2011年02月21日

インセプション

dlvy26418_j1_t[1].jpg

原題:INCEPTION

ワーナー・ホーム・ビデオより¥3480で発売中

2010年度作品/アメリカ

第36回LA批評家協会賞 美術賞受賞

<監督・脚本>
クリストファー・ノーラン

<出演>
レオナルド・ディカプリオ
渡辺謙(「沈まぬ太陽」など)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(「G.I.ジョー」
マリオン・コティヤール
エレン・ペイジ
トム・ハーディ
ディリープ・ラオ
キリアン・マーフィ
トム・ベレンジャー
マイケル・ケイン
ピート・ポスルスウェイト
ルーカス・ハース(「アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン」
タルラ・ライリー(「プライドと偏見」
ティム・ケルハー
マイケル・ガストン

<あらすじ>
ドム・コブは、人が一番無防備になる状態――夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。
そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。今回は彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、コブとその部下のスペシャリストたちで構成されたチームは強盗とは真逆の行為ーつまり「インセプション」とはアイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度、究極のミッションを意味する。これを成し遂げればそれこそ真の完全犯罪となりうる。
しかしながら最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった――。

ワーナー・ホーム・ビデオHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


話が高度すぎて分からなくなってきた・・・。

これも機内で、しかも日本語吹き替えでみたので分かりにくかった・・・。

もう1回、DVDでちゃんと見直したい〜exclamation

難解だけど、とても興味深いお話です。
斬新な設定が面白いです。

夢を見るのが怖くさえなってきます(笑)

果たして今自分がいる世界は現実世界なのか?
そんなことさえも分からなくなってきます。











posted by みづき at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ファシオ

CIMG2825.JPG

<コーセーコスメニエンス スポーツ ビューティ ファシオ ラッシュスタイルパーフェクター BK001 ¥1575>



コイルタイプのマスカラですぴかぴか(新しい)

「くじゃくまつげ」と謳っていますが、あながち嘘じゃありませんexclamation

液は柔らかくて(←という形容詞はマスカラには似合わないかもしれませんが)、まつげ乗りもいいです。

適度についてくれて、きれいなセパレートロングのまつげに仕上がります。

そして、何よりカールアップ効果がすごいexclamation

基本、面倒くさがりな私は、マスカラ塗る前に1度ビューラーするだけで、それ以外にビューラーは触ることすらないのですが、それでもマスカラ落とすまでまつげはずっと天を向いたまま目

ボリュームが欲しい人には向いてないです。

きれいな目元を演出してくれるので、これはグッドです手(チョキ)
気に入りましたるんるん

あと、注意なのは、落とすときは専用のリムーバーを使った方がいいかも。
ただのメイク落としでは落ちないことはないのですが、若干目元が黒ずんだままになってましたあせあせ(飛び散る汗)
posted by みづき at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

化粧液

CIMG2823.JPG

<コスメデコルテ 化粧液 40ml ¥10500>



モイスチュア リポソームという名前でも知られています。

前から気になっていましたぴかぴか(新しい)

お得なセットも出てるようなのですが、小さいサイズを単品買いです。

高級感溢れる紫のボトルですが、中身は無色。
浸透力を謳ってる割には、そのスピードは遅く感じられます。

何度も肌にこすりつけて、ようやくしみこんでいくよう・・・。
着け心地もとてもさっぱりしています。

思ってたのと違うのでちょっとびっくり。
もっと濃くてドロドロしたものかと思ってました。
posted by みづき at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

フルビジョン マスカラ

CIMG2822.JPG

<資生堂 マキアージュ フルビジョン マスカラ BK999 ¥2940>



ブラシが立体カーブしていて、面白い形をしています。

目尻や下まつ毛も塗りやすいように設計されています。

私は大体ブラシでマスカラ液をまつげ全体につけるように塗ってから、反対側の何もない面で下から押し上げるように「カールよ、続けexclamation」と念じながら塗っています。

そこそこのカール力ですが、滲まないですし、液も乾くのが早いです。

ただ、もう少し均等にまつげに液がついてくれればいいんですけどね。
ひじきまつげになっちゃいます。
posted by みづき at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

アイラッシュ トニック

CIMG2813.JPG

<DHC アイラッシュ トニック ¥1260>



まつげの美容液ですぴかぴか(新しい)

アットでは、まつげが伸びると話題騒然です。
そんなの感じなかったけどあせあせ(飛び散る汗)

メイクの時にマスカラ塗る前に使ってます。
乾くのも早いので、すぐにマスカラを塗ってもボテっとしたりすることもありません。

今日から、まつげの長さ要チェックですexclamation
posted by みづき at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

源氏物語 巻六

275761-1[1].png

講談社より¥660で発売中

<あらすじ>
源氏物語千年紀
みやびな現代語で読める!わかる!愛と世のはかなさを知る物語
男と女が綾なす圧巻のドラマが展開する第六巻

四十の賀を盛大に祝った源氏に兄である朱雀院の愛娘・女三の宮が降嫁し、絢爛を誇った六条の院に思わぬ波乱が生じはじめる。愛情の揺らぎを感じた紫の上は苦悩の末に倒れ、柏木は垣間見た女三の宮に恋慕を募らせるがその密通は源氏の知るところとなり……。

講談社HPより引用)


若菜の上下が収められています。

若菜の主人公は、女三の宮。
朱雀院が大事に育てていた娘で、嫁ぎ先をいろいろと悩んだ結果、源氏の院の元にに嫁がせます。

まぁ、源氏だと大事に扱ってくれるとは思うけど、過去に自分の女を寝取られた異母兄弟にあげるとは、朱雀院もちょっとどうかしてるとは思うのですが・・・。

若いお嫁さんをもらった源氏はあまり興味を示さないものの、朱雀院の意向ともあって無下にもできずに通い続けたら本命の紫の上が倒れちゃうという始末・・・。

で、必死に看病してたら、今度は女三の宮に好意を寄せていた柏木の衛門の督が、そのすきに横取りしようとちょっかいを出して、しかも子どもまでできちゃったexclamation

源氏には愛されず、好きでもない男の子を身ごもり、とにかく波乱万丈な女三の宮の人生。
家柄がいいってだけで、幸せが保証されてる訳ではないんですよねあせあせ(飛び散る汗)

源氏はその密会の件も、子どもの件もすべて知った上で、自分の子として育てていくしかないのですが、ふと過去の自分にも同じ経験があったことを思い出して、藤壺の女御との間にできた子どものことも、実は父親は同じようにして知った上でのことだったかもしれないと思いをはせます。

そこで初めて申し訳ない気持ちになり、40を過ぎてようやく源氏も大人になったなぁなんて思わされました。





posted by みづき at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

intgzomeisxx_201000002685_004[1].jpg

ポニーキャニオンより¥3990で発売中

2010年度作品/日本

<監督>
本広克行(「少林少女」「交渉人 真下正義」など)

<出演>
織田裕二(「アマルフィ 女神の報酬」「県庁の星」など)
深津絵里(「ザ・マジックアワー」など)
ユースケ・サンタマリア
伊藤淳史(「アマルフィ 女神の報酬」など)
内田有紀
小泉孝太郎
北村総一朗
小野武彦(「沈まぬ太陽」
斉藤暁
佐戸井けん太
小林すすむ(「花より男子ファイナル」「手紙」など)
甲本雅裕
遠山俊也
川野直輝
滝藤賢一(「リアル鬼ごっこ2」「ゴールデンスランバー」
寺島進
松重豊(「ハナミズキ」「インスタント沼」「クローズZERO II」
高杉亘
小木茂光
東根作寿英(「容疑者Xの献身」
森康
時東ぁみ
近藤フク
札内幸太
飯泉学
大鷹明良
津嘉山正種(「容疑者 室井慎次」
辻萬長(「交渉人 真下正義」
辻つとむ
山崎直樹
上杉祥三
貴山侑哉
野仲イサオ
前原実(「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」)
真柴幸平
佐藤正行(「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」)
皆藤愛子
貞包みゆき
三上市朗(「サマータイムマシン・ブルース」など)
阿部秀司
宮藤官九郎(「インスタント沼」など)
近藤芳正
北山雅康
布川敏和(「20世紀少年」
古田新太
伊集院光(「ゲゲゲの鬼太郎」
稲垣吾郎
岡村隆史(「少林少女」など)
小栗旬(「クローズZERO II」など)
小泉今日子
柳葉敏郎

<あらすじ>
強行犯係係長に昇進した青島は、新湾岸署への引越しを一任され大張り切り。しかし、引越しの真っ最中に、8つの事件が湾岸署を襲う!
新湾岸署の開署式まで後3日。湾岸署史上最悪の引越しが始まった。

湾岸署を襲った最悪の猟奇的連続殺人事件から7年。お台場はさらなる変貌を遂げていた。外国からの要人が降り立つ空港が近く、高速道路や変電所などのライフラインもあるお台場はテロリストの格好の標的になっていた。その対策のため、湾岸署は高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署への引越し作業に追われていた。その引越しを一任されたのは、強行犯係係長に昇進した青島刑事だった。新湾岸署の開署式まで後3日。部下の夏美や和久らとともに大張り切りで引越し作業に取り組む青島。そんな引越しの真っ最中に、湾岸署管内で次々と事件が発生する!
金庫破りやバスジャック、さらには、湾岸署から青島やすみれらの拳銃が3丁盗まれ、連続殺人事件へと発展していく―。
湾岸署には特別捜査本部が設置され、管理補佐官の鳥飼とともに青島は捜査を開始するが、必死の捜査もむなしく、ついには湾岸署が占拠されてしまう。開署式を翌日に控えた青島ら湾岸署員は、ヤツらを解放し、被疑者を確保できるのか!!

ポニーキャニオンHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


シャツらを乾燥せよ!・・・じゃなかった(笑)

ストーリーが好きで、何気にTVシリーズから見てます。

もっと現場臭いお話かと思ったら、回を重ねるごとにあり得ない展開になっていってる気がしますたらーっ(汗)
あれだけの豪華キャストを使っておきながら。

コミカルさも出したいし、シリアスな場面も入れたいってなっちゃってて、結局中身がなくなってます。

やっぱ映画なら1が好き黒ハート




















posted by みづき at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ハナミズキ

20100510003fl00003viewrsz150x[1].jpg

2010年度作品/日本

<監督>
土井裕泰(「涙そうそう」、「いま、会いにゆきます」)

<出演>
新垣結衣(「恋するマドリ」など)
生田斗真
蓮佛美沙子
ARATA(「ウルトラミラクルラブストーリー」
木村祐一
松重豊(「インスタント沼」「クローズZERO II」
向井理
薬師丸ひろ子(「ヘブンズ・ドア」、「うた魂(たま)♪」など)
徳永えり(「うた魂(たま)♪」)
金井勇太
小柳友(「クローズZERO II」など)
高橋努(「クローズZERO II」など)
林愛夏
水島かおり

<あらすじ>
北海道で出会った2人。
東京の大学進学を目指す紗枝と稼業の漁師を志して水産高校に通う康平は互いに引かれあっていく。
やがて紗枝は大学に合格し、上京。
北海道と東京の遠距離恋愛はやがて2人の心を引き離していくのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


今更ですが、飛行機の機内で見ました。

なんとか頑張って涙こらえました。
多分、家で見てたら泣いてたかも。

土井監督お得意の歌をモチーフにした作品第2弾です。
(そんな位置づけじゃないけど)

沖縄の次は北海道が舞台です。

ハナミズキがNYでの同時多発テロを題材にしてるから、テロを絡めたお話かと思ったら関係なかったあせあせ(飛び散る汗)

純愛・・・なのか?
ちょっと不純なところもあるけど、まぁキャスト見たら、美しい恋のお話ですと言わんばかり。

ありきたりというか、「ドラマ」な展開で先は読めてしまうし。
映画よりドラマ向きの監督だからなのかな?
posted by みづき at 00:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする