2016年09月03日

PANDEMIC パンデミック

jacket_photo-w360-h360[1].jpg

原題:PANDEMIC

2015年度作品/アメリカ

TCエンタテインメントより¥4104で発売中

<出演>
レイチェル・ニコルズ
アルフィー・アレン
ポール・ギルフォイル
パット・ヒーリー
ダニエル・ローズ・ラッセル
ミッシー・パイル(「アーティスト」)
メキー・ファイファー(「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」

<あらすじ>
原因不明のウィルスが蔓延するアメリカ。感染者の症状は5段階に分かれ、レベル1は治る可能性があるが、レベル5にまで達すると暴徒化し、治す余地なしと診断されていた。CDC(疾病)センターのドクター、ローレンは、崩壊したニューヨークから未感染者を助けるべくロサンゼルスの救助チームへ派遣される。目的は感染の疑いが無い人間を探し検査すること。検査結果が赤なら保護、黒なら放置。

ローレンを含む314チームは防護服に身を包み、暴徒と化した感染者を倒しながら、未感染者の救出へと向うが――。
 
TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


パニック系です。
が、後半から意味合いが変わってきます。

そもそもなぜこういう事態になったかの説明が一切なく、いきなり未感染者の救出任務にあたるところから始まります。

レベルの説明はあっても、どうやって対処すべきなのかや弱点などが分からず、無駄に戦ってるように見えます。

そもそも救出する意味があるのかも不明。
センターを出るまでにもゾンビに襲われ、目的地にも未感染者はいないし。

そして、主人公に感情移入できない。
半分は演出の問題もあり、これ以上はネタバレにもなるので詳しくは伏せておきますが、好きになれなかったです。

ラストは、ちょっとだけスカっとしました。
因果応報。
って、かなり性格悪いですね、私。
posted by みづき at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする