2014年06月28日

頼子のために

185401-1[1].png

講談社より¥637で発売中

<あらすじ>
「頼子が死んだ」。17歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶ──という手記を残していた。手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、事件の真相解明にのりだすと、やがて驚愕の展開が!精緻構成が冴える野心作。
講談社HPより引用)


初めての作家さんですが、読みやすかったです。

この父親の手記のどこにひっかることがあるというのか?
すんなりと腑に落ちていた事件が、様相を変えてあんな結末が待っていたなんて。
手記を読んだだけで真相にまでたどり着くのは不可能に近いかと・・・。
すべてに疑いを持ってしまいそうです。

それくらい事件が180度様変わりしました。

何とも言えない読後感。

すべて計算されていたんですね。
すごいです。
posted by みづき at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

QED 百人一首の呪

273607-1[1].png

講談社より¥822で発売中

<あらすじ>
百人一首に仕組まれた美しき謎とは!?
大人気シリーズの原点、第9回メフィスト賞受賞、待望の文庫化!

百人一首カルタのコレクターとして有名な、会社社長・真榊大陸が自宅で惨殺された。一枚の札を握りしめて……。関係者は皆アリバイがあり、事件は一見、不可能犯罪かと思われた。だが、博覧強記の薬剤師・桑原崇が百人一首に仕掛けられた謎を解いたとき、戦慄の真相が明らかに!?

講談社HPより引用)


せっかくアップした記事が消えてしまいショック・・・。

さて、こちらシリーズものの1作目です。
百人一首をテーマにしています。

百人一首は中学時代に頑張って覚えたけど、それ以来です。
もう空で言えなくなってます。

ミステリーというより歴史ロマンと言った方がいいかも。
現代の謎も百人一首の謎も解いちゃいます。

そして登場人物が多すぎます。
特に古典の方・・・。

助手的立場の奈々ちゃんが探偵役の崇に色々と読者目線で質問をしてくれるので、歴史や古典が苦手でも大丈夫です。

真相はちょっと強引な気もしますが、うんちくいっぱいで楽しめるかと思います。

百人一首って奥が深いんですね。
暗記モノとしてではなく、もっと背景を知って覚えれば忘れることはなかったのかも知れません。

「百人一首」って上手く名付けたもんですね。
素晴らしいです。
posted by みづき at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

魔神の遊戯

untitled.bmp

文藝春秋より¥884で発売中

<あらすじ>
名探偵・御手洗潔シリーズ、久しぶりの大長篇!

ネス湖畔の寒村ティモシーで、突如として発生した凄惨な連続バラバラ殺人。空にオーロラが踊り、魔神の咆哮が大地を揺るがすなか、ひきちぎられた人体の一部が、ひとつ、またひとつと発見される。犯人は旧約聖書に描かれた殺戮の魔神なのか? 名探偵・御手洗潔の推理がもたらす衝撃と感動……。ロマン溢れる本格ミステリー巨篇。

文藝春秋HPより引用)


御手洗シリーズが続いてまするんるん

今回は打って変わって舞台は海外。
御手洗の新たな一面を知りました。

でも、海外ものって苦手なんですよねあせあせ(飛び散る汗)
名前とか覚えられなくて。

まさか、こんな展開だなんて知らなかったので、読むのに苦労しました。

しかも章ごとにストーリーが異なるし、一体どうなってるのexclamation&question
余計に混乱しました。

宗教や脳科学に及ぶ分野まで話が広がり、単なるミステリーじゃなくなっています。

今回はトリックを楽しむというよりかは、壮大なお話を楽しむ物語といったところ。

なんかおかしいなぁと思っていたら、最後にどんでん返し(笑)
御手洗ファンなら、騙されることはないのかなexclamation&question
posted by みづき at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

フォーエバー リブレイター セラム

CIMG4374.JPG
<イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター セラム 30ml ¥12420>



発売時から話題の美容液ですぴかぴか(新しい)

独自成分の「グリカンアクティブ」がフォーエバーラインの中で1番使われていて、ふっくらとしたハリのある肌を作ってくれるそうです。

みずみずしい白濁色のテクスチャー。
蓋がスポイトになってますが、1回の量が分かりません(笑)
確かカウンターでお姉さんからは1回の使用量はパール大と教わった気がします。
ですが、スポイトで取れる量が毎回違います。
できれば1度で1回分出てくると助かります。

パール大で足りるかなexclamation&questionという印象はあります。
とっても浸透が早く、伸びがいいわけでもなく水っぽいのでそんなに広がるわけではないんですよね。

頬など重点的に狙いを定めて使っています。

匂いはきつめですが、後をひくことはないので他に使うものの邪魔はしません。

保湿には優れてないと思いますので、乾燥肌の人はこの後にクリーム使いが必要かと思います。

効果は正直あまり感じられないですねあせあせ(飛び散る汗)
肌はふっくらしてるかなexclamation&question

ただ、ここ最近仕事が多忙で食生活もグダグダで睡眠もまともに取れていない状態なのに肌の調子は悪くはないんです。
これのおかげもあるんじゃないかとは思っています。
posted by みづき at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする