2016年04月22日

Another(上)

201106000725[1].jpg

角川書店より¥720で発売中

<あらすじ>
夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木が悲惨な死を遂げた!
この“世界”ではいったい何が起きているのか!?いまだかつてない恐怖と謎が読者を魅了する。名手・綾辻行人の新たな代表作となった超本格ホラー。
(裏表紙より引用)


「殺人鬼」を思い起こす綾辻作品です。

学園ホラーというか独特な世界観が広がっています。

設定としてはあり得ないとは思いつつも先が気になります。
クラスに隠された秘密をやたら引っ張られてだれ気味でしたが、ようやく最後に明かされます。

「ふ〜ん」

としか言えないです(笑)
この後、どうなっていくのか下巻を読んでみます。

全体的には中高生向きかな?
posted by みづき at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

201011000088[1].jpg

角川書店より¥720で発売中

<あらすじ>
2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年。日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるが……。
角川書店HPより引用)


映画化もされていますが、観れていません。
というか、途中で挫折しました。

独特なルールが存在する世界でのお話しなので、最初は理解するのに時間がかかりました。
やはり、先に本を読んだ方が分かりやすいかも。

でも、キャストは頭に入っていたので、読んでいるときは完ぺきに頭の中は岡田君と榮倉奈々ちゃんでした
これもナイスキャスティングですね。

登場人物のキャラクターもそれぞれに面白いです。

かなりエンターテイメント性の高い内容です。

郁の暴走っぷりや図書隊の活躍もいいのですが、やはり堂上教官とのやりとりが好きです
読んでいてこっちまで恥ずかしくなるくらい初々しい二人。

自由に本が読めるということに感謝しながら、続編も読みます

作品中のような世の中になりませんように。
posted by みづき at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

カラフル

img_3004227de4689fe43db5aad116f24b77111348[1].jpg

文芸春秋より¥550で発売中

<あらすじ>
不朽の名作が、ついに文庫化!

生前の罪で輪廻サイクルから外されたぼく。だが天使業界の抽選に当たり、自殺を図った少年の体へホームステイ。新生活が始まった

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」生前の罪により、輪廻のサイクルから外されていた僕の魂は、天使業界の抽選によって再挑戦のチャンスを得た。それは、自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならない修行だった。天使のガイドのもと、真として過ごすうちに、僕は家族や友人の欠点が見えてくるようになって……。深刻なテーマを、森さんならではのユーモアで包み、あたたかくホロリとさせる不朽の名作、ついに文庫で登場です。

文芸春秋HPより引用)


初めての森作品です。

249ページとても読みやすかったです。
主人公と同じ世代の子供達でも十分読める内容です。
むしろ、その世代に向けて書かれているのかも。
ぜひ、中学生に読んでほしい作品です。

他の角度からも物事を捉えることでまた違って見えてくる景色もあります。
一人で悩まないでというメッセージが強く伝わってきます。
「カラフル」っていうタイトルもいいですね。

映画化もされているそうです。
お母さん役が解説も書かれている阿川佐和子さんだそうです。
適役ですね。
観てみたいです。
posted by みづき at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

まほろ駅前多田便利軒

img_0e5397e6db9718370c81124dc191e16b193805[1].jpg

文芸春秋より¥604で発売中

第135回直木賞受賞

<あらすじ>
痛快でやがて切ない便利屋ものがたり。直木賞受賞作!

ペットの世話・塾の送り迎え代行・納屋の整理・恋人のふり−−そんな仕事のはずだった。元同級生の多田・行天がくりひろげる日常と冒険

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.−−ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。解説・鴻巣友季子

文芸春秋HPより引用)


映画は先に観ました。
なので、完全に多田と行天のイメージは瑛太と松田龍平で読み進めました。
先入観ありきですが、いいキャスティングですね。
作品のイメージとすごく合っていると思いました。

映画もこの二人のゆるさが反映されてたと思います。
ストーリーは覚えていないところもありましたが、雰囲気はとても覚えています。

原作でも掛け合いが面白いです。
ゆるいのに、熱くて根はまじめ。

二人が背負っている重い過去もだんだんと明らかにされていきます。
決してさらっと読める作品ではないですが、読後感はいいです。

続編も出ているので、また読んでみたいな
posted by みづき at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする