2016年07月31日

サバイバー

HPBR-41[1].jpg

原題:SURVIVOR

ハピネットより¥4212で発売中

2015年度作品/アメリカ・イギリス

<監督>
ジェームズ・マクティーグ

<出演>
ミラ・ジョヴォヴィッチ
ピアース・ブロスナン
ディラン・マクダーモット
アンジェラ・バセット
ロバート・フォスター(「ファミリー・ツリー」
ジェームズ・ダーシー
フランシス・デ・ラ・トゥーア(「ヒューゴの不思議な発明」など)

<あらすじ>
ロンドンの米国大使館に派遣されたエリート外交官で危機管理の専門家ケイト・アボット。彼女の任務はアメリカへの不法入国を狙うテロリストたちを阻止すること。年の瀬も押し迫った12月29日、ケイトはある不審な入国者に気が付くが、直後爆破テロに巻き込まれ、その犯人としてアメリカ国家、イギリス警察、そして最凶最悪のテロリスト“時計屋”から追われることになる。必死の逃亡を続けながらも、大晦日のNYタイムズスクエアにテロの脅威が迫っていることを知ったケイトは厳重な警備の目をかいくぐって、一人ニューヨークへ飛ぶ。果たして、たった一人で100万人を救うことが出来るのかーー?
ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


97分と短いので、もっと導入部分で人物描写に時間を割いてほしかったです。
アボットが優秀な外交官というのもわからないし、仕事の内容も不明。
なのに、すぐの一人の不審人物に気付き、そいつがテロ実行犯と関係のある人物だったなんて出来過ぎです。

イギリス警察やテロリストからも追いかけられて、どうやってNYのテロを阻止するのかはドキドキでしたが、意外にもあっさり。
こんな危機管理が緩いんだったらテロリストも簡単に入国できちゃうよね。

そもそもあらすじの時点でNYでのテロを明かしちゃってるし。

アクションも中途半端です。
もっと二人の心理線などを描いてほしかったです。
posted by みづき at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

きらきらひかる

133911_l[1].jpg

新潮社より¥497で発売中

第2回紫式部文学賞受賞

<あらすじ>
私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである――。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが……。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは? 傷つき傷つけられながらも、愛することを止められない全ての人々に贈る、純度100%の恋愛小説。
新潮社HPより引用)


超がつくほどの名作。
25年も前の作品なんですね。
けど、その奇抜な設定のせいか、なぜか今まで敬遠してました。

209ページと数時間で読めてしまう短さ。

読んだらこれが面白い。
とても優しい愛に包まれたお話です。

恋愛小説ではないのに純愛小説です。
いつまでも睦月と笑子を見ていたくて、終わってほしくなかったです。

今にも崩れそうなギリギリのバランスで成り立っている関係。

こんな形の夫婦がいても全然おかしくないと思うんですけどね。
夫婦の形も愛の形も人それぞれ。
posted by みづき at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

魔術はささやく

136911_l[1].jpg

新潮社より¥767で発売中

第2回日本推理サスペンス大賞受賞

<あらすじ>
それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた……。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。
新潮社HPより引用)


宮部さんの初期の作品です。

全く古臭さを感じさせません。
現代にも通じる闇の部分を描きだしています。

事件の行方も気になるし、守の過去も気になるし・・・と思っていたら、最後に見事に回収されました。
想像していた内容と違っていたので、いい意味で裏切られました。

こういうトリックが使えるのかは謎ですが、恐ろしい事件ですね。

いろんな憎しみが出てくる中、守の同級生のあねごはいいキャラしてますね。
posted by みづき at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする