周五郎賞受賞

<あらすじ>
謎が謎を呼ぶ物語の輪舞。まず読者が解くべきは、小説内で何が起こっているのか?

瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたティー・パーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。自殺、それとも他殺? 犯人は誰? それとも、これもお芝居? 互いに交錯し、乱舞するスレ違う場面。本領発揮! 眩暈がするほど悩ましい、恩田ミステリ最新作。

新潮社HPより引用)


ん〜、分からんたらーっ(汗)
383ページある単行本を読み切ったのですが、分からないexclamation

このお話は現実なの?お芝居なの?
ここはどこ?私は誰?状態が常に続いていました。

演劇をテーマにしているお話なのですが、一体その章は現実世界のお話なのか、それとも舞台上での演出のお話なのかがさっぱり分からないのです。

私にとっては新しいジャンルの恩田作品でした本
こんなミステリー色が強いなんて・・・。

読み終わると分かるんじゃないかと思って読破しましたが、頭フル回転で疲れました・・・。

文庫本も出たので、そっちでゆっくり読みなおそうかなぁexclamation&question

読まれた方、解説プリーズ。








posted by みづき at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

茶々 天涯の貴妃(おんな)

td02822[1].jpg

東映ビデオより¥3990で発売中

2007年度作品/日本

<監督>
橋本一

<出演>
和央ようか
寺島しのぶ(「アキハバラ@DEEP」
富田靖子
谷村美月(「神様のパズル」「魍魎の匣」「リアル鬼ごっこ」
吉野公佳
メイサツキ
中林大樹
平岳大
近藤公園(「陰日向に咲く」「武士の一分(いちぶん)」
菅野莉央(「世界の中心で、愛をさけぶ」)
清水萌々子(「誰も知らない」)
山田夏海
沢木ルカ
唐渡亮
高島礼子
余貴美子
原田美枝子(「どろろ」など)
黄川田将也(「神様のパズル」「そのときは彼によろしく」
高橋長英
中丸新将
松重豊(「クローズZERO」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「スマイル 聖夜の奇跡」など)
中村獅童(「ゲゲゲの鬼太郎」など)
渡部篤郎
松方弘樹

<あらすじ>
戦国武将・織田信長の妹であるお市と武将・浅井長政の長女として生まれた茶々。
浅井長政が織田信長に攻め滅ぼされた後、母と二人の妹たちと織田家の重臣・柴田勝家の元に身を寄せた茶々だが、羽柴秀吉に攻められ、母は勝家とともに自害。
秀吉の囚われ人として暮らす三姉妹だったが、妹たちは嫁ぎ、残された茶々は昔から彼女のことを見初めていた秀吉の側室となる。
茶々にとって秀吉は両親を死に追いやった憎き仇で復讐の意を決していたが、無邪気なまでに自分のことを愛する彼の心情に触れ、その世継ぎを生むのだった。
やがて秀吉が死に、天下の趨勢は徳川家に有利となるが、茶々は世継ぎである秀頼と小督の娘・千姫を結婚させ、徳川との関係を深めることに成功する。
だが、それから10年後。
ついに兵を挙げた徳川の大軍は豊臣の牙城・大坂城を包囲するが、茶々と秀頼は徹底抗戦を挑むのであった…。

東映ビデオHPより引用)


<おすすめ度>
★★★☆☆


歴史超大作ですexclamation

公開時、たいして話題にもならなかったし、あまり期待してなかったのですが、意外に楽しめました。

歴史のことは詳しくないので、史実に基づいてないとか言われていますが、私には関係な〜い。
そんなの知らな〜い。

ただ、主演の和央ようかさんですが、宝塚出身とあって、終始その口調が抜けてないのが気になりましたあせあせ(飛び散る汗)

芯が強くて凛とした茶々はかっこよくはあったけど、物語は茶々の目線から描かれてるのだし、もう少し女性らしさが必要だったのではと思いますたらーっ(汗)








posted by みづき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

REC/レック

BIBF-7661[1].jpg

ハピネットより¥3990で発売中

2007年度作品/スペイン

<監督>
ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ

<脚本>
ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ
ルイス・A・ベルデホ

<出演>
マヌエラ・ベラスコ
フェラン・テラッサ
ホルヘ・ヤマン・セラーノ
カルロス・ラサルテ
パブロ・ロッソ
ダビ・ベルト
ビセンテ・ヒル
マーサ・カーボネル
カルロス・ビセンテ

<あらすじ>
2007年。スペイン、バルセロナ郊外。
ローカルTV局の若い女性レポーター、アンヘラはカメラマンと共に消防隊の密着取材をしていた。
深夜、老婆の叫び声を聞いたという通報を受けて現場アパートに急行すると、
そこにはこの世の者とは思えぬ老婆の姿があった…。
その後、突如、封鎖されるアパート。
その中で拡がり出す“ある病原菌”。
閉ざされた空間で、究極の恐怖に直面することとなった人々には、
隠れ、逃れ、必死に生き残ろうとする以外、術がなかった。
次第に露わになる謎、明らかになるほど増していく恐怖の出来事を
克明にカメラはとらえ続ける。
女性レポーターとカメラマンが最後の一瞬まで記録しようとしたもの。
それは、逃げ場のない、戦慄の事実。

ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


スペインで大ヒットを記録したホラームービーだそうで、ハリウッドでもリメイクされました。

まずは、原作をと思ってこちらから。

映像は全編にわたって、同行したTV局のカメラマンが撮影した映像の視点で映し出されます。

なので、臨場感が半端ない目exclamation
食い入るように見てしまいました。

突然起こった惨劇なので、誰も何もわからず、ただパニックに陥るだけの現場。

それにしても、あのアンヘラのジャーナリズム精神はすごいexclamation

とっとと逃げ道を模索すればいいものを・・・と思ってしまいます。


この手の作品によくあることで、ヒットのおかげで続編も作られちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

直後のお話ということなんですけど・・・。

1は謎が多くてスリリングな部分で受けたわけで、あのラストからどう展開されていくんでしょう・・・。
方向性がズレて、面白くない方向にはいかないでほしいですけどたらーっ(汗)








posted by みづき at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

人のセックスを笑うな

BIBJ-7636[1].jpg

ハピネットより¥4935で発売中

2007年度作品/日本

<監督>
井口奈己

<原作>
山崎ナオコーラ

<脚本>
本調有香
井口奈己

<出演>
永作博美
松山ケンイチ(「デトロイト・メタル・シティ」など)
蒼井優(「クワイエットルームにようこそ」など)
忍成修吾(「アキハバラ@DEEP」
市川実和子
藤田陽子
MariMari
あがた森魚
温水洋一(「ハンサム★スーツ」、「パッチギ! LOVE&PEACE」「ワルボロ」)
桂春團治
木下実香
佐藤ただすけ
饗場詩野
中谷竜(「ガチ☆ボーイ」)
井上千里
高瀬尚也
白珠イチゴ
ニューマリオネット

<あらすじ>
19歳の美術学校生のみるめ。
ある日、絵のモデルを20才年上の講師ユリに頼まれ、その自由奔放な魅力に、吸い込まれるように恋におちた。友人の堂本に問いただされ、みるめは彼女との仲をうれしそうに告白するが、いつもつるんでいる仲間のえんちゃんの顔は曇ったままだった。
初恋に有頂天のみるめだったが、実はユリは結婚していた――

ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


のんびりとした雰囲気が延々続きます。
悪く言えばだらだら・・・。

評価も分かれるところです。

タイトルと中身がいまいち結びつかず、単なるみるめの恋の苦悩しか描かれてなかった気がしますたらーっ(汗)

でも、そのだらだら感が好きだったりします揺れるハート
これだけは受け入れられました。

みるめのことが好きなえんちゃんや、そのえんちゃんが好きな堂本。
可愛かったですハートたち(複数ハート)





posted by みづき at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

オペラ

CIMG2318.JPG

<イミュ オペラ マイラッシュ 漆黒 ¥1260>



人気のマスカラぴかぴか(新しい)

プチプラなところもその理由の一つかもしれません。

ただ、値段に見合った内容の様な気がします・・・。

ブラシが小さめでちょっと塗りにくい・・・。
しかも、超ナチュラルかわいい

自然な仕上がりを求めてる人には合う商品かもしれません。
posted by みづき at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

エフェ ルミエール

CIMG2315.JPG

<ブルジョワ エフェ ルミエール 41 レ ブリュン キュイーヴル ¥2100>



茶色のグラデーションが作れる3色入りのパレット。

しっとりブラウンメイクの似合う大人な女性になりた〜いるんるんと思って、いつも憧れ半分で買うのです。

が、はいっexclamation
これも似合わな〜いパンチ

似合わなかったけど(←しつこい)、色持ちも良かったです。
特に左のベースの色。
ゴールドのパールとラメが入ってるけど、ずっとキラキラしてましたぴかぴか(新しい)

あ、でもケースは使いにくいexclamation
ふたを閉める時も、結構力いるしあせあせ(飛び散る汗)

2000円というお値段も、ちょっと高い気がします。

とか言いつつ、廃番の54番も持ってたりするや〜つ(笑)

CIMG2316.JPG


54番は、レ パステルという色味でするんるん

そのまんまの名前通り。

どの色もパールとラメがきついけど、こっちは発色はあまり良くないです。
ふんわり色がつく程度。

こっちもこっちで、あんま似合わないんだけどね(爆)
posted by みづき at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする