2012年01月30日

J・エドガー

20111019003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:J. EDGAR

2011年度作品/アメリカ

<監督>
クリント・イーストウッド(「ヒア アフター」)

<出演>
レオナルド・ディカプリオ(「インセプション」など)
ナオミ・ワッツ
アーミー・ハマー
ジョシュ・ルーカス
ジュディ・デンチ
エド・ウェストウィック
デイモン・ヘリマン
スティーヴン・ルート
ジェフリー・ドノヴァン
ケン・ハワード
ジョシュ・ハミルトン(「ボーン・アイデンティティー」)
ジェフリー・ピアソン(「ゲット スマート」など)
ジェシカ・ヘクト
ジョーダン・ブリッジス(「オーロラの彼方へ」)
ジャック・アクセルロッド(「SUPER 8/スーパーエイト」
ジョシュ・スタンバーグ
クリスチャン・クレメンソン
ビリー・スミス
マイケル・レイディ
ジェフ・スタルツ
ライアン・マクパートリン
ダーモット・マローニー
ザック・グルニエ
リー・ココ
スティーヴ・モンロー(「デンジャラス・ビューティー」)
アーネスト・ハーデン・Jr
ショーン・マーフィ
ゲイリー・ワーンツ
デヴィッド・クレノン
マイケル・オニール(「トランスフォーマー」
エリック・ラーキン
マヌ・インティライミ
エミリー・アリン・リンド
ジェイミー・ラバーバー
リー・トンプソン
アマンダ・シュル
クリストファー・シャイア

<あらすじ>
司法省での功績が認められたジョン・エドガー・フーバーは、初代FBI長官に任命される。
科学捜査を取り入れるなど、有能ぶりを発揮する。
しかし、政治家のスキャンダルなどを極秘ファイルとして収集するなど、大統領までをも黙認させる力を持ち合わせていくのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


受け止めるまでに時間のかかった作品でした。

まず、フーバーを知らないあせあせ(飛び散る汗)
日本にはなじみの薄い人物です。

予習せずに観ると、話がごちゃごちゃになってしまいました。

そもそもフーバー自体、謎の多い人物ではあるらしいので、イーストウッド監督が作り上げた虚像かもしれません。

作品は、フーバー自身の過去を顧みてFBI捜査官に話を始めるところから始まります。
過去と現在を行ったり来たりします。

高慢で、排他的だし、決して他人を受け入れることはありません。
強欲で、差別的で、冷酷で人間性がない。
そんな印象です。

さびしい人だったんだと思う。
同性愛者だったという一面を持ち合わせていたとはいえ、生涯誰とも本心から許せる相手はいなかったんでしょう。

母親のゆがんだ教育のせいでもあったとは思います。

これが一昔前のアメリカのお話だったなんて。
posted by みづき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

きみはペット

20111012005fl00005viewrsz150x[1].jpg

原題:YOU ARE PET

2011年度作品/韓国

<出演>
キム・ハヌル
チャン・グンソク
リュ・テジュン
チョン・ユミ
チェ・ジョンフン

<あらすじ>
雑誌の編集者としてバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンのウニ。
しかし、仕事もうまくいかず落ち込んでいた。
そんなときに、自分をペットとして飼ってほしいと突然現れた若いダンサーのイノ。
しぶしぶながらも2人の共同生活が始まるのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


やっぱり館内は女性客ばっかでしたねるんるん
さすがはグンちゃん黒ハート

グンちゃんなんて勝手に呼んでますが、彼の作品を観るのはこれが初めてです。

日本の漫画が原作で、過去には松潤と小雪で連続ドラマ化されてます。
ドラマは再放送の時にチラっと見た程度で、ほとんど内容とかは知りませんでした。

恋敵が出てきたりして、さすがは韓流exclamationなんて思いましたが、そう言えばドラマでも松潤に思いを寄せる役で石原さとみちゃんが出てたっけexclamation&question

ある程度先が見える展開のお話でしたが、映画でちょうどいい長さでした。

美男美女で、久々に楽しめたラブコメでした。
主演の女優さん、きれいですねぴかぴか(新しい)

エンドロールに流れる、かなりの量の日本人女性の名前。
何かと思ったら、この作品の撮影見学ツアー参加者の名前だそう・・・。
ちょっと引きましたあせあせ(飛び散る汗)

やっぱり日本女性ファンに向けてのグンちゃんの映画なのね。
posted by みづき at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

殺人鬼

138612[1].jpg

新潮社より¥540にて発売中

<あらすじ>
サマーキャンプは、突如現れた殺人鬼によって地獄と化した――驚愕の大トリックが仕掛けられた史上初の新本格スプラッタ・ホラー。
新潮社HPより引用)


私にとっては「十角館の殺人」に次ぐ綾辻先生の2作品目です。

十角館〜とは打って変わって、同じ作家かと思うほどの残虐な内容。
なのに、ご飯を食べながら読む私(笑)

読み終わった後は、どっと一気に疲れが出た気がします。
緊張感の連続でしたから。

決して食事中や寝る前には読まないで下さいexclamation

最初に読者への挑戦状と言うほどでもないけれど、仕掛けがあることは書かれています。

読み進めていくうちに、その違和感というか不審な点は確かに見つけられたのですが、謎を解くまではいきませんでした。

見事にその残虐性にやられてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

まさかのオチ。
そうだったのかぁと・・・。

確かに読み返すと、伏線はかなり張られています。
オチまでに気づいたかたはなんと強靭な精神をお持ちなんでしょうexclamation

ミステリーよりもホラー色がかなり濃いです。

その惨さに打ち勝つ自信のある方だけお読みください。

2も出てますが、さすがにそこまで読む気にはなれません。
posted by みづき at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

マイウェイ 12,000キロの真実

20110810007fl00007viewrsz150x[1].jpg

原題:MY WAY

2011年度作品/韓国

<監督・脚本>
カン・ジェギュ(「ブラザーフッド」

<出演>
チャン・ドンゴン
オダギリジョー
ファン・ビンビン(「新宿インシデント」
キム・イングォン
キム・ヒウォン
オ・テギョン
キム・シフ
チョン・ホジン
夏八木勲
鶴見辰吾(「アントキノイノチ」など)
山本太郎
佐野史郎
浜田学(「陰日向に咲く」など)

<あらすじ>
日本統治下の朝鮮で2人は出会う。
辰雄とジュンシクはお互いマラソンが得意な少年だった。
軍人一家の辰雄と、その使用人のジュンシクは身分は違えども良きライバルとして少年時代を過ごす。
やがて、戦況が変化し、第二次世界大戦へと突入。
2人は再び戦場で再会するのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


こういう戦争系って苦手なんですあせあせ(飛び散る汗)
暗いうえにストーリーが長い。

映像にこだわってるので、戦争シーンもやたらと多いし、残酷なシーンも多々ありました。

実話を基にしてるそうですが、こんな話本当にあったのでしょうかexclamation&question
どうも信じがたい。
そう思いたくなるくらいの、数奇な運命のお話です。

統治下の朝鮮が最初の舞台なので、朝鮮人もみんな日本語を話してます。
けど、ちょっと分かりにくいあせあせ(飛び散る汗)
日本語字幕が必要です・・・。

反日映画だなんて言われてますが、そうは思いませんでした。
日本人だろうが、韓国人だろうが監督は同等に扱って描いてるように感じます。

日本人の悪態ぶりはあくまで事実なんでしょう。
そこは何も文句は言えません。

戦争下では人種なんて関係ありません。

主役はチャン・ドンゴンになってますが、完璧オダギリジョーに持ってかれてます。

あくまで戦争映画だと思っていたのですが、最期にやられました。
そんな展開が待っていたとは。
思わず涙しちゃいました。
posted by みづき at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ロボジー

20110823006fl00006viewrsz150x[1].jpg

2011年度作品/日本

<監督・脚本>
矢口史靖(「スウィングガールズ」など)

<出演>
五十嵐信次郎
吉高由里子
濱田岳(「THE LAST MESSAGE 海猿」など)
川合正悟
川島潤哉
田畑智子
和久井映見(「プリンセス トヨトミ」など )
小野武彦(「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
田中要次(「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
森下能幸
古川雄輝(「高校デビュー」
高橋春留奈
今井隆文
安田聖愛
星野亜門
竹井亮介
藤本静
大久保綾乃
遊木康剛
徳井優(「八日目の蟬」「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」など)
菅原大吉(「デトロイト・メタル・シティ」)
大石吾朗
竹中直人(「忍たま乱太郎」など)
田辺誠一(「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」など)

<あらすじ>
弱小電家電メーカーが企業PRのためにロボット博に出場することになる。
社長に命じられ集められた3人がロボット開発を担当することになったが、ロボット博まであと数日と言う時にロボットを壊してしまう。
作り直す時間も費用もないため、中に人を入れてなんとか乗り切ろうとするのだったが・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


さすがは番宣しまくっていたため、結構お客さんは入っていました。

笑いもちりばめられてあって、でも笑いだけで終わってなくて、さすが矢口監督と思える練られたお話だなぁと思います。

ただ、予告編がすべてです(笑)
出しきっちゃってます。

予告編だけで、ほぼどんな内容なのか分かっちゃいます。

キャスティングも良くて、おじいちゃん役のミッキー・カーチスもハマり役だったし、オタクの吉高ちゃんも可愛かったです黒ハート

最期はハっとさせられつつも心温まる終わり方でした。

案外、アシモもおじいちゃんが入ってたりして(笑)
posted by みづき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

スキン シグネチャー

CIMG3468.JPG

<マックス ファクター SK−U スキン シグネチャー 80g ¥15750>



こちらも@で人気の乳液でするんるん

久しぶりのSK−Uです。

容器からして見た目はクリームですが、乳液だそうです。
乳液ほどこってりはしてません。

真っ赤な容器に反して、中身は真っ白。
本当にクリームみたい(笑)

肌に乗せると伸びもいいです。
若干、ベタベタもしますが気にならない程度です。

とても使いやすく気に入ってます黒ハート
posted by みづき at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス

CIMG3467.JPG

<エスティ ローダー アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス 30ml ¥8400>



エスティの美容液ですぴかぴか(新しい)

@でも人気の美容液です。

スポイトで取り出すタイプになっています。
スポイトなんて理科の実験以来です(笑)

オレンジっぽいとろみがあるテクスチャーです。

肌への浸透は遅めですが、中に入るとしっかり保湿してくれます。

匂いも独特だし、見た目も落ち着いていエスティっぽくありません(笑)
posted by みづき at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

Louis Vuitton

CIMG3462.JPG

<Louis Vuitton ネヴァーフルMM ¥77000>



ミラノのヴィトンで購入しましたぴかぴか(新しい)

ユーロ安&免税があるので行く前から買う気でいました。

結構持ってる人多いですよねあせあせ(飛び散る汗)

迷ったのは、モノグラムにするかダミエにするか・・・。
モノグラムを右肩にダミエを左肩にかけて鏡の前で悩みました(笑)

ダミエはあの中の赤地が可愛いんですよね黒ハート

結局は合わせやすいモノグラムにしちゃいましたけど。

最終的に2万ほど安く買えた気がしまするんるん

免税は店によって返金の方法が違っていて、ヴィトンの場合は書類に必要事項を書いて郵便すると、指定したクレジットカードに返金されました。
約2カ月ほどかかったかも。
ちゃんと書類が届いてるかも心配でしたけど、カード明細をみたらしれ〜っとマイナス処理されてました。

ヴォッテガでも頼まれて買い物したけど、帰国後窓口で日本円で返金してもらいましたよ。
posted by みづき at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

コンバース

CIMG3194.JPG

<コンバース ¥5565>


近所のABCマートで購入したハイカットですぴかぴか(新しい)

ローカットの方は、学生時代にかなり履いてました。

単なる黒のハイカットじゃなくて、裏地がストライプなんです黒ハート

とは言いつつ買ってはみたものの、なかなか使いこなしづらいですね(笑)
ふくらはぎの太さが強調されます(泣)

とあるファッション用語を解説するサイトのハイカットの欄に「絶対に購入してはいけない」と書かれていたのも納得です(笑)
posted by みづき at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

クリーミー泡洗顔

CIMG3190.JPG

<ユニリーバ・ジャパン ダヴ クリーミー泡洗顔 130ml ¥498>



オープン価格なのですが、近所のドラッグストアで購入しましたるんるん

特にセールになってる訳でもありませんでした。

泡で出てくる洗顔料です。

少し緩めの泡が出てきます。
泡洗顔の場合、多めに出すので、だいたい3プッシュくらい使用します。

もっちりとまではいかないけど、しっかりとした泡です。

洗い上がりもしっとりして、つっぱりません。
posted by みづき at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

八日目の蟬

2925[1].jpg

アミューズソフトより¥3990で発売中

2011年度作品/日本

<監督>
成島出

<原作>
角田光代

<出演>
井上真央(「シュアリー・サムデイ」、「ダーリンは外国人」など)
永作博美
小池栄子(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
森口瑤子
田中哲司(「死刑台のエレベーター」「食堂かたつむり」
渡邉このみ
市川実和子(「人のセックスを笑うな」
吉本菜穂子
相築あきこ(「西遊記」
別府あゆみ
安藤玉恵
安澤千草
蜂谷真紀
松浦羽伽子
ぼくもとさきこ
深谷美歩
畠山彩奈(「20世紀少年」
余貴美子(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」「悪人」など)
平田満(「プリンセス トヨトミ」など )
風吹ジュン
井上肇
宮田早苗(「おくりびと」
徳井優(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」など)
広澤草
野中隆光
管勇毅
荒谷清水
日向とめ吉
瀬木一将
吉田羊
日比大介
劇団ひとり(「ゴールデンスランバー」など)
田中泯(「ヘブンズ・ドア」など)

<あらすじ>
不倫相手の子供を誘拐し4年間育てた女と、
誘拐犯に育てられた女。
なぜ、誘拐したのか?
なぜ、私だったのか?

今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。
1985年に起こったある誘拐事件―。

不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。そして、恵理菜の下した決断とは・・・?

アミューズソフトHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


NHKで檀れいさん主演でドラマ化もされていました。
偶然観ていて、思わず引き込まれました。
結局1話の冒頭部分しか観てないけどあせあせ(飛び散る汗)

観終わった後も余韻の残る作品です。

ん〜。
何とも言葉にしづらい。

一言で言ってしまえば、男が悪いんですけどね。
それを言ってしまうとおしまいなので。

現在と過去と同時進行でお話は進んでいきます。

重くて暗いシーンが多いのですが、希和子、恵津子、薫/恵里菜のそれぞれの心境が上手に反映されていて見応えはありました。

やっぱり母性に勝るものはないんでしょうね。
希和子と薫が本当の親子なら・・・と何度も思いました。

気になったのは・・・
恵里菜の不倫相手が劇団ひとりだったこと。
ちょっと違うくない?

あと、希和子は結局捕まってしまうのですが、指名手配ってされてたの?

余韻に浸りつつも、素朴な疑問。

今は、原作読もうと思ってます。











posted by みづき at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

占星術殺人事件

183371-1[1].png

講談社より¥750で発売中

<あらすじ>
怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1ヵ月後には、6人の若い女性が行方不明!奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。
講談社HPより引用)


初島田作品ですぴかぴか(新しい)

そして、こちらがデビュー作。

なんとまぁ恐ろしいデビューなんでしょう。

御手洗探偵も初登場のはずなのに、既に過去に何かあったかのような書き方で、これが1作目じゃないのexclamation&questionと思わされたりしましたがあせあせ(飛び散る汗)

読者への挑戦も書かれていますが、降参です。
参りました〜。

完全にその世界観にもっていかれました。
秀逸ですぴかぴか(新しい)
トリックが明かされた時の、あの靄が晴れたような爽快感は忘れられません。

これはぜひ読んで、皆さんにも味わってもらいたいです。
posted by みづき at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

20110831018fl00018viewrsz150x[1].jpg

原題:MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL

2011年度作品/アメリカ

<監督>
ブラッド・バード

<出演>
トム・クルーズ(「ナイト&デイ」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」など)
ジェレミー・レナー
サイモン・ペッグ
ポーラ・パットン
ミカエル・ニクヴィスト(「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」
ウラジミール・マシコフ
ジョシュ・ホロウェイ
アニル・カプール
レア・セドゥー
ミラジ・グルビッチ
サムリ・エーデルマン
トム・ウィルキンソン
ヴィング・レイムス
ミシェル・モナハン

<あらすじ>
イーサンが収監されているモスクワの刑務所へ、仲間が助けに来る。
別部隊がミッションに失敗し、秘密情報が入ったファイルが別組織に奪われてしまったのだ。
新たなミッションを受けたイーサンはクレムリンに侵入するが、またしてもその別組織に先を越されてしまうのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


シリーズ第4弾ですが、相変わらず内容、アクションともに期待を裏切ってくれることはありません手(パー)

シリーズ足かけ15年も経つのに、ますますパワーアップしてるトム。
衰えを感じさせません。

毎回楽しめるのは監督が違うってことも大きいんでしょうね。
本質は同じだけど監督によってアプローチの仕方が違ってたりして、それもまたおもしろいところです。

さて、今作も手に汗握るアクションの連続です。
アクション先行なので、ストーリー展開が早くて理解するまでに時間がかかってしまいますがあせあせ(飛び散る汗)
もう1度観たいと思わせてくれる作品ですぴかぴか(新しい)

ドバイやインドでのロケも良いですexclamation

内容もすべてに伏線が張られてあって、無駄な要素がありません。
すべてに置いて緻密に計算された賜物なんでしょうね。
あっぱれです。

次回作「5」も楽しみです黒ハート
posted by みづき at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

高校デビュー

BIBJ-8078[1].jpg

ハピネットより¥3990で発売中

2010年度作品/日本

<原作>
河原和音

<出演>
溝端淳平(「君が踊る、夏」、「ダイブ!!」
大野いと
菅田将暉
逢沢りな
古川雄輝
宮澤佐江
岡本玲
増田有華
池田依來沙
塚地武雅
温水洋一(「ゴースト もういちど抱きしめたい」など)

<あらすじ>
中学時代、部活一筋で過ごした熱血女子・長嶋晴菜は、ひとつ心に決めていた。
「高校生活は、恋に全てを捧げよう!」
異常なほどの「恋」へのモチベーションの高さとはうらはらに、半年経ってもまったく彼氏ができる気配すらない晴菜。そんな彼女の前に、校内イチ人気の先輩・小宮山ヨウが現れる。直感的に晴菜はヨウに「モテコーチ」を依頼。はじめは断り続けたヨウも、どこかズレている晴菜の一生懸命さに根負けし、ある条件のもとコーチを引き受けることに。
「俺のこと、絶対に好きになるな。なったらすぐコーチは終了」
ヨウの指導のもと、理想の「恋」を求め、しだいに変わっていく晴菜。しかしやがて、クールなヨウが時折みせる優しさに、晴菜は思いがけず惹かれている自分に気づいてしまうのだが…。

ハピネットHPより引用)

<オススメ度>
★★☆☆☆


公開時は上映期間が短かった気が・・・。

原作の漫画は未読です。

あらすじ読んだだけでも先の読めそうなお話・・・。
それなのに評価が高めなのも気になりますたらーっ(汗)

中高生には人気高いのかなexclamation&question

主演の大野いとちゃんはモデルさんらしいけど、どうみても北陽の虻ちゃんにしか見えない(笑)
演技も微妙・・・。

モテコーチのヨウもモテるんだろうけど、自分は過去の恋愛を引きづってるし、コーチをやる資格ってあるのかなexclamation&question

特訓内容も中身がなくてモテ子になれそうな要素もないしあせあせ(飛び散る汗)

要はシンデレラストーリーでした・・・。

あとクリスマスの時のサンタのシーンも意味不明あせあせ(飛び散る汗)

なんか、この感じ見たことあると思ったら、「ラブコン」と似てますねexclamation
「ラブコン」好きな方には合うんだと思いまするんるん











posted by みづき at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする