2009年12月23日

少年メリケンサック

VPBT-13357l[1].jpg

バップより¥3990で発売中

2008年度作品/日本

<監督・脚本>
宮藤官九郎(「クワイエットルームにようこそ」「魍魎の匣」など)

<出演>
宮崎あおい(「陰日向に咲く」など)
木村祐一
勝地涼
田口トモロヲ(「オリヲン座からの招待状」など)
三宅弘城(「マリと子犬の物語」「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」など)
峯田和伸
ピエール瀧
佐藤智仁
波岡一喜
石田法嗣
広岡由里子(「ゲゲゲの鬼太郎」
池津祥子(「魍魎の匣」「フラガール」
児玉絹世
水崎綾女
細川徹
我孫子真哉
チン中村
村井守
星野源(「69 sixty nine」)
田中馨
伊藤大地
浜野謙太
田辺誠一
哀川翔
烏丸せつこ
犬塚弘
中村敦夫
UG
JAPAN-狂撃-SPECIAL
遠藤ミチロウ
仲野茂
日影晃
佐藤一博
平間至
箭内道彦
ユースケ・サンタマリア(「キサラギ」
佐藤浩市(「アマルフィ 女神の報酬」「感染列島」「ザ・マジックアワー」など)

<あらすじ>
レコード会社新人発掘部で成果を上げられず、契約切れ目前のOLのかんなが、動画サイトで見つけた“少年メリケンサック”のライブ映像。
そこには凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンが!!
さっそく契約を取るために会いに向かったかんなが見たのは、なぜか酔い潰れた50過ぎのオッサン!!
カンナが見つけた映像ははんと25年前の物だったのだ。
かんなの驚愕をよそに“少年メリケンサック”の人気はネット上で大爆発!
全国のライブツアーが次々と決まっていく・・・。
このまま出たら暴動必至。
果たして、かんなと〈少年メリケンサック〉の命運は!???
全国ライブツアーは成功するのか???

バップHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


宮崎あおいちゃん、はじけてますねぇ目
濃いおっさんたちに囲まれて(笑)、まさかのハイテンションキャラで、おとなしそうなイメージを裏切ってくれてます。

評価悪いようですが、私は楽しめましたるんるん
クドカン節は相変わらず健在なのですが、音楽映画ということで音楽はまじめです。

なんて言いましたが、パンクなんて分かってないんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

「ニューヨークのマラソン〜♪」が頭から離れません。











posted by みづき at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック