2014年08月31日

スティーブ・ジョブズ

jk_dvd[1].png

ポニーキャニオンより¥4104で発売中

2013年度作品/アメリカ

<監督>
ジョシュア・マイケル・スターン

<出演>
アシュトン・カッチャー
ダーモット・マローニー
ジョシュ・ギャッド
ルーカス・ハース(「インセプション」など)
J・K・シモンズ
レスリー・アン・ウォーレン
ロン・エルダード(「SUPER 8/スーパーエイト」など)
アナ・オライリー
ジョン・ゲッツ
ジェームズ・ウッズ
マシュー・モディーン

<あらすじ>
今世紀最高の経営者、人の心を掴むカリスマ──2011年10月5日、56歳の若さで亡くなり、オバマ大統領はじめ数々の著名人が追悼の意を表した、アップル・コンピュータの創業者スティーブ・ジョブズ。一方で彼は、ワガママで傲慢、自分の考えを絶対に曲げず、必要ならば友人さえも追い落とす非情な男とも言われた。なぜ、そんな<嫌われ者>が、世界中の人々から<熱く愛されるデバイス>を創ることが出来たのか──? その疑問に答える、ジョブズ没後初の映画が実現した。1976年、自分とよく似たはみ出し者の友人たちと、自宅ガレージに<アップルコンピュータ>を設立。次々とヒット商品を生み出し、わずか4年で株式を上場、莫大な富と名声を手にする一方で、その激しい性格は多くの敵をつくり、遂には自分がつくった会社からも追放されるという人生最大の挫折を迎える。二度と立ち上がれないような怒涛の修羅場をくぐり抜け、それでも挑戦することを諦めなかった男。誰もが知る天才の、誰も知らない真実に触れ、あなたの人生の可能性も広がる──そんな素晴らしき出会いが、ここにある。
ポニーキャニオンHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


ジョブズを演じているのが、アシュトン・カッチャーだと気付いたのはエンドロールででしたあせあせ(飛び散る汗)

それくらい、見た目から違います。
ずいぶん似せてきてるなぁとは思ってたんですけど。
猫背で歩いたりとか・・・。
まぁ、ジョブズが猫背だったかは知らないんですけどね。

ジョブズを知らない人はいない、この現代。
彼の短かったけれども大きな功績を残すことのなった人生が観られるのかと思い、期待しながら見ました。

けど、描かれているのは、一度追い出された自分が立ち上げたアップルコンピューターに復帰するところまで。
オープニングでは、その後i podを発表するシーンがありましたけど、すぐに学生時代に話が飛んでしまいましたバッド(下向き矢印)

できれば、生涯を描いてほしかったです。
彼の本当の成功はその後ですから。

あれで終わってしまっては、才能はあるけれど単なるわがまま野郎でしかありません。

実際にそうではあったんでしょうけど、比率が合わない気がします。
彼の賞賛すべき側面が少ないような・・・。

それにしても彼は歴史の教科書に載りますよね。

しかも、アイデアをまだいくつか残してたとか・・・。
なくなってもまだ彼の功績は続いていくんでしょう。

そういえば、私のi podどこいったっけexclamation&question
posted by みづき at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

時計館の殺人<新装改訂版>(下)

9784062772952_l[1].jpg

講談社より¥730で発売中

<あらすじ>
本格ミステリならではの驚きと感動、必読の名作!
講談社HPより引用)


背表紙のあらすじを書いておきますと、「館に閉じ込められた江南たちを襲う、仮面の殺人者の恐怖。館内で惨劇が続く一方、館外では推理作家・鹿谷門実が、時計館主人の遺した「沈黙の女神」の詩の謎を追う。悪夢の三日間の後、生き残るのは誰か?凄絶な連続殺人の果てに待ち受ける、驚愕と感動の最終章!第45回日本推理作家協会賞に輝く名作。」とあります。

下巻も420ページもあるのですが、展開が気になって4日で読んでしまいました。
私にとってはハイペースです。

下巻でも殺人がとまりませんたらーっ(汗)
次から次へと殺人が起こります。
事件を解決しなくても、生き残った奴が犯人じゃないの?となかば推理もあきらめかけました(笑)

そこは綾辻マジックぴかぴか(新しい)
しっかりと伏線がありましたね。
上巻と一緒に読みたかった・・・。

家にはあるんですが、持ち歩いてはいないので、解決中に伏線を提示されるとどうしても読み返したくなっちゃうんですよたらーっ(汗)

自分でもいいとこついてましたよ(笑)
そりゃ、容疑者がどんどん減っていきますからねわーい(嬉しい顔)

トリックには驚かされました。
そんな壮大な仕掛けが目

いくら事情があったとはいえ、やりすぎかと。

スケールの大きさにはビビりましたが、なんだか切なくてすっきりしない読後感です。
posted by みづき at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

時計館の殺人<新装改訂版>(上)

9784062772945_l[1].jpg

講談社より¥730で発売中

<あらすじ>
「針のない時計塔」は何を語る? 百八個の時計が恐怖を刻むシリーズ代表作!
講談社HPより引用)


これだけではストーリーがわかりづらいですねあせあせ(飛び散る汗)

背表紙には「鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班″の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!不朽の名作、満を持しての新装改訂版。」とあります。

「十角館の殺人」に次ぐ館シリーズです。

シリーズ2作目ということではないですが、やはりせめて十角館は読んでからのほうがいいですねるんるん

365ページですが、さくさくと読めてしまいます。

上巻は時計館に閉じ込められて、どんどんと殺人が行われていきます。
絶妙に情報量を小出しで与えられるのですが、この中にヒントが隠されているのだろうなぁとは思いつつも全く犯人像を絞ることさえできていません。

登場人物は決して多くないのに、ハイペースでの殺人事件。
どんどん容疑者は少なくなっていくのにわかりません。
誰もが怪しい・・・。

旧館と新館で繰り広げられるあまりにも違いすぎる時間の流れ。

結末が楽しみで仕方ないです。
posted by みづき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

奇想、天を動かす

9784334716622.jpg

光文社より¥720で発売中

<あらすじ>
主婦を刺殺し逮捕された浮浪者の老人は、なぜか完全黙秘。吉敷は捜査の結果、巨大な犯罪の構図を突きとめた―。壮大なトリックを駆使した傑作。(解説・司 凍季)
光文社HPより引用)


吉敷竹史シリーズJとなってますが、吉敷さんはお初にお目にかかります。
初めまして、こんにちは。

このあらすじだと、たいして面白みが伝わりませんね。
ってか、主婦じゃないし。

裏表紙には・・・
「浅草で老人が、消費税十二円を請求されたことに腹を立て、女性店主をナイフで刺殺した。だが老人は氏名すら名乗らずに完全黙秘を続けている。この裏には何かがある!?警視庁捜査一課の吉敷竹史は、懸命な捜査の結果、ついに過去数十年に及ぶ巨大な犯罪の構図を突き止めた!壮大なトリックを駆使し、本格推理と社会派推理とを見事に融合させた傑作!」とあります。

若干ネタバレ感も否めないのですが・・・。

間取ったくらいにできないものでしょうか?

消費税12円とあるように、これは1989年に時発表されたもの。
消費税が施行された年です。

不思議なお話と現在の事件とを織り交ぜながら物語は進んでいきます。

構成が絶妙です。

老人が女店主を殺したことには変わりありません。
ですが、すべてを知った時、見方がガラッと変わります。

最後は電車の中で読み終えましたが、思わず泣いてしまいました。
必死にこらえましたが、無理でした。
家で一人だと号泣したことでしょう。

読後感はスカッとすることはできません。
重い鉛のようなものが心の中にあります。

ですが、私たちはこれをしっかりと受け止めなくてはいけません。
posted by みづき at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

フューチャーサイエンス ホワイト ウォッシングクリーム

CIMG4382.JPG

<コスメデコルテ フューチャーサイエンス ホワイト ウォッシングクリーム 130g ¥3240>



先日、SK−Uを紹介したばかりですが、また洗顔料ですあせあせ(飛び散る汗)

ホワイトニングがを目的で使ったわけではないですたらーっ(汗)
ホワイトニングならライン使いしたほうが効果がすぐに現れると思っています。

こちらは、「黄ぐすみも過剰な皮脂汚れもすっきり落として、明るく澄んだ肌に洗い上げる洗顔料」だそうでするんるん
まさに私にうってつけexclamation

クレイ成分が配合されてるそうなので、吸着力に期待しました。

白いテクスチャーでいい香りがしまするんるん

洗い上がりはさっぱりとして、余計な皮脂が落ちたように感じられます。
かといって乾燥するほどのさっぱり感でもありません。

つるんとしたお肌になれます。
posted by みづき at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする