2009年01月20日

陰日向に咲く

VPBT-13125l[1].jpg

バップより¥3675で発売中

2008年度作品/日本

<監督>
平川雄一朗(「そのときは彼によろしく」

<原作>
劇団ひとり(「どろろ」「嫌われ松子の一生」

<出演>
岡田准一(「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」
宮崎あおい
伊藤淳史(「西遊記」など)
平山あや
緒川たまき
本田博太郎
北見敏之
山本龍二(「恋空」
根岸季衣(「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
生田智子(「タッチ」
堀部圭亮
池内万作
戸田昌宏
近藤公園(「武士の一分(いちぶん)」
平岩紙(「クワイエットルームにようこそ」など)
諏訪雅
浜田学(「パッチギ! LOVE&PEACE」
増本庄一郎
岩田丸
木幡竜
松岡恵望子
鈴木アキノフ
菅谷大介
佐野夏芽
澤純子
西田敏行
塚本高史
三浦友和

<あらすじ>
東京、夏。
ギャンブルから抜け出せず、なかなか借金が返せないシンヤ。
母の初恋の人を探すべく、思い出の地をたどっている寿子。
崖っぷちアイドルのみゃーこを応援するゆうすけ。
サラリーマンのリュウタロウ。
それぞれ平凡な毎日を送っているはずだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


劇団ひとりのベストセラーの同名小説の映画化です。

こちらの原作は、珍しく読みました本
原作は連作短編集になっているので、それを1つのストーリーとして全員を交錯するようなお話にまとめ上げるのは、ちょっと大変そうあせあせ(飛び散る汗)

登場人物も多く、さまざまな人たちの人間模様が描かれています。

日の当らない人・・・。
私もその1人だし、毎日平凡な生活を送っています。

でも、みんなつながってるんだなぁって。
支えあって生きているんだなぁって思えました。

日の当たる、自分をもってしっかり生きているような人でも、太陽の光は陰を作ります。
誰にだって日向と日陰はあるんです。
太陽とどう向き合うかが大切なんでしょうねぴかぴか(新しい)








posted by みづき at 23:18| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

限られた時間枠の中で、上手くまとめている作品でしたね。
気持ちが明るくなる作品でした。

P.S.
「日が当たらない」と思っているみづきさんを、
影ながら見ている人はきっといますよ(^^)
Posted by Prism at 2009年02月15日 15:54
Prismさんへ☆

こんばんは。

原作は登場人物も多いし、お話も複雑に絡み合っているのですが、うまく削ぎ落してましたね。

励ましのお言葉もありがとうございます!
そう思いたいですね。
Posted by みづき at 2009年02月18日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オムニバス感動作の難しさ●陰日向に咲く
Excerpt: ひとり じゃない。  ――― (公式キャッチコピー) 『陰日向に咲く』 陰日向に咲く - goo 映画 ギャンブル好きが高じて借金まみれにな...
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2009-02-15 15:50

『陰日向に咲く』'08・日
Excerpt: あらすじギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たし取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとするが、電話に出た悲しく優しい老婆の声にシンヤ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-02-21 23:56

「陰日向に咲く」
Excerpt: お笑い芸人「劇団ひとり」の同名小説の映画化。 珍しく原作は読んでました。 家のトイレに置いてあったので・・・。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2010-10-07 01:49