2011年09月04日

暗黒童話

4-08-747695-2[1].jpg

集英社より¥620で発売中

<あらすじ>
死者の眼球が呼び覚ます悪夢の記憶とは?
事故で記憶と左目を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植で死者の眼球の提供を受けたのだが、その左目がある映像を再生し始めて……。天才・乙一の初の長編ホラー小説がついに文庫化。

集英社HPより引用)


源氏物語もやっと読み終えました。
さて、まだ山積みの本たちをどんどん片づけていきましょうかパンチ

乙一のホラーサスペンスです。
ホラーものも普段は敬遠してるのですがあせあせ(飛び散る汗)

描写もグロテスクな部分も多々あります。
苦手な方は最期まで読めないかも。
ラストスパートにかけて、そのグロさがさらにパワーを増していきます。

それをご飯食べながら読んでた私(笑)
意外と平気でした。

グロテスクな描写よりも物語の方が気になってたせいかもしれません。

ホラーなのに、とても悲しいお話です。
切なさが後を引きます。

だけど、読み終わった後、あとがきで笑わせてくれます。
そう言えば、私もファミレスで読み終えたっけexclamation&question





posted by みづき at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

ジェニフィック

CIMG3094.JPG

<ランコム ジェニフィック 30ml ¥10500>



ランコムの人気美容液ですぴかぴか(新しい)


美容液なのですが、導入液としての役割が大きいらしく、化粧水の前に使用する珍しいタイプでするんるん

白濁色のテクスチャーで、肌への浸透も早いです。
これを付けた後はお化粧乗りも良くなった気がします黒ハート
posted by みづき at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

STRAWBERRY FIELDS

CIMG3092.JPG

<STRAWBERRY FIELDS ¥13650>



濃紺のスカートですぴかぴか(新しい)

「ウエストはゴム素材になっていて楽ですよ〜」と店員さんに言われて試着しましたが、確かに楽ですが、着る時と脱ぐ時が大変ですあせあせ(飛び散る汗)

あまり伸びないゴムなのでお尻に引っかかります(笑)
「頭からかぶって履かれる方もいますよ〜」とのことでしたが・・・。

脱ぎ着で手間がかかるので、それだけなら購入には至らなかったんですが、実はこれレバーシブルなんですexclamation

スカートでは珍しいですよねるんるん

CIMG3093.JPG


裏返すと今度は明るいブルーのプリーツスカートになりまするんるん

どちらもスカート丈としては膝丈ですが、ゴムの部分で折り返せば膝上丈にもできちゃいます。

写真では分かりにくいですが色も種類の違うスカートなので2通りの使い方が出来て、このお値段だと安いですよね黒ハート
posted by みづき at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

pour la frime

CIMG3090.JPG

<pour la frime ¥3990>



紺のワンピースですぴかぴか(新しい)

胸元に金のアクセントがアクセントになっていてシンプルなだけに終わらずちょっとしたゴージャス感をだしてくれています。

ギャザーが入っていて綺麗なAラインです。

袖は7部袖になっているので、これからの季節に活躍してくれそうです。

生地もしっかりしていてこれ1枚で十分着れます。

ただ、ちょっと丈が短めなので、これにレギンスと合わせても可愛いと思います黒ハート

頑張って1枚で着るならブーツと合わせるのも良いかも。

寒くなってきたら下にタートルやカットソーとも相性良さそうです。


CIMG3091.JPG

<pour la frime ¥3360>



実はこれも同時購入しました。

黒字に白のドットが入ったボウタイブラウスですぴかぴか(新しい)

透け感はありますが、裏地がしっかり入っていているのでインナーには響きません。

キレイ目に仕上げたいときに活躍しそうです。
丈もちょうどいいウエストまであります。
長すぎることもなく短すぎることもありません。

スーツのインナーとしても使えそうるんるん

スキニーデニムとも合わせられそう黒ハート
posted by みづき at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする