2016年03月24日

予告犯

jacket_photo-w360-h360[1].jpg

TCエンタテインメントより¥4104で発売中

2015年度作品/日本

<監督>
中村義洋(「白ゆき姫殺人事件」など)

<原作>
筒井哲也

<出演>
生田斗真(「僕等がいた 後篇」など)
戸田恵梨香
鈴木亮平(「ホットロード」など)
濱田岳
荒川良々(「ジャッジ!」など)
宅間孝行
坂口健太郎
窪田正孝
小松菜奈
仲野茂(「クローズEXPLODE」「少年メリケンサック」
田中圭
滝藤賢一
本田博太郎
小日向文世

<あらすじ>
明日の予告を教えてやる。

事件は唐突に始まった。Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた“シンブンシ”と名乗る「彼」は、法では裁かれず、見過ごされがちな罪を犯した者たちを暴露。そして「彼」なりの制裁を加えていく。集団食中毒を起こした食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。すると食品加工会社で火災が発生した。ネット犯罪を取り締まる、警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香は、この謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。捜査を続ける吉野はシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることに気付く。それでも「彼ら」は吉野をあざ笑うかのように、予告と制裁を繰り返していく。そして予告配信現場に残される“ネルソン・カトー・リカルテ”という謎の文字。巷には「彼ら」を神と崇める模倣犯も出現し、マスコミの報道は過熱。遂には政治家殺害予告にまで至り、社会現象へと発展していく。果たして「彼ら」をこの凶行に駆り立てた真の目的とは?吉野は「彼ら」の知られざる過去に事件解決の糸口を見出すのだが・・・。ネット社会を震撼させる衝撃の結末とは一体?

TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


最近の斗真は犯罪者役が多い気がしますね。

漫画が原作のようですが、未読です。

ネットやSNSでの失言にも私刑を与えていく「シンブンシ」。
実社会でもおふざけとか他人の個人情報漏えいとか多いですよね。
そのニュースを見るたびにモラルの低下を感じますが、失言にまで制裁を与えていくのには少し疑問だったのですが、だんだんとターゲットはエスカレート。
しかも抹殺するとまでも予告します。

正義の味方の範疇を越えていく彼らのやり方に疑問を感じたころに、急に物語は一変します。
お得意の中村監督のやり方ですね。
見方がガラッと変わりました。

悪を制裁してスカッとさせてくれるものかと思っていたら結末は意外な方向へ進みました。
ラストも切ないです。
すべての意味を理解した後は涙があふれました。
posted by みづき at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

県庁おもてなし課

321205000210[1].jpg

角川書店より¥761で発売中

<あらすじ>
ふるさとに恋する観光小説!

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!

角川書店HPより引用)


映画化されたのは知っていますが、観ていません。
けど、キャストは頭の中に入っていて、掛水くんは錦戸亮くんのイメージで読んでいました。
多紀ちゃんは堀北真希ちゃんとは違うような・・・。

有川さんって高知県出身なんですね。
この作品を読んで初めて知りました。
「阪急電車」を書かれているし、関西の方かと思っていました。

高知県を舞台に描かれています。
実際に高知県には「おもてなし課」があるそうですが、実際のお仕事内容は異なるそうです。

高知には行ったことありますが、確かに観光の目玉って少ないですよね。
県内が広いのに交通インフラが整っていなくて不便だったり・・・。

まさにこの通りに観光産業に力を入れればいいのにと思うほど、内容はしっかりしています。
ノンフィクションかと思うくらい。

地元愛にあふれる人々や、お役所感覚の抜けきれない県庁職員、そこに加わる若いパワー。
紆余曲折しながらもみんなが一丸となってプロジェクトを成功させようと頑張る姿に、こっちまで元気をもらえました。
まるで自分もチームの一員になったような気にさせてくれました。

恋愛要素はちょっと余計かな?と思いつつも、お話しをほのぼのとさせてくれてはいました。
posted by みづき at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

ジェニフィック アドバンスト

CIMG4495.JPG

<ランコム ジェニフィック アドバンスト 30ml ¥10800>



リニューアルされたジェニフィック。
リニューアル前から使っています。

免税店で安く購入するつもりだったのですが、50mlのサイズしかなくて日本で購入しました。

まず使ってみて感じたのが、スポイト部分の改良。
蓋がスポイトの役目にもなっていて、1回の適量が出せるようになりました。
使いやすくていいですね。

美容液ではありますが、ブースターの様な役割。
洗顔後すぐにこれを使います。
ぐんぐんと浸透していくのが面白いです。

そのあとにつける化粧水の邪魔もしません。

効果については、即効性はないのかな?
特にこれといった変化は感じられません。

今ではジェニフィックシリーズも充実してきましたね。
マスクまで出てるし。
これで効果がでればマスクも使ってみたいですね。
posted by みづき at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

LeSportsac

CIMG4491.JPG

<LeSportsac $25.13>



こちらもハワイで購入しました。
ハワイとおそらくグアム限定の柄です。

調べるとずいぶん前のモデルだそうですが、普通にまだ売ってました。
可愛い柄なので同じものを友達のお土産にしてお揃いにしました

普段の化粧ポーチとして活用させています。
マチもあって、容量もそこそこ入ります。

レスポは柄も豊富なので、なかなか人とかぶらないのもいいですよね。
海外だと限定商品もあるので必ずチェックします。
posted by みづき at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

ブレイブ・ストーリー(上)

200511000125[1].jpg

角川書店より¥720で発売中

<あらすじ>
僕は運命を変えてみせる――。勇気と感動の冒険ファンタジー、ついに文庫化

亘はテレビゲームが大好きな普通の小学5年生。不意に持ち上がった両親の離婚話に、ワタルはこれまでの平穏な毎日を取り戻し、運命を変えるため、幻界〈ヴィジョン〉へと旅立つ。感動の長編ファンタジー!

角川書店HPより引用)


やってしまいました
これ、3巻セットなんですね(笑)
買うときに気付かずに(おそらく、中・下巻は隣になかったはず・・・)、上巻のみ購入してしまいました。

そして、最後まで読んで中巻へつづくの文字を見て、3巻ものだということに気付きました(笑)

慌てて本屋に行ったのですが、やはり中・下巻は売り切れていた様でありませんでした。
なので、続きを読むのはしばらくお預け。

上巻のストーリーを忘れてしまいそうですが、ちょうど冒険が始まったあたりなので大丈夫そうです。
上巻はほぼ現実世界のお話しでしたからね。
子供も読める内容だとは思うのですが、大人の事情とかも出てきて、子供にとっては複雑ですよね。

ファンタジーは普段読まないのですが、宮部さんの作品なので気になっていました。
これからどんな展開になるのか楽しみです。
posted by みづき at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

ロシア幽霊軍艦事件―名探偵 御手洗潔―

180024[1].jpg

新潮社より¥724で発売中

<あらすじ>
湖から一夜で消えた軍艦。秘されたロマノフ朝の謎。

箱根、富士屋ホテルに飾られていた一枚の写真。そこには1919年夏に突如芦ノ湖に現れた帝政ロシアの軍艦が写っていた。四方を山に囲まれた軍艦はしかし、一夜にして姿を消す。巨大軍艦はいかにして“密室”から脱したのか。その消失の裏にはロマノフ王朝最後の皇女・アナスタシアと日本を巡る壮大な謎が隠されていた――。御手洗潔が解き明かす、時空を超えた世紀のミステリー。

新潮社HPより引用)


久しぶりの島田作品です。

めちゃくちゃ面白くてドハマりして一気に読みました

あわや、歴史的事実として認識してしまいそう(笑)
歴史好きな方からすれば突っ込みどころ満載なのかもしれませんが、何も知らない私にとっては説得力がありました。

スケールが大きすぎるのですが、圧倒的な筆力で呑み込まれました。
歴史的背景を知らないので、読み終わった後にウィキペディアでちゃっかり調べましたけど(笑)

トリックがすごいとうよりも、この壮大な物語を思いついたことが素晴らしい
もちろん悲しい物語でもあるのですけれど。

構成もいいし、この謎を解くのが御手洗であるのもちょうどいいキャラで、すべてがぴったりと合っています。

ないとはわかっていても、富士屋ホテルに行きたくなります。

久しぶりに読んでいて興奮した作品でした。
posted by みづき at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする