2013年01月31日

エンド・オブ・ザ・ワールド

20121204003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD

2012年度作品/アメリカ

<出演>
スティーヴ・カレル
キーラ・ナイトレイ(「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」)
メラニー・リンスキー
アダム・ブロディ
ジリアン・ジェイコブス
パットン・オズワルト
T・J・ミラー(「アンストッパブル」「ガリバー旅行記」
コニー・ブリットン
デレク・ルーク
ロブ・コードリー
マーク・モーゼス
ウィリアム・ピーターセン

<あらすじ>
地球滅亡まであとわずかと迫り、人々は仕事を放り出し、それぞれに最後の時間を過ごしていた。
保険会社に勤めるドッジは妻に逃げられても以前と変わらない生活を送っていた。
ある日、同じアパートに住むペニーが彼氏と喧嘩をしてドッジの部屋に逃げ込んでくる。
初めて話をする2人だったが・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


上映館も上映期間も短かったですが、なんとか観れました。
お客さんの入りもそこそこ。

地球滅亡が大前提でお話は進んでいきます。
小惑星が地球に衝突して滅亡するまで残り数週間。
パニック映画ではないので、人々の混乱などは描かれていません。

私だったらどんな最期を過ごすのか・・・なんて考えてみたりしたけど、ドッジと似ているような気もします(笑)
普通に仕事してそうあせあせ(飛び散る汗)

ドッジの昔の恋人に会いに行く2人が、その道中で互いを知っていきます。
恋愛映画というよりもロードムービーの要素もあります。

けど、そこは地球滅亡前。
モラルなんてありません(笑)

地球滅亡と恋愛映画の融合なんて難しい題材だと思ってたけど、そこはきちんと設定が活かされていました。

誰と過ごすかより、どう過ごすかが大事なんですよね。
隕石だろうが病気や寿命で死のうが、自分の死と向き合うときは、過去ではなく今を見ることが大事なんだなと感じさせられました。
posted by みづき at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

BLACK BY MOUSSY

CIMG4049.JPG

<BLACK BY MOUSSY ¥15225>



以前に買ったジーンズの「ブーツカット感」が急に嫌になりまして(笑)、新たにストレートのジーンズを購入しましたるんるん

今の流行りはストレートなんで、ブーツカットが履けませんたらーっ(汗)

職場は制服があるのでジーンズOKなんで履いていくこともありましたが、職場が異動になりまして手抜き服では恥ずかしくて出歩けないんですよ(笑)
そのため、最近はめっきり休みの日にしか履かなくなりました。

以前にもBLACK BY MOUSSYでジーンズを買って気に入っていたので、今回も駆け込みました。
そのジーンズは履きつぶしたのか、もう手元にありません・・・。
どこに行ったのやらexclamation&question

腿の部分だけ色落ちになっているので、足長効果がありますぴかぴか(新しい)

実はこれ、ワンサイズ大きめなんです。

自分サイズだと、膝下のストレート感がなんか嫌で・・・。
スキニーのように、足の太さが目立つ気がして、店員さんにもう少しストレートな方がいいというと、ストレートのデザイン展開がないので、ワンサイズ大きいのを薦められました。

シルエットは気に入ったのでそのまま購入しましたが、ベルト必須もうやだ〜(悲しい顔)

今までベルトなんかしてこなかったのに・・・。
ってか、ベストしててもずってきますあせあせ(飛び散る汗)

ベルトはこれにしか使わないので、クローゼットにはすでにベルト通しに通した状態で吊るしています(笑)

長さはサイズ直ししなくてもちょうど良かったです。

最近はロールアップして着ることが多いです黒ハート
posted by みづき at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

Rubyrivet

CIMG4048.JPG

<Rubyrivet ¥2625>



珍しくアクセサリーを買っちゃいましたるんるん

普段はピアスくらいしかしてなくてアクセサリーには疎いのですが、思わず一目ぼれしたネックレスですぴかぴか(新しい)

リボンの形をしています。
長さは調節できないですが、長めで、ちょうどバストの位置にリボンがくるようになっています。

シンプルな服が多いので、これだけでキュートなアクセントになります揺れるハート
posted by みづき at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ブライトアップファンデーション

CIMG4047.JPG

<カバーマーク ブライトアップファンデーション Y−1 ¥3675>



ブライトアップファンデーションという名前ですが、コンシーラーですぴかぴか(新しい)

カバーマークはファンデーションに続いて2度目の購入です。

前回の反省から、今回はきちんと店頭で色味をみてもらいました(笑)
4色展開しかしてませんけど。

肌診断はしてもらってないのですが、やっぱり私はイエローベースなのかなexclamation&question
今回購入した色もY−1というお色かわいい

明るめのナチュラルベージュなお色です。

今はリキッドファンデを使用中ですので、ファンデの後に主に眼の下と口周りのニキビ跡を消すために使用しています。
クマは特にないのですが、くすみ防止として。

その上からお粉をたたいて完成ですが、変に目立ったりヨレたりすることはありません。
つけてないくらい自然な仕上がりですぴかぴか(新しい)

コンシーラーっていろんなタイプがありますが、これはスティックタイプなので、そのまま肌に塗れるの嬉しいポイントでするんるん

あと、SPF33 PA+++仕様ですので、紫外線の気になる季節になっても大丈夫ですね手(チョキ)
posted by みづき at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗

flypaper[1].jpg

原題:FLYPAPER

アルバトロスより¥3990で発売中

2011年度作品/アメリカ・ドイツ

<脚本>
ジョン・ルーカス
スコット・ムーア

<出演>
パトリック・デンプシー
アシュレイ・ジャッド
ティム・ブレイク・ネルソン(「ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して」
プルイット・テイラー・ヴィンス
メキー・ファイファー
オクタヴィア・スペンサー(「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」
マット・ライアン
ジェフリー・タンバー
ジョン・ヴェンティミリア
カーティス・アームストロング
ロブ・ヒューベル(「ファミリー・ツリー」

<あらすじ>
二組の銀行強盗が鉢合わせ?!

とある銀行に現れたのは、ハイテク武装した銀行強盗チーム
だけかと思いきや、おバカな銀行強盗コンビも登場
セキュリティシステム作動で、銀行内は密室状態
この前代未聞の強盗事件、登場人物全員が怪しい?!

夢の一攫千金!手に入れるのは誰?慌ただしい閉店間際のとある銀行。窓口係のケイトリンは大量の小銭を両替しに来た、ハンサムだけどちょっとおかしなトリップという男の応対をしていた。その時、一発の銃声が銀行内に響き渡る。現れたのは、完璧にハイテク武装した三人組の銀行強盗、だけかと思いきや、別方向から現れたのはTシャツ、短パン姿というコンビニ帰りのような出で立ちの銀行強盗コンビ。なんと同時に別々の二組の銀行強盗が襲撃してきたのだ!そしてすぐさま銀行のセキュリティシステムが作動し、人質となった職員や数人の客を含め全員が銀行内に閉じ込められてしまう。果たして、この前代未聞の強盗事件の黒幕は?そして、夢の大金を手に入れるのは一体誰なのか?

アルバトロスHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の脚本化が再びコンビを組んで描いたというのが1番の売りのようですが、残念ながら「ハングオーバー!〜」は観ておりませんあせあせ(飛び散る汗)

脚本はしっかりしてると思います。

笑いもちりばめられてあるし、何よりオチがしっかりしていますexclamation

正直謎だらけの展開で進んでいき、1番謎の主人公が謎を解いていきます。
結局彼の正体は不明のまま・・・。
あの観察眼はすご過ぎです。

おバカな銀行強盗たちのおバカな笑いだけじゃなく殺人もあって、コメディとミステリーの融合といったところ。

謎解きが速すぎて、ちょっとついていけず。

でも、最後のどんでん返しで満足です(笑)





posted by みづき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

盤上の敵

273563-1[1].png

講談社より¥620で発売中

<あらすじ>
敵は籠城殺人犯 妻の命を賭けた戦い!

息づまる駆引と、驚倒の結末! 読者をも操る北村マジックの冴え。

我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム!末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手(チェックメイト)をかけることができるのか? 誰もが驚く北村マジック!!

講談社HPより引用)


北村作品は過去に「スキップ」を読んだことがありますが、ずいぶんと作風に違う作品になっています。

夫側のお話と妻側のお話を間に挟んで、事件が進行していきます。

騙されたという感想を聞いたことがあったので、どんなトリックか楽しみにしていましたぴかぴか(新しい)

トリックは最後の最後で明らかになります。

上手く練られた構成。
無駄がありません。

ただ、スカッと解決して終わりというお話ではありません。
トリックには驚かされますが、それはそれで悲しい物語。

ハッピーエンドではありませんし、それは前書きにも書かれています。

あくまでミステリーとしてお読みください本





posted by みづき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

拝啓、愛しています

20121110006fl00006viewrsz150x[1].jpg

原題:LATE BLOSSOM

2011年度作品/韓国

<監督>
チュ・チャンミン

<原作>
カン・プル

<脚本>
チュ・チャンミン
イ・マンヒ
キム・サンス

<出演>
イ・スンジェ
ユン・ソジョン
キム・スミ
ソン・ジェホ
ソン・ジヒョ
オ・ダルス
イ・ムンシク

<あらすじ>
牛乳配達員のマンソクは、ある冬の早朝の配達中に、坂道をリアカーを引っ張りながら下りてくる女性を手伝う。
その日以降、マンソクは毎日その坂道で女性の姿を探すようになり・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


韓国の漫画が原作だそうであせあせ(飛び散る汗)

なんて悲しい漫画なんでしょう。

大人の恋愛です。
大人のと言ってもずいぶん大人(笑)
最後の恋です黒ハート

韓国映画で恋愛ものというと若い綺麗な男女の胸キュン(←死語)ラブストーリーを思い描いてしまいますが、全然違います。

主人公は皆しわしわのおじいちゃんとおばあちゃん。
出会った男女とある夫婦の物語。

不器用な優しさが可愛くもあります。

恋愛と言うよりは、相手を思いやる気持ちの尊さが描かれていましたぴかぴか(新しい)

心打たれるストーリーで、大泣きしてしまいましたよ。

結構、年配の方も多く観に来ていました。

こんな温かい人生のエンディングを迎えたいですね。
posted by みづき at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

今日、恋をはじめます

20120427008fl00008viewrsz150x[1].jpg

2012年度作品/日本

<監督>
古澤健

<原作>
水波風南

<出演>
武井咲(「るろうに剣心」
松坂桃李(「アントキノイノチ」
木村文乃(「パラダイス・キス」
青柳翔
山崎賢人
新川優愛
高梨臨
ドーキンズ英里奈
藤原令子
上遠野太洸
高岡早紀
長谷川初範
麻生祐未
村上弘明

<あらすじ>
真面目で勉強一筋、地味で目立たない日比野つばき。
高校の入学式当日、成績優秀で学年一モテ男の椿京汰と隣の席になる。
そして、クラスメイトの前でファーストキスを奪われ彼女にすると宣言され、戸惑うつばきだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆
 

少女マンガの映画化ですぴかぴか(新しい)

原作は読んだことないけど、王道な感じ。
モテない女の子が、イケメンのクラスメイトと出会って恋に落ちる・・・。
展開が既に読めてます。

恋愛は宣言して出来るもんなら、毎日宣言しまくりますよあせあせ(飛び散る汗)
そうやってひねくれながら観ました(笑)

武井咲ちゃんは、役でこそ地味な女の子ですけど、元は綺麗ですからね。
それこそ、美男美女2人の恋愛模様は観ていて気持ちがいいです(笑)

展開は予想通りだったんですが、王道のラブストーリーで、キュンキュンものです黒ハート

ってか、高校生らしさがまったくないんですけどたらーっ(汗)
posted by みづき at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

太陽の塔

129051[2].jpg

新潮社より¥452で発売中

第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞

<あらすじ>
すべての失恋男たちに捧ぐ、爆笑妄想青春巨篇in京都。

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった! クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

新潮社HPより引用)


森見さんのデビュー作ですぴかぴか(新しい)

以前に「夜は短し歩けよ乙女」を読みましたが、完全にツボにはまりましたexclamation

出だしの、
「何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている。
なぜなら、私が間違っているはずがないからだ。」
という、この衝撃的な自分第一主義の文言にノックアウトされてしまいました(笑)

主人公の考えは利己的で、はたから見ればオタクで嫌なやつかも知れませんが、読んでいくとそのキャラに引き込まれて、とても可愛く思えます黒ハート

真剣にバカなことをやっている彼らが愛らしいです(笑)

私たちも彼らほどはないにしろ、若さゆえにはしゃいだりバカなことをしていたなぁと懐かしく思えました。

VIVA青春exclamation

森見作品を読破することを決意しました手(チョキ)




posted by みづき at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

20121108003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:龍門飛甲/FLYING SWORDS OF DRAGON GATE

2011年度作品/中国

<監督・脚本>
ツイ・ハーク

<出演>
ジェット・リー
ジョウ・シュン
チェン・クン
グイ・ルンメイ
リー・ユーチュン
メイヴィス・ファン
ルイス・ファン
ゴードン・リュウ
シェン・チェン
リュー・チャーフィー

<あらすじ>
皇帝の子どもを身ごもり、追われる身となったスー。
やがてたどり着いたのは、龍門だった。
そこは60年に一度の砂嵐がやってきて埋まっていた財宝都市が現れるという噂を信じて盗賊団も現れ・・・。

<おすすめ度>
★★☆☆☆


3Dで観てきました。
公開直後なのに、5人くらいしか観客しませんでしたよあせあせ(飛び散る汗)

スケールが大きいのはアクションシーンだけ。
そこだけは見応えがありました。

お話は良く分かりませんでしたバッド(下向き矢印)

龍門も秘宝のお話も途中から突然出てくるし。
人もお話もごちゃまぜになってます。
posted by みづき at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする