2016年05月23日

マリアビートル

321302000007[1].jpg

角川書店より¥802で発売中

<あらすじ>
物騒な奴らが再びやってきた! ノンストップエンターテインメント

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

角川書店HPより引用)


「グラスホッパー」に続く殺し屋のお話しだそうですが、すでに「グラスホッパー」の内容を覚えていません。

もともと記憶力が悪いので、特に印象がないと忘れてしまします。

けど、「グラスホッパー」を知らなくても問題なく読めます。

偶然なのか必然なのか同じ新幹線に乗り合わせた殺し屋たち。
「こんな新幹線は嫌だ〜」と鉄拳もいいそうなくらいの勢いです。

閉じ込められたはずの車内で起こる殺人。
誰が敵なのかすらわからずに疑心暗鬼になる状況。

次々と変わる場面についていくのが必死です。

トーマス好きの殺し屋とか、なかなか面白い設定もあるのですが、どうも王子が好きにはなれなかったです。
出番は少なかったけど、木村母も好きです(笑)

絶賛してる方が多い中、そこまで楽しめなかったのは残念です。
posted by みづき at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

PPCB-141504_S[1].jpg

原題:MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION

2015年度作品/アメリカ

パラマウントより¥5076で発売中

<キャスト>
トム・クルーズ
ジェレミー・レナー
サイモン・ペッグ
レベッカ・ファーガソン
ヴィング・レイムス
ショーン・ハリス
アレック・ボールドウィン
サイモン・マクバーニー
チャン・チンチュー
トム・ホランダー
イェンス・フルテン
ハーマイオニー・コーフィールド

<あらすじ>
IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織<シンジケート>を秘密裏に追跡していたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。目覚めると後ろ手に拘束されており、目の前には謎の女と、3年前に死亡したはずのエージェントがいた。まさに拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンは<シンジケート>の殲滅を誓うのだが、彼は国際手配の身となっていた……。組織の後ろ盾を失ったイーサンと仲間たちが挑む、究極の諜報バトルの結末は――?
パラマウントHPより引用)


<おすすめ度>
★★☆☆☆


シリーズ第5弾。
なんだかんだで全作品観ています。

けど、トムもここまでかな?と思うほど、おじさまになってきたし、ストーリー展開も限界に思えてきました。
ストーリーは毎回ひねってきて、頭を使わないと1度では理解できないほど2転3転します。
誰が敵で誰が味方かもわからなくなる・・・。

相変わらず派手なアクションは健在です。
posted by みづき at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

ジュエリングアイズ

CIMG4501.JPG

<資生堂フィティット マジョリカマジョルカ ジュエリングアイズ RD784 ¥1620>



マジョリカマジョルカのアイシャドウです
色番はRDとなってますが、赤々とした色ではないです。
どちらかと言うと、ブラウンよりです。

マジョマジョは若い子向けなので、もっとパステルカラーや色味の強いイメージがありましたが、意外に落ち着いたパレットもあるんですね(笑)

マジョマジョはマジョルックのほうが有名なので、こちらは珍しいかも。
しかもお色も人とかぶったことないような気がします。

4色パレットで、それぞれの量が違っています。
ありがたい配慮・・・。
のはずなんですが、私は使用するバランスが悪いみたいで、左下の色が1番なくなっています。

お色は右上から時計回りに・・・

ラメベージュ:色味はほとんどつかなく、塗るとラメが分かる程度。ベースや下瞼に。

ボルドーブラウン:紫も入っていて、光の加減によってはボルドーにもブラウンにも見えます。こちらもラメ入り。ラインや締め色として。

ピンクベージュ:何よりこの色が大好き
ラメも入ってますが、優しい目元に仕上がります。メインのカラーとして。

ホワイトベージュ:ベージュが入ったホワイトべース。1番ラメが入っています。ベースや目頭に。

正直、上の2色に大差はないです(笑)
基本的に発色弱めなのですが、メインカラーはしっかりと発色してくれます。
締め色も何度も重ねてやっとわかる程度です。

これをつけていると色を褒められました

モチは決してよくないです。
夕方にはヨレてるので、お直しが必要です。
posted by みづき at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

Spick and Span

CIMG4499.JPG

<Spick and Span ¥14,020>



流行のホワイトデニムです。
普段、パンツルックはあまりしないのですが、ホワイトだと夏でもさわやかに履けるかなぁと思って、1本購入してみました

あまり太ももまわりがピチっとしているのが好きではないので、余裕のあるサイズにしたのですが、これが大きすぎた(笑)

チュニックなどの丈の長いトップスと合わせて着るようにします。
posted by みづき at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

マスカレード・ホテル

978-4-08-745206-8[1].jpg

集英社より¥820で発売中

<あらすじ>
都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場としてあるホテルが浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリ! 新シリーズ、スタート。
集英社HPより引用)


これだけではあらすじがわかりにくいので、裏表紙を転記しておくと・・・。
都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。
とあります。

ちょっと無理やりのある設定かなと思いつつも、のめりこみました。
刑事が潜入捜査で、実際の接客までさせられるなんて、ちょっと非現実的ですよね。

けど、そこは東野さん。
事件の真相も気になるし、尚美のホテルマンとしての振る舞いにも感心させられるしで、読む手が止まりませんでした。

確かに超がつくほどの一流ホテルは接客は全然違いますよね。
それ以外のホテルは、全部一緒。
今度は奮発していいホテル泊まってみようかなぁと思ったり(笑)

尚美の接客は、サービス業の鏡ですよね。
ホテルマンも刑事並みの洞察力を持っていて、瞬時に目の前のお客様のために最良の判断を下す。
人が好きでないとこなせない仕事かもしれません。

尚美と新田のコンビも最初は衝突しあいつつも、お互いの仕事を尊敬しあい、理解していくさまは見ていて気持ちよかったです。
変に恋愛に走らなかったのもよかったです。

いろんなところに伏線が張られていて、それが最後に一気につながるのはお見事。

肝心の事件は思わぬ真相でしたが、引っかかっていた部分ではあったんですよね。
それが真相につながり、納得。
ただ、動機も事情も理解するけど、ここまで手の込んだ事件を起こさなくても・・・なんて言ったら、元も子もないね。
posted by みづき at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

Another(下)

201106000724[1].jpg

角川書店より¥720で発売中

<あらすじ>
不思議な美少女・見崎鳴とともに謎を追う恒一。だが核心に迫れないまま“現象”は続いてゆく。そして夏休み、運命のクラス合宿で彼らを待ち受ける真実とは!? ゼロ年代の幕引きを飾った本格ホラー、驚愕の完結編。
角川書店HPより引用)


完結の下巻です。

ラストの真相が明かされてからの展開は、続きを読みたい一心でページをめくっていました。
まさか・・・というラストでした。
全く疑っていなかったので。

ただ、気にはなっていた存在ではありましたが、見抜けなかったですね。
アニメではどのように描かれているのでしょう?

ただ、冷静になって考えてみると、呪いを断ち切ったわけではないですよね。
今年の災厄が終わっただけであって、来年はまた繰り返されるかもしれないと思うと、すっきりしないです。

ただ、こんなクラスはいやだ。(←鉄拳のネタでありそうですね。)
自分が三年三組のクラスメイトになって、不可思議な現象を教えられて、納得できる自信がありません。
絶対町から逃げ出します(笑)

似たような小説を読んだことあるなぁと考えていたら、「冷たい校舎の時は止まる」に似ていますね。
posted by みづき at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする