2013年10月31日

さよならドビュッシー

KIBF-1195[1].jpg

キングレコードより¥3990で発売中

2012年度作品/日本

<監督>
利重剛

<原作>
中山七里

<脚本>
牧野圭祐
利重剛

<出演>
橋本愛
清塚信也
柳憂怜
相築あきこ(「八日目の蟬」など)
山本剛史
ミッキー・カーチス(「ロボジー」など)
相楽樹
優恵
谷畑聡
清水紘治
熊谷真実
芹澤興人
サエキけんぞう
戸田恵子
三ツ矢雄二
本村健太郎
服部竜三郎
堤幸彦
吉沢悠

<あらすじ>
双子同然で成長してきた香月遥と従姉妹の片桐ルシアには、ピアニストになるという共通の夢があった。ある晩、ルシアと祖父の玄太郎が暮らす家で火事に巻き込まれた遥は、全身に大やけどを負いながらも、ひとり生き残ってしまう。 彼女に残された希望は、生前のルシアと約束したドビュッシーの『月の光』を弾くことだけだった。 新しいピアノ教師の岬洋介と二人三脚で厳しいリハビリに打ち込むが、祖父から遺された24億円もの遺産を巡り、遥の身の周囲で不可解な出来事が頻発する。 遥の命を狙う者の正体とは? 岬は遥を守り抜けるのか!?
キングレコードHPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作の映画化ですぴかぴか(新しい)

原作も気になっていて、積読本の中に埋もれていますあせあせ(飛び散る汗)
一体いつになれば読めるのか分かりませんが、先に映画を観てしまいました。

残念ながら、展開は読めてしまいましたバッド(下向き矢印)

ミステリー色は弱いです。
単なるミステリーでもなく、音楽とのバランスがちょうどいいです。

と言っても、クラシックなんて分かんないですけどあせあせ(飛び散る汗)
ドビュッシーの音楽なんて、さっぱり。
ふなっしーなら分かるけど(笑)

岬先生役の方は実際にピアニストだそうで、その演奏はさすがといった感じ。
聴きほれます。
posted by みづき at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385525471

この記事へのトラックバック