2010年11月15日

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

20100422005fl00005viewrsz150x[1].jpg

2010年度作品/日本

<監督>
中田秀夫

<原作>
米澤穂信

<出演>
藤原竜也
綾瀬はるか
石原さとみ
阿部力
武田真治
平山あや(「陰日向に咲く」
石井正則(「少林少女」
大野拓朗
片平なぎさ(「嫌われ松子の一生」
北大路欣也

<あらすじ>
時給11万2000円という高額アルバイトに魅せられて集められた10人の男女。
暗鬼館という邸に閉じ込められ、心理的実験を行うという。
24時間監視され、7日間を過ごすのだが、2日目に死者が出てしまうのだった。
果たして誰が・・・?犯人は?

<おすすめ度>
★★☆☆☆


ホリプロ祭りです。
50周年記念の作品だとか。

評判悪いの知ってたし、この原作者の作品とは相性合わないの分かってたんだけど、見ちゃいました。

原作もチラっとタイトル程度は効聞いたことがあって、なんて発音するのか悩んでたこともありました(笑)
造語?とか思ったりして。

結局、普通に「inしてみる」ってことなんでしょうか?
観終わってもタイトルの意味すら分からないたらーっ(汗)

内容は、よくある密室ミステリーです。

密室系もいろいろと観たり読んだりしてきたので、今回はどんなパターンで来るのかと上から目線で見始めましたが(笑)、これが意外な展開の結末に。

思わず、「へぇ〜。そういうこと・・・」と思っちゃいました。
疑心暗鬼ねぇ。

だから、舞台となった館の名前も暗鬼館なのね、と。

でも、お話は基本的に説明不足です。
ルールもよく分かんなかったしたらーっ(汗)

小説から映画化でよくあるのですが、原作の良さが活かされてないとか、ストーリーが変えられてるとか言われますが、今回も原作を読んだ人からは不満噴出のようで・・・。

原作が面白そうで、ちょっと気になってますが、ここは我慢(笑)
多分、相性合わないし。
でも、最初の数ページ見て考えよかな(笑)exclamation&question

まぁ、それにしても巧い話には裏があるのが世の常で・・・。
のこのことついて行くのもどうかと。
posted by みづき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画:インシテミル 7日間のデス・ゲーム
Excerpt:  藤原竜也好きなんですよね〜。と言うわけで今回の記事はインシテミルです。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-12-09 19:02

インシテミル 7日間のデス・ゲーム
Excerpt: インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD](2011/02/23)藤原竜也、綾瀬はるか 他商品詳細を見る<<ストーリー>> 時給11万2千円という高額バイト料を目当てに、男女10人が謎の施設・暗..
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2011-03-09 01:51

インシテミル 7日間のデス・ゲーム
Excerpt: こんなバイトまずはネットで調べないか?? 【Story】 自給11万2,000円という怪しい求人広告を見て、暗鬼館へと集まった男女10人。仕事内容は24時間監視されながら7日間を過ごす..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2011-03-13 01:27

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」
Excerpt: インシテミル 7日間のデス・ゲーム ブログ - goo 映画 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公式サイト インシテミル - Wikipedia インシテミル 7日間のデス・ゲーム(映画.co..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-10-23 20:22