2014年01月22日

永遠の0

20130612006fl00006viewrsz150x[1].jpg

2013年度作品/日本

<監督>
山崎貴(「SPACE BATTLESHIP ヤマト」など)

<原作>
百田尚樹

<脚本>
山崎貴(「SPACE BATTLESHIP ヤマト」など)
林民夫(「藁の楯 わらのたて」、「みなさん、さようなら」など)

<出演>
岡田准一
三浦春馬
井上真央(「綱引いちゃった!」、「八日目の蝉」など)
濱田岳
新井浩文
染谷将太
三浦貴大(「監禁探偵」)
上田竜也
吹石一恵
田中泯
山本學
風吹ジュン
平幹二朗(「忍たま乱太郎」など)
橋爪功
夏八木勲(「ひまわりと子犬の7日間」など)

<あらすじ>
祖母の葬儀で、祖父が自分とは血が繋がらないことを知った健太郎。
興味本位で祖父を知る人物を訪ね歩き、どんな生き様だったのか知ろうとするが、聞こえてきたのは海軍一の臆病者と言う意外な姿だった・・・。

<おすすめ度>
★★★★☆


たまたま水曜の午後から半日休みを取ったので、ちょうどいいやと思い観てきましたるんるん

原作は読んで、すでに内容も承知の上だったので、大泣きすることも想定内(笑)
結果、1人で行って正解でしたわーい(嬉しい顔)
タオルは涙でぐっしょりになりました。

残念だったのは、ストーリーが変えられていたこと。
もちろん、基本的なことは原作のままなのですが、久蔵が妻と娘に会いに戻ってきたという設定が腑に落ちないんですあせあせ(飛び散る汗)

会えない気持ちが久蔵を強く、また生きる活力となったいたはずなのにバッド(下向き矢印)

それでも、映像化されて分かりやすいところもありました。
戦闘のシーンは、ゼロ戦や戦艦などに詳しくないので、原作の細かい描写よりも観た方が分かりやすいですね。
戦争映画なのですが、戦闘シーンはとても少ないです。
宮部久蔵の半生を描いた、力強い内容になっています。

本編とは関係ないですが、エンドロールも感動しましたぴかぴか(新しい)

雲の映像なのですが、監督こだわりだそう。
本当にいつまでも観ていたい綺麗な映像でした。
あんなに穏やかな空を久蔵たちは飛ぶことが出来なかったんですよね。
悔しい気持ちがこみ上げてきます。
posted by みづき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック