2013年04月29日

ダーケストアワー 消滅

img[9].jpg

原題:THE DARKEST HOUR

FOXより¥3490で発売中

2011年度作品/アメリカ

<脚本>
ジョン・スペイツ

<出演>
エミール・ハーシュ
オリヴィア・サールビー
レイチェル・テイラー
マックス・ミンゲラ
ジョエル・キナマン(「デンジャラス・ラン」
ヴェロニカ・ヴェルナドスカヤ

<あらすじ>
ビジネスチャンスを夢見てモスクワに降り立った、若き企業家のショーンとベン。その夜、二人は訪れたナイトクラブで突然の停電に見舞われる。外に出た彼らが目撃したのは、空から降る無数の謎の光。地上に降り立った“それ”は、姿を消し、触れた人間は跡形も無く粉砕してしまう。“それ”は地球を侵略しようとする、姿なきエイリアンだったのだ!次々と人々が粉砕されてゆく中、何とか逃げ切ったショーンとベンを含む5人の若者たちは、世界中で同時多発的に電気が消え、侵略が始まっていることを知る。彼らは世界を取り戻すため、見えない敵に立ち向かう決意をするのだが――。
FOXHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


モスクワが舞台のアメリカンムービーです。
珍しいなぁと思ったけれど、要は誰もいなくなった街のシーンを撮影するのに、アメリカでは難しかったってことなのかな⁉

ストーリーの中では、舞台がモスクアである必然性を見出せなかったです💦

よくある地球侵略ものですが、今回の敵は目に見えません❗

それなのに、突然襲ってきます😞

キーは電気。

意外に評価が高いのですが、私にはあんまり・・・。
スカッとした終わり方でもないし、なんか理不尽・・・。

って、SFものに理性を求めても無理か(笑)








posted by みづき at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

宇宙兄弟

TDV22414D_L[1].jpg

東宝より¥2940で発売中

2012年度作品/日本

<監督>
森義隆

<原作>
小山宙哉

<脚本>
大森美香(「ヘブンズ・ドア」など)

<出演>
小栗旬(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
岡田将生(「アントキノイノチ」「プリンセス トヨトミ」
麻生久美子
濱田岳
新井浩文(「ヘルタースケルター」
井上芳雄
森下愛子(「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」など)
益岡徹
堀内敬子
中島凱斗
吹越満(「悪の教典」、「アフロ田中」、「アントキノイノチ」など)
塩見三省
堤真一
西村雅彦
グレゴリー・ペカー
ジリ・ヴァンソン
ルドルフ・マッカラン
チャド・マレーン
矢柴俊博
清水伸
尾崎右宗
西尾まり
笠原秀幸
五辻真吾
大迫一平
ホリケン。
バズ・オルドリン
野口聡一

<あらすじ>
宇宙に魅了され、毎日宇宙のことばかり考え星空を追い続けていた兄弟がいた。天然パーマの兄・南波六太とツンツンヘアの弟・南波日々人は、幼い頃、月に向かうUFOを目撃し「2人で一緒に宇宙に行こう!」と約束を交わす。それから19年後。弟・ヒビトは約束通り宇宙飛行士となり、間もなく月へ旅立とうとしていた。一方、兄・ムッタは勤めていた自動車会社をクビになり無職となっていた…。そんなムッタの元に、宇宙航空研究開発機構から宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過を知らせる手紙が届く。それは兄に内緒でヒビトが応募したものだった。ずっと約束を忘れていなかったヒビトの想いを受け、ムッタは一度は諦めていた夢に向かって再び走り出す。そして、ヒビトが宇宙へ飛び立つ日がやってきた。LIFT OFFするロケットを見送りながら、宇宙への想いをさらに強くしたムッタ。ライバルたちとの激しい競争の末ムッタが最終試験まで辿り着いたとき、日本人初の月面歩行者となったヒビトの乗ったローバーが月の上で消息を絶つ…。地球と月、遠く離れた場所で同じ夢を描く兄弟。絶望的な状況の中、衝撃と感動の結末が2人を待っていた。
東宝HPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


こちらも漫画が原作です。
アニメ化もされてるし、漫画はまだお話は続いてますけど、映画化しちゃってます😃

そして、あらすじで大分内容伝えちゃってます(笑)

それを見てから本編観ちゃうと感動が半減しそうな気がします⤵

私には宇宙のお話もさっぱり分かりませんが、純粋に夢を追う姿や、兄弟や家族の絆にうるっときちゃいました。
なんだったら、原作読んでみようかな🎵なんて思ってます😃

なのに結構評価低いです・・・。
まぁ、うまくまとまりすぎてる感は否めません。

観終わった後に夜空を見上げると満月だったので、1人で勝手に興奮してました(笑)











posted by みづき at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

ヒミズ

pcbe_54073[1].jpg

ポニーキャニオンより¥4935で発売中

2011年度作品/日本

第68回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)受賞(二階堂ふみ、染谷将太)

<監督・脚本>
園子温

<原作>
古谷実

<出演>
染谷将太(「悪の教典」「アントキノイノチ」
二階堂ふみ(「悪の教典」
渡辺哲(「インスタント沼」
諏訪太朗
川屋せっちん
吹越満(「悪の教典」、「アフロ田中」、「アントキノイノチ」など)
神楽坂恵
光石研(「LOVE まさお君が行く!」「毎日かあさん」「悪人」
渡辺真起子
モト冬樹(「シュアリー・サムデイ」
黒沢あすか(「嫌われ松子の一生」
堀部圭亮(「アントキノイノチ」など)
でんでん(「星守る犬」
村上淳(「軽蔑」
窪塚洋介(「ヘルタースケルター」「源氏物語 千年の謎」
吉高由里子(「探偵はBARにいる」「僕等がいた 前篇」「僕等がいた 後篇」など)
西島隆弘(「スープ・オペラ」
鈴木杏(「ヘルタースケルター」「軽蔑」「まほろ駅前多田便利軒」など)
手塚とおる
清水優(「おと・な・り」
新井浩文(「ヘルタースケルター」、「告白」など)
永岡佑
小林ユウキチ(「軽蔑」
遠藤雄弥(「ハードロマンチッカー」)
深水元基(「BRAVE HEARTS 海猿」「るろうに剣心」「クローズZERO II」
玄覺悠子
矢柴俊博(「るろうに剣心」など)
新納敏正
ペ・ジョンミョン(「ハードロマンチッカー」)
吉田エマ(「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
石川ゆうや
大堀こういち
石垣光代(「パレード」など)
斎藤嘉樹
内田慈(「少林少女」
木野花
宮台真司
永井まどか

<あらすじ>
住田祐一、茶沢景子、「ふつうの未来」を夢見る15歳。
だが、そんな2人の日常は、ある“事件”をきっかけに一変。
衝動的に父親を殺してしまった住田は、そこからの人生を「オマケ人生」と名付け、
世間の害悪となる‘悪党’を殺していこうと決めた。
自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか ──。

ポニーキャニオンHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


初めての園子温作品です。
名前や評判は聞いていましたが、やっと観ることができました。

こちらの原作は漫画ですが、私は未読です💦

舞台は震災後。
この設定は原作とは異なっているようです。

正直、とまどいしかありませんでした。
強烈なキャラのオンパレードで、絶望しかない状況・・・。

ただ、後半の住田くんの人生が「オマケ人生」に変わった瞬間、被災地を舞台にした意味が分かった気がしました。

でも、そうなると原作関係なくなってきますよね。

この監督の作品を観るのって、結構体力使いますね💧

「恋の罪」とか気になってるんですけど。
横になりながら観るようなものではなく、観る側にもある程度の緊張感を持たされるような感じ。

体力付けてから観ます(笑)❗








posted by みづき at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

クレンジングオイル

CIMG4252.JPG

<コーセー エスプリーク プレシャス クレンジングオイル 150ml ¥2625>



オイルクレンジング料ですぴかぴか(新しい)

肌は乾燥知らずの万年油田の私。
なので、オイルも気にせずに使っています。

オイルとは名ばかりで、実際は無色透明のサラサラなテクスチャー。
無香料・無着色です。

落ちないと困るので、いつも多めに使っています。
洗い上がりの油膜感やつっぱりは感じられませんでした。
でも、マスカラまでは落ちなかったバッド(下向き矢印)

Wクレンジングが面倒なので、1度で全部落ちるのが好きなのに。
posted by みづき at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

ヴィジョネア セラム

CIMG4204.JPG

<ランコム ヴィジョネア セラム 30ml ¥10500>



ランコムの美容液ですぴかぴか(新しい)

こちらもハワイでの戦利品手(チョキ)
割引も使って¥5,401で購入できましたexclamation

以前にカウンターでサンプルをもらって気になってましたるんるん

白いほんのりパールの入ったようなテクスチャー。
香りも素敵で癒されますぴかぴか(新しい)

肌に乗せるとサラサラしています。
翌朝の毛穴が全然違いますexclamation
なめらかな肌触りで、ふっくらした肌へと変わった気がします。

これは久しぶりのヒットかもexclamation&question
posted by みづき at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

TIFFANY&Co.

CIMG4203.JPG

<TIFFANY&Co. ティファニー 1837トレードマーク(TM) インターロッキング サークル ペンダント(スモール) ¥41475>
<TIFFANY&Co. ティファニー リボン ピアス 18K ゴールド ¥48825>



初ティファニーですぴかぴか(新しい)

実はハワイで購入したので、円高の恩恵にあずかり、だいぶ安く買えました。
2つで¥52,780でしたexclamation
およそ半額ですよねるんるん
なので、一気に2つも大人買いるんるん

どちらもシンプル。
ピアスはシルバーもあるのですが、ゴールドの方が重厚感があって大人な感じが気に入ってますかわいい
サイズもちょうどいいんです。

ティファニーのアクセサリーって、お手頃価格なのでいっぱい欲しくなっちゃいますね。

もう1つはネックレス。
創業165周年を記念されて作られたもの。
165周年を過ぎてしまいましたけど、まだ販売されてますね。
このリングの重なり具合が可愛いです黒ハート
購入後、大きなサイズも可愛いなぁと思えてきました。

いいお買い物が出来ましたぴかぴか(新しい)
posted by みづき at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

変身

185698-1[1].png

講談社より¥620で発売中

<あらすじ>
世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主の正体を突き止める。

講談社HPより引用)


結構読んでます、東野作品ぴかぴか(新しい)

こちらは、確か蒼井優ちゃんと玉木宏さんでドラマ化されてた気がします・・・が観てません。

脳移植がテーマになっています。

現代でもまだ人間の脳移植は行われていません。
しかし、この作品が発表されたのは1993年exclamation

20年も前なのに、まったく時代錯誤なく、リアリティを持って読み進められました。

途中までは展開の読める作品でしたバッド(下向き矢印)

移植されたことで人格まで変わっていてしまう恐怖・・・。
しかも本人は事件に巻き込まれて脳を損傷し、目覚めたときには脳移植がなされた後。
自分を救うための措置とはいえ、だんだんと自分が自分でなくなっていく様子がとてもリアルでした。
じわじわと他人に乗っ取られていく自分・・・。

そう思うと「自分」って何によって形成されているんだろう?と考えてしまいます。

脳の不思議だけでなく、ミステリー要素もあり、後半の展開は惹きつけられます。

脳移植は将来的には可能なのかも知れません。
実際にはどういう弊害が起こりうるのか分かりませんが、この本を読む限り、お断りしたくなりますね手(パー)
posted by みづき at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

ヘルタースケルター

BIBJ-8227[1].jpg

ハピネットより¥4095で発売中

2012年度作品/日本

<監督>
蜷川実花(「さくらん」

<原作>
岡崎京子

<出演>
沢尻エリカ
大森南朋(「軽蔑」
寺島しのぶ
綾野剛(「るろうに剣心」など)
水原希子
新井浩文
鈴木杏(「軽蔑」「まほろ駅前多田便利軒」など)
寺島進(「LOVE まさお君が行く!」など)
哀川翔
窪塚洋介(「源氏物語 千年の謎」
原田美枝子
桃井かおり

<あらすじ>
最高のショーを、みせてあげる

芸能界の頂点に君臨するトップスターりりこ。しかし、りりこには誰にも言えない秘密があった。
彼女は全身整形。「目ん玉と爪と髪と耳とアソコ」以外は全部つくりもの。

整形手術の後遺症がりりこの身体を蝕み始め、美容クリニックの隠された犯罪を追う者たちの影がちらつく。
さらには、結婚を狙っていた御曹司が別の女と婚約。
生まれついての美しさでりりこの座を脅かす後輩モデル・吉川こずえの登場。
究極の美の崩壊と、頂点から転落する恐怖に追い詰められ、現実と悪夢の狭間をさまようりりこ。
疾走の果てに、世の中を騒然とさせる事件へと繋がっていく・・・。

ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


ついに観ましたexclamation
何かと話題のエリカ様主演作ぴかぴか(新しい)

原作の漫画もこんなに過激なのでしょうかexclamation&question
読んだことないのですが、まさにエリカ様のための作品です。
りりことまさに一心同体でした。

けど、脱ぐ必要はなかったかとあせあせ(飛び散る汗)
話題づくりのためだけに脱ぐのはもったいなかった気がします。

りりこの人生もひっちゃかめっちゃかでしたが、この作品自体もひっちゃかめっちゃかです(笑)








posted by みづき at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

メリーゴーランド

123033[1].jpg

新潮社より¥662で発売中

<あらすじ>
「お父おやすみな・さいしごとがんばつてね。」今日もお疲れ様でした。傑作! 踏ん張るオトナ小説。

過労死続出の職場を辞め、Uターンしたのが9年前。啓一は田園都市の市役所勤務。愛する妻に子供たち、あぁ毎日は平穏無事。……って、再建ですか、この俺が? あの超赤字テーマパークをどうやって?! でも、もう一人の自分が囁いたのだ。〈やろうぜ。いっちまえ〉。平凡なパパの孤軍奮闘は、ついに大成功を迎えるが――。笑って怒って、時々しんみり。ニッポン中の勤め人の皆さん、必読。

新潮社HPより引用)


公務員の職場ってこんなに生ぬるいのexclamation&questionとちょっとカルチャーショックを受けつつ読み進めました。

思わず感情移入してしまいます。
「頑張れ、頑張れexclamation」とつい、エールを送りたくなってしまいます。

赤字テーマパーク「アテネ村」の再建を任された主人公。
でも時間がないexclamation
イベント開催まで1カ月もない中、奇抜なアイデアと人脈を生かし、イベントを乗り切ろうと奮闘します。

イベントまでのお話かと思いきや、その後も描かれています。
もう少し詳しく描いてほしいところが、すーっと触れられずに話が飛んでしまったりと、ちょっと物足りなさはあるものの、仕事をやる気にさせてくれます。

皮肉、ユーモアたっぷり黒ハート

でも主人公の立場は・・・遠慮しておきます。





posted by みづき at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする