2011年03月30日

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

THE A-TEAM.jpg

原題:THE A-TEAM

FOXより¥2990で発売中

2010年度作品/アメリカ

<監督>
ジョー・カーナハン

<脚本>
ジョー・カーナハン
ブライアン・ブルーム
スキップ・ウッズ

<出演>
リーアム・ニーソン
ブラッドリー・クーパー(「そんな彼なら捨てちゃえば?」
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
ジェシカ・ビール
シャールト・コプリー
パトリック・ウィルソン(「いつか眠りにつく前に」
ジェラルド・マクレイニー
ヘンリー・ツェーニー
ユル・ヴァスケス(「アメリカン・ギャングスター」
ブライアン・ブルーム
モーリー・スターリング
テリー・チェン
オマリ・ハードウィック
ダーク・ベネディクト
ドワイト・シュルツ

<あらすじ>
1年前――特殊部隊のメンバーから結成されたAチームの面々が、何者かの謀略により無実の罪で逮捕された。しかしリーダーのハンニバルは、まんまと刑務所からの脱獄に成功し、部下のフェイス、B.A.、マードックと合流する。かくして復活したAチームは、すかさず無実を証明するため行動を開始。ハンニバルが編み出す荒唐無稽な作戦のもと、当局の追跡をかわしながら、自分たちの名誉を汚した黒幕に迫っていく。謎のCIA捜査官や、Aチームの逮捕に執念を燃やす国防犯罪調査局のソーサとの策略合戦が、ド派手に火花を散らす!!
FOXHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


公開時、見に行こうとしてたんですけど、なかなか日程が合わず、結局DVD鑑賞になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

オリジナルのドラマは知らないので、初めて見ます。

オリジナルを知らなくても楽しめるように作られてますが、それでもまったくのゼロから見ると、展開が速すぎて、ついていくだけで精いっぱいでしたたらーっ(汗)

とか言いつつ、話よりもすっかりブラッドリー・クーパーにやられちゃいました(笑)黒ハート

結構タイプかも黒ハートなんて思ったりしながら(←バカ)

おじさまたちが暴れまくりで、ド派手なアクション満載です爆弾

何のために戦うのかというと、名誉や汚名奪回のためっていい切っちゃうところに若干の違和感を覚えつつ・・・。

続編を望む声も多いみたいですけど、やっぱりオリジナルからのファンの方が多いんですね。







posted by みづき at 23:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

シュアリー・サムデイ

syua_dvds[1].jpg

角川映画より¥3990で発売中

2010年度作品/日本

<監督>
小栗旬(「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」など)

<脚本>
武藤将吾(「クローズZERO II」「クローズZERO」

<出演>
小出恵介
勝地涼
綾野剛(「クローズZERO II」
鈴木亮平
ムロツヨシ
小西真奈美
モト冬樹
原日出子
遠藤憲一(「クローズZERO II」
山口祥行
高橋光臣
須賀貴匡
高橋努(「ハナミズキ」「クローズZERO II」など)
笹野高史
井上真央
阿部力(「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」など)
大竹しのぶ
津田寛治
妻夫木聡(「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」「感染列島」など)
小栗旬(「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」など)
上戸彩
横田栄司
竹中直人(「新宿インシデント」
岡村隆史 (「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」など)
吉田鋼太郎

<あらすじ>
モテるために必死でバンド練習してたのに突然文化祭が中止!文化祭復活のために教室占拠したら、なぜかハッタリのはずの爆弾が誤爆!
学校爆破犯のレッテル、退学、勘当、引きこもり、しまいには親の自殺。事件以来、何をやってもうまくいかないタクミ、キョウヘイ、カズオ、ユウキ、シュウト。明るい未来なんかあるはずない・・・。そんなある日、ヤクザ稼業に身を落としたカズオのせいで大事件勃発!!
「明日までに3億円と女持ってこないと臓器打って沈めちゃうからね。OK?」「ありえねぇ!!!」
でもこれって、最悪な人生から抜け出す、最高のチャンス?
「3億円取り戻して、バカで最強だった俺たちを取り戻す!!!」

角川映画HPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


公開前から、かなり話題になってた作品。

私も結構好きです、このジャンル黒ハート

スピード感もいいし、初監督とは思えないくらい精度は高いと思います。

本人もチョイ役でしか出てきませんし、監督業に専念してます。
それだけこの作品にかけた気合が伝わってきます。

青春物なんで若干の下ネタはありですけど、組長さんのははっきり言って笑えないです。
そこはやりすぎ感はあったかなたらーっ(汗)

あと、出てくる情報は小出しすぎる感じが・・・。

井上真央ちゃんが妹役だったなんて、病室のシーンまで気づきませんでした(笑)

レビューを見てると、やっぱり、小栗旬が監督をしたってことで、通常の映画監督以上に厳しい評価になってますねあせあせ(飛び散る汗)

大変だったようですけど、監督作品第2弾も見てみたいと思いまするんるん














posted by みづき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする