2015年01月04日

ハミングバード

BIBF-2682[1].jpg

ハピネットより¥4212で発売中

2012年度作品/イギリス

<監督・脚本>
スティーヴン・ナイト(「アメイジング・グレイス」

<出演>
ジェイソン・ステイサム
アガタ・ブゼク
ヴィッキー・マクルア
ベネディクト・ウォン(「シャンハイ」
ジャー・ライアン
ヴィクトリア・ビューイック

<あらすじ>
二度目の復讐は、正義か、罪か―。

ロンドンの暗黒街で、絶望のどん底を這う男。彼の名はジョゼフ・スミス。かつては特殊部隊を率いる軍曹だったが、そこで犯した罪から逃れるため、家族や社会からも距離をおき、息をひそめて暮らしていた。
ある日、唯一心を通わせた少女が拉致されたことで、彼の人生が大きく動き出す。
彼女を救うために他人になりすまし、裏社会でのし上がっていくジョゼフ。しかし、少女の残酷な運命を知ったとき、彼の怒りは決壊、復讐の炎と化す。過去に犯した罪、そして自らの人生にも決着をつけるため、ジョゼフが最後に下した決断とは──?

ハピネットHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


ジェイソン・ステイサムと言えば、孤高の男exclamationというイメージがあるくらい、孤独なヒーローを演じている気がします。

今回もそんな役どころ。

かつての特殊部隊で負ったトラウマがいまひとつうまく描かれていなくて、心の傷についてはよく分かりませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

アクション映画っていうほどのアクションもなっかたしねたらーっ(汗)
ちなみにすべてスタントなしのジェイソンが演じているそうです。

善行をして、かつての悪事を清算するかのようでしたが、チャラにはならないでしょ(笑)
posted by みづき at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413316734

この記事へのトラックバック