2012年06月30日

ファミリー・ツリー

20111203003fl00003viewrsz150x[1].jpg

原題:THE DESCENDANTS

2011年度作品/アメリカ

第84回アカデミー賞 脚本賞受賞(ジム・ラッシュ、ナット・ファクソン、アレクサンダー・ペイン)
第69回ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)受賞
                    男優賞(ドラマ)受賞(ジョージ・クルーニー)
第37回 LA批評家協会賞 作品賞受賞


<監督>
アレクサンダー・ペイン(「サイドウェイ」)

<脚本>
アレクサンダー・ペイン(「サイドウェイ」)
ナット・ファクソン
ジム・ラッシュ

<出演>
ジョージ・クルーニー
シェイリーン・ウッドリー
アマラ・ミラー
ニック・クラウス
ボー・ブリッジス
ロバート・フォスター
ジュディ・グリア
マシュー・リラード
メアリー・バードソング
ロブ・ヒューベル
パトリシア・ヘイスティ

<あらすじ>
ハワイで弁護士をしていたマット。
突然、妻のエリザベスがボート事故に遭い、昏睡状態となってしまう。
それまで家庭のことはエリザベスに任せてきたマットは、2人の娘との生活にとまどいながらも向き合おうとする。
しかし、娘からエリザベスは不倫していたという事実を知らされるのだった・・・。

<おすすめ度>
★★★☆☆


ハワイの穏やかな景色とは打って変わって、シリアスな人間ドラマ。
家族再生を描いています。

内容はシビアですが、時折出てくるハワイの風景がいいバランスを与えてくれますリゾート

思春期の娘との向き合い方、もう意識を取り戻して話を聞くことすらできない妻の不貞。
山積みの問題の中で、自分たちの生き方を模索していきます。

マットとは離婚を考えていたエリザベス。
本来ならばバラバラになる予定だった家族が、エリザベスの事故によってひとつにまとまっていくのは皮肉なものです。

裏切られても、それでもエリザベスのことが好きだったマット。
不倫相手のブライアンと対峙した時も、男らしさは格段にマットの方が上。
しびれましたexclamation

きっとこの家族のきずなは固いものになる。
そう思えるエンディングでした黒ハート
posted by みづき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281542821

この記事へのトラックバック

『ファミリー・ツリー』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・ク..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-07-21 22:16

映画『ファミリー・ツリー』 を観て
Excerpt: 12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-10-09 23:18