2010年02月09日

私がクマにキレた理由(わけ)

img[1].jpg

原題:THE NANNY DIARIES

FOXより¥3990で発売中

2007年度作品/アメリカ

<監督・脚本>
シャリ・スプリンガー・バーマン
ロバート・プルチーニ

<出演>
スカーレット・ヨハンソン
ローラ・リニー(「アメリカを売った男」
アリシア・キーズ
クリス・エヴァンス
ニコラス・リース・アート
ドナ・マーフィ(「ワールド・トレード・センター」、「スパイダーマン2」)
ポール・ジアマッティ

<あらすじ>
ステキな仕事についてエリートになる!はずだったアニーは、ひょんなことからマンハッタンの超ゴージャスなセレブの家で息子の世話をする“ナニ―”として働くことに。
雇い主は、美しく高慢な“ミセスX”。
自由なニューヨーク生活を夢見ていたアニーは、勝手なセレブ親子に24時間振り回されっぱなし。
言いたいことも言えない、プライベートもない、恋もできないそんな仕事なんて辞めてやる!
本音を爆発させ、キレてしまったアニーが見つけた未来とは?
曖昧な自分に決別するアニーを見て、あなたも明日に向かう元気と勇気をもらえるはず!!

FOXHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


書籍の映画化だそうです。

この何とも言えないダサい邦題がきになりますたらーっ(汗)

確かにクマにはキレますが、終盤のお話であって、タイトルとは違うような・・・。

ニューヨークに住む上流階級の子供のベビーシッターとして住み込みで働くことになったアニーの笑いありの奮闘記です。

理不尽な要求やわがままっぷりもあって、かなりアニーに共感。
そりゃ、キレるよね・・・。

ローラ・リニーの不敵な笑みの似合うミセスXっぷりもはまり役でした。

みなさん、子供は自分で育てましょ〜exclamation





posted by みづき at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック