2011年08月30日

ローション リフトモイスト

CIMG3088.JPG

<ポーラ アグレーラ ローション リフトモイスト 120ml ¥4305>



チ〜ンバッド(下向き矢印)
第2弾です。

乳液の時もそうでしたが、これもリフィルです。

いや、これはあえてリフィルを買ったんです。

お姉さんに「以前ご使用されたことはありますか?」と聞かれて、つい「はい・・・。」と答えてしまい、間違いに気づいても訂正しなかった私が悪いんです。

なので、これも毎回使用するときはふたを開けて、ボトルを傾けて・・・というやり方で。

テクスチャーは透明でとろみがあります。
とろみはあるものの軽いので、ポンプがなくても出てきます。

肌にも簡単に広げて塗ることができます。

塗った後はちょっとべたつきます。
posted by みづき at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

ダヴ

CIMG3087.JPG

<ユニリーバ・ジャパン ダヴ オイル泡クレンジング 155ml ¥880>



クレンジングですぴかぴか(新しい)

オイルなのにプッシュすると泡になってでてきます。
珍し〜。

でもパッケージになってるような濃密な泡ではないですあせあせ(飛び散る汗)

もちもちとした弾力はあるけど、マスカラまで落とすのはちょっと難しいです。

オイルが泡になったという感じはしませんでした。

でも泡のメイク落としは使いやすいですね。
posted by みづき at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

シャンハイ

20110328010fl00010viewrsz150x[1].jpg

原題:SHANGHAI

2010年度作品/アメリカ

<監督>
ミカエル・ハフストローム(「ザ・ライト -エクソシストの真実-」

<出演>
ジョン・キューザック
コン・リー
チョウ・ユンファ
フランカ・ポテンテ
ジェフリー・ディーン・モーガン
菊地凛子(「小川の辺」
ベネディクト・ウォン
ヒュー・ボネヴィル
デヴィッド・モース
渡辺謙(「インセプション」「沈まぬ太陽」など)

<あらすじ>
1941年、上海。
ポールは友人の諜報員が謎の死を遂げ、その真相を探りに上海へやってくる。
異国情緒漂う上海の地では、各国の陰謀が渦巻いているのだった・・・。

<おすすめ度>
★★☆☆☆


ん〜。
スパイものなのか、歴史ものなのか、恋愛ものなのか。
とにかく詰め込みすぎて中身が分からなくなってます。

詰め込みすぎなので、どれも荒い(笑)

何の予備知識もないまま観にいったので、全然ストーリーについていけなかったですたらーっ(汗)

やっぱり時代背景や歴史くらいはちゃんと頭に入れていかなきゃダメですねあせあせ(飛び散る汗)

ちんぷんかんぷんで観ると、どこに重点を置いているのかさえも分からない状態。

もう1回、ちゃんと観れば分かってくるものかもしれません。
実は、とても奥の深い作品のようにも思えてくるのです。

スミコの愛の真相。
彼女は、本当は誰を愛していたのでしょうか?

当時の混沌とした世界情勢。
その世界観だけは巧く描き出されていたと感じました。
posted by みづき at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

忍たま乱太郎

20101004008fl00008viewrsz150x[1].jpg

2011年度作品/日本

<監督>
三池崇史(「クローズZERO II」「神様のパズル」など)

<出演>
加藤清史郎
林遼威
木村風太
平幹二朗(「GOEMON」)
寺島進(「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
三浦貴大
山本耕史
古田新太(「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」

中村玉緒
柄本明(「悪人」
石橋蓮司
山本裕典(「パラダイス・キス」など)
石垣佑磨
白石隼也
溝口琢矢
三津谷亮
竹中直人
中村獅童
檀れい(「感染列島」など)
谷原章介
鹿賀丈史(「ゼロの焦点」「西遊記」など)
松方弘樹

<あらすじ>
親元を離れ忍術学園に新入生として入学した乱太郎。
同じクラスのきり丸やしんべえと共に勉強に励むもなかなか上達しないのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


原作はかなり長い間愛されている「忍たま乱太郎」。
その実写版です。

NHKで放送されていて、ずいぶん前ですけど、観てましたね。
懐かし〜。
今もやってるんですよねexclamation&question
すごい。

漫画も少し読んだ記憶があります・・・。

原作者が確か尼崎出身とかで、登場人物も地名になぞらえてるとかで、密かな観光ブームにもなってると何かのテレビで紹介されてるのを観た気がします。

キャストは良かったと思います。
みんなイメージ通りぴかぴか(新しい)

ただストーリーは、あってないようなもの。
印象に残るようなお話じゃないし、途中から話すり替えられてる気がしました。
よく分からなくなってついていけなかったです。

まぁ、夏休みの親子向け作品なので、仕方ないかなexclamation&question
posted by みづき at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする