2010年03月02日

新宿インシデント

GNBF-1299_S[1].jpg

原題:THE SHINJUKU INCIDENT/新宿事件

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントより¥3990で発売中

2009年度作品/香港

<監督>
イー・トンシン

<製作総指揮>
ジャッキー・チェン
アルバート・ヤン

<脚本>
チュン・ティンナム

<出演>
ジャッキー・チェン
竹中直人
ダニエル・ウー
シュー・ジンレイ
加藤雅也
ファン・ビンビン
峰岸徹(「おくりびと」
長門裕之
ジャック・カオ
ラム・シュー
倉田保昭(「ラスト・ブラッド」
チン・ガーロウ

<あらすじ>
日本海沿岸の若狭湾に中国からの密入国者たちが上陸。その中に、日本留学したまま行方不明の恋人シュシュを探しに来た鉄頭の姿もあった。先に密入国していた阿傑ら同郷の仲間たちと新宿で暮らし始めた彼は、ある日、自分が働くナイトクラブでシュシュの姿を見かける。彼女は、新宿を取り仕切る三和会幹部・江口の妻・結子として暮らしていた。その事実に衝撃を受ける鉄頭だったが、運命の皮肉で、偶然、彼が江口の命を助ける羽目に。それがもとでシュシュと再会した鉄頭は、江口の信頼も得て、不本意にも裏社会に手を染めていくこととなるが…。
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


ジャッキー主演作って、実は今までちゃんとみたことがなくてあせあせ(飛び散る汗)
イメージとしては、アクションありのコメディ満載な感じだったのですが、これは「チョイス間違えた?」と思ってしまうくらい、そのイメージとが真逆なジャッキーです。

初ジャッキーで、これは重すぎたかもバッド(下向き矢印)

香港映画なのに日本が舞台になっていて、日本人キャストも多数出演しています。
てっきり、日本映画かとばかり思っていましたたらーっ(汗)

純粋な気持ちで日本にやってきた鉄頭が裏社会に染まっていく様子が描かれています。

悪に手を染めても心までは染まらなかった・・・。
お話はきれいなのですが、アクションはアクションでも、バイオレンスもの。
これは、ちょっと苦手の分野です。

シリアスな演技もできるぞといわんばかりの新境地開拓のジャッキーでしたexclamation








posted by みづき at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
お元気でしたか?

初ジャッキーで、コレはキツかったですねぇ〜(苦笑)
みづきさんのレビューを読むと、
『奇蹟/ミラクル 』辺りがオススメです。

ジャッキーファンの中では、物足りないとする人もいますが、
チョット心温まる展開で、個人的には好きな作品です。

ジャッキー自身も、お気に入りに挙げています。
みづきさんの好みに合うかわかりませんが、
気が向いたら、一度ご覧になってみてください。

梅雨入り時は、体調を崩す人も多いです。
みづきさんも、気をつけてくださいね。
では、また。
Posted by Prism at 2010年06月15日 07:43
Prismさんへ☆

こんにちは。
コメントありがとうございます。

お勧め作品まで教えてくださってありがたいです。
最近はなかなか映画を見る時間が取れないですが、今度ゆっくり見てみたいと思います。
Posted by みづき at 2010年07月02日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151422852

この記事へのトラックバック