2010年04月27日

インスタント沼

intgzomeisxx_200900001886_002[1].jpg

ポニーキャニオンより¥4935で発売中

2009年度作品/日本

<監督&脚本>
三木聡

<出演>
麻生久美子(「おと・な・り」など)
風間杜夫(「パッチギ! LOVE&PEACE」など)
加瀬亮
相田翔子
笹野高史
ふせえり
白石美帆
松岡俊介
温水洋一
宮藤官九郎
渡辺哲
村松利史
松重豊(「クローズZERO II」
森下能幸(「チーム・バチスタの栄光」
岩松了
松坂慶子

<あらすじ>
意地の重さで沈んでいる自分に気づいたジリ貧OLハナメ。行方不明の父親を捜しに行くがそこにいたのはヘンテコな骨董屋の「電球」だった。「困った時は水道の蛇口をひねるといい」という電球の奇妙なアドバイスをきっかけに人生の調子を取り戻す。

さあ、水道の蛇口をひねれ?!
想像できない驚異の展開が待っている!

ポニーキャニオンHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


「時効警察」の三木聡と麻生久美子の再タッグexclamation
とのことだそうですが、実は「時効警察」あんまり見てないですあせあせ(飛び散る汗)
テレビつけてやってたら見てた・・・みたいな。

なので、そこまで世界観が分からなくて、ついていけなかったところもありましたたらーっ(汗)

単に思ったのは、楽しそうるんるんってこと。

冒頭のハナメの独白というかつぶやきって、誰もが感じることだと思う。
私も似てるかも。

価値観なんて、骨董品と一緒で、見る人からすれば価値のあるものだったりないものだったり。
定規ではかれるもんじゃないってこと。

それに気づいたハナメは、見ててこっちまですっきりした気分になりました。

落ち込んだ時こそ、蛇口をひねってみるのだ〜exclamation×2





posted by みづき at 14:40| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

プリンセス・トヨトミ

9784163278803[1].jpg

文藝春秋より¥1650で発売中

<あらすじ>
大阪が全停止? 著者が満を持して贈る大阪の秘密

女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子。彼らが暮らす空堀商店街に、会計検査院の調査官3人の手が伸びる

5月末日の木曜日、大阪が完全に止まる。あらゆる種類の営業活動、商業活動、地下鉄、バス等の公共機関も一切停止。しかしそのことは大阪人以外は全く知らない。その発端となったのが、会計検査院からやってきた個性豊かな調査官3人と、空堀商店街にあるお好み焼屋の中学生の息子に、その幼馴染の女子。彼らが、大阪人に連綿と引き継がれてきた、秘密の扉を開けてしまうのだった…。歴史と古典を巧みに取り入れた突飛な着想と独特のユーモアで人気を博す著者が京都、奈良を舞台にした物語の次は、いよいよ大阪。万城目マジックをご堪能下さい。

文藝春秋HPより引用)


「鹿男あをによし」が面白かった万城目氏の大阪を舞台にした作品です。
京都が舞台の「鴨川ホルモー」は、あまり惹かれなかったので、先にこちらを読んでみました本

今回も独特な万城目ワールドが炸裂しちゃってます爆弾

大阪人が描く大阪は、やっぱり濃いですね(笑)

いつまでも愛され続ける太閤秀吉にまつわるお話で、相変わらず史実とファンタジーの融合なのですが、今回はちょっとついていけなかった感がありますあせあせ(飛び散る汗)

それでも、大阪人の強さや一体感はかなり伝わってきたかと思いますexclamation

男気あふれる作品でするんるん

そういえば、映画化も決定になっていましたねるんるん
綾瀬はるか出演ってなってたので、てっきり旭役だと思ってたら、まさかのミラクル鳥居役って。
逆に旭役が岡田将生くんだそう。

男女逆転しちゃてますねあせあせ(飛び散る汗)

ってか、そうなる本の結末と映画の結末は異なってくるってことですよねexclamation&question
えぇ〜っexclamation
どうなっちゃうの??
posted by みづき at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする