2013年02月28日

ホワイト クリアエマルジョン

CIMG4200.JPG

<資生堂 エリクシール ホワイト クリアエマルジョンU 130ml ¥4725>



エリクシールシリーズのホワイトラインの乳液です。

コットン使用を推奨しています。
が、コットンをきらしているので、ハンドプッシュで使用しています。

乳液がなじみにくくなってきた肌に・・・なんて薦めているので、期待していたのですが、そもそもこれ自体が浸透遅いんですけどあせあせ(飛び散る汗)

お肌がテカテカですたらーっ(汗)

夜のお手入れの時は、あとは寝るだけなのでいいのですが、朝のこれからメイクするぞ手(グー)って時にテカテカは困りますバッド(下向き矢印)

なので必然的に朝と夜とでは使う量が異なってきますよね。

ホワイトラインなのですが、美白効果もあまり感じられません。

なかなか良さが分かりませんたらーっ(汗)
posted by みづき at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

悠香

CIMG4199.JPG

<悠香 茶のしずく 石鹸 60g ¥1980>



何気にリピートしてます、この石鹸。
旧製品は小麦アレルギー問題が話題となりましたが、こちらはリニューアルされたのでアレルギー発症の恐れはありません手(パー)

原料の茶葉も無農薬を使用と、こだわっています。

クレンジングも可能らしいのですが、私は洗顔料として使用してます。

かすかにお茶の匂いがします。
すっきりとした爽やかな匂いぴかぴか(新しい)

泡立てネットを使用すると、モコモコの泡が出来ます黒ハート
弾力もしっかりあって、肌に乗せても消えることはありません。

使い続けると、くすみが取れて肌に透明感を感じられた気がしまするんるん
posted by みづき at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

ラッシュエクステ ダブルストレッチ

CIMG4063.JPG

<メイベリン ニューヨーク ラッシュエクステ ダブルストレッチ 01 ¥1575>



下地とマスカラがセットになった1本。
普段は下地は使わないので、何だか得した気分るんるん
お値段もセットでこの価格はお財布に優しいですしね。

下地は白の繊維。
塗ると、しっかり毛先についているのが分かります。

その上から黒のマスカラをオンるんるん
繊維が変に取れることもなく、しっかり長さを出して綺麗なまつ毛に仕上げてくれます。

重ねづけしなくても大丈夫でした。

専用リムーバー要らずで、簡単にオフもできるので楽です。
posted by みづき at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

専科

CIMG4061.JPG

<資生堂 専科 パーフェクトリキッド 150ml ¥980>



リキッドクレンジングです。

オープン価格になっているので、購入場所によって値段が違う場合があります。
私は近所のドラッグストアで購入。
特に割引にもなってませんでしたけどあせあせ(飛び散る汗)

イメージとしては¥698くらいなんですけどね(笑)
思ってたより高かったバッド(下向き矢印)

テクスチャーは無色透明で、とてもサラサラしています。

マスカラリムーバー成分が含まれているということで、マスカラまで一気につるんと落ちます。
簡単にオフできるので楽チンでするんるん

洗い上がりもしっとり。
悪くありません。

あえて言うなら、容器をプッシュ式にしてほしいかなexclamation&question
posted by みづき at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

ピラニア リターンズ

jk_3[1].png

原題:PIRANHA 3DD

ポニーキャニオンより¥3990で発売中

2012年度作品/アメリカ

<出演>
ダニエル・パナベイカー
マット・ブッシュ
デヴィッド・ケックナー
クリス・ジルカ
カトリーナ・ボウデン
ゲイリー・ビューシイ
クリストファー・ロイド(「ピラニア3D」)
デヴィッド・ハッセルホフ

<あらすじ>
古代ピラニアたちがスプリング・ブレイクを襲ってから1年後。湖は封鎖され、血に飢えたヤツらは新しい住処を探して旅立ち、新たにオープンするウォーター・パーク“ビッグ・ウェット"へと辿り着く。そこは、能天気な若者たちが集うべく新設されたエッチな仕掛け満載のプールだった…。 オープンを迎えた当日、そんな事を知るはずもなく、多くの来場者が訪れた時、前作を凌ぐ惨劇が待ち構えていた!ピラニアの大群が、この世の楽園を地獄へと一変させて血の海と化すなかで、果たして猛威を振るうヤツらの鋭い牙から逃げる事が出来るのは誰だ!
ポニーキャニオンHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


何気に前作も観てます(笑)

超B級ですわーい(嬉しい顔)
久しぶりにこんなおバカ映画観ました。

前作はまだストーリー性もありましたが、今回はストーリーは無視で、完全にお色気に走ってます。

そしてピラニア最強過ぎですexclamation
もう何でもあり。

ピラニアがいると分かっている湖に入っていくかな、普通・・・。











posted by みづき at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

ターン

137322[1].jpg

新潮社より¥662で発売中

<あらすじ>
ターン。また昨日に戻ってる……私はたった一人で、この同じ一日を永遠に繰り返すのだろうか。

真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。ターン。いつかは帰れるの? それともこのまま……だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。

新潮社HPより引用)


「時」をテーマに描いた三部作の一つです。
ずいぶん前になりますが、「スキップ」は読みました。

「スキップ」よりもスラスラ読めました。

でも、これあらすじでちょっとネタバレしちゃってるんですよねあせあせ(飛び散る汗)

誰もいない世界に行ってしまった真希。
どうなってしまったのexclamation&questionと一緒になってドキドキになれなかったのは、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴ったとあらすじに描かれているせいですexclamation

150日もそのままなんだ・・・と先に分かってしまっていたから、落ち着いて読めた気がします。

自分じゃないから言えることなんですが、真希がうらやましいとさえ思えました。
1度あんな風に自由に過ごして見たいです黒ハート

でも、孤独なのはやはり不便ですねあせあせ(飛び散る汗)

自由ではあるのですが、毎日何をしてもリセットされて、また元通り。
せっかくやったこともリセットされちゃいます・・・。

真希の性格が面白くて、ついほほえましくなってしまいます。
とても真面目なんですよね。
律儀。

誰もいないんだし、適当でいいやってなっちゃうようなことも、きちんとしてます。
そういう性分なんでしょうね。

だから、ああいう結末が待っていたのかも知れません。

時は有限なんですね。





posted by みづき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

LOVE まさお君が行く!

KIBF-1130[1].jpg

キングレコードより¥3990で発売中

2012年度作品/日本

<監督>
大谷健太郎

<出演>
香取慎吾(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」、「座頭市 THE LAST」など)
広末涼子(「ゼロの焦点」など)
成海璃子
光石研
浅野和之
左時枝
木下隆行(「高校デビュー」「ステキな金縛り」など)
大久保佳代子(「嫌われ松子の一生」
神田瀧夢
小野武彦(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」「ロボジー」など)
寺島進

<あらすじ>
超食いしん坊のラブラドール・レトリーバーまさお君と売れない芸人松本君は新しいテレビ番組に出演することに!しかし、芸も無いまさお君のダメ犬っぷりと振り回されっぱなしの松本君へ視聴者からはクレームばかり。それでもスターになる夢を捨てきれない松本君は、まさお君と“ワンマン”コンビを結成する。 世界中の人と犬は自分の事を好きだと信じるまさお君と、スターになることを絶対あきらめない松本君のワンマンコンビはどんな時も笑顔いっぱいで日本全国、旅を続けた。やがてクレームは声援に変わり、皆から愛され始め、多くの人、多くのワンちゃんと出会う中、ある日まさお君は黒ラブに一目ぼれ!そんな中、まさお君に関する重大な秘密を知った松本君は、皆に幸せを届けてきたまさお君自身の幸せのため、一大決心をする。まさお君は幸せになれるのか?そして、松本君の最後の行動とは??
キングレコードHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


元になった番組を見たことがないので、どこまでが実話か分かりませんが・・・。

まさお君が亡くなったっていうニュースは知っていましたけど、こんなにも愛されていたんですね。
つい最近のことのように思えたのですが。

それに、この作品って、そんなに番宣してなかったですよねexclamation&question
いつの間にかDVD化されていました。
結構、キャスティングも豪華なんですよね。

まぁ、動物ものですから、お涙はつきものです。
愛犬家の方にとっては号泣ものかと思います。
実話を基にしているので、お話は読めてしまうんですが、それでもポロっと泣けました。

笑って感動・・・とまではいかないですが、親子で観るのもいいかと思います。











posted by みづき at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

メドゥサ、鏡をごらん

273506-1[1].png

講談社より¥800で発売中

<あらすじ>
身の毛もよだつ!恐怖の連鎖が始まる

遺体の傍らにあったメモ〈メドゥサを見た〉とは何を意味するのか?

作家・藤井陽造は、コンクリートを満たした木枠の中に全身を塗り固めて絶命していた。傍らには自筆で〈メドゥサを見た〉と記したメモが遺されており、娘とその婚約者は、異様な死の謎を解くため、藤井が死ぬ直前に書いていた原稿を探し始める。だが、何かがおかしい。次第に高まる恐怖。そして連鎖する怪死!

講談社HPより引用)


まず装丁からして怖い。
中身はもっと怖いんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

冒頭から引き込まれてていきます。
「メドゥサを見た」と書いて自殺を図った作家。
その真相が知りたくて読み進めました。

正直、最後に何かトリックがあるのではないかと期待していましたが・・・。
まぁ、お話だけでも十分怖くて楽しめました。

真相が明らかになって、ちょっと頭が混乱しました・・・。

ホラーですが、悲しいお話でもあり、ちょっとした仕掛けもあります。
飽きずに一気読み出来ました。





posted by みづき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

LOOPER/ルーパー

20120908003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:LOOPER

2012年度作品/アメリカ

<監督・脚本>
ライアン・ジョンソン

<製作総指揮>
ダグラス・E・ハンセン
ジュリー・ゴールドスタイン
ピーター・シュレッセル
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(「インセプション」
ダン・ミンツ

<出演>
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(「インセプション」
ブルース・ウィリス
エミリー・ブラント
ポール・ダノ
ノア・セガン
パイパー・ペラーボ
ジェフ・ダニエルズ
ピアース・ガニォン
シュイ・チン
ギャレット・ディラハント
ニック・ゴメス
トレイシー・トムズ
フランク・ブレナン

<あらすじ>
2044年の未来。
未来からタイムマシンによって送られてくる標的を消すルーパー。
ある日、ジョーの元に送られてきたのは30年後の自分だった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


予告編を見てから、ずっと観たいと思っていましたぴかぴか(新しい)

1度観ただけでは理解しづらいかもあせあせ(飛び散る汗)
解説が必要です。

分かったら奥が深いんだなぁと思えます。
タイトルの意味もわかります。

ヤングジョーをジョセフ・ゴードン=レヴィットが、30年後のオールドジョーをブルース・ウィリスが演じていますが、同一人物に見えない・・・。

オールドジョーは自分のことしか考えてなさすぎで、ヤングジョーは周りのことや未来のことまで考えて行動しているのに・・・。
同じジョーなのに性格が違いすぎます。

そもそもルーパーという殺し屋は、未来では死体の処理に困るかたという理由で、過去に消したい人物をタイムトラベルさせているはずなのに、オールドジョーの奥さんは簡単に殺されちゃったのは大丈夫なのexclamation&question

そこが崩れてくると、この作品の根本が揺らいでくるような・・・。
posted by みづき at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

失踪者

9784167451035[1].jpg

文藝春秋より¥790で発売中

<あらすじ>
女たちが次々と消えていく! 真犯人は「少年A」!?

連続失踪事件の被害者の腐乱死体が見つかった物置の裏手から十五年前の白骨死体が。容疑者は少年A!?折原マジック全開の九百枚

文藝春秋HPより引用)


「冤罪者」に続く折原作品ですぴかぴか(新しい)

「冤罪者」とはリンクするシーンが少しあるだけなので、読んでいなくても十分楽しめます。
本の内容とはあまり関わりがないです。

15年前の事件と、現在の事件が類似しすぎていて、読んでいて頭の中が混乱します。

最後は「そうきたかexclamation」と言ってしまいそうなくらい、意外な展開でした。
予想外でしたあせあせ(飛び散る汗)

けど、何だか強引な気もするし、伏線も少ないので、あの情報量だけで読者が犯人にたどり着けるとは思えません。

のめり込めますけど・・・。
けど・・・っていうのが本音です。

もっと期待していたんですけどね。





posted by みづき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする