2016年08月29日

レディ・ジョーカー(上)

134716_l[1].jpg

新潮社より¥810で発売中

<あらすじ>
空虚な日常、目を凝らせど見えぬ未来。五人の男は競馬場へと吹き寄せられた。未曾有の犯罪の前奏曲が響く――。その夜、合田警部補は日之出ビール社長・城山の誘拐を知る。彼の一報により、警視庁という名の冷たい機械が動き始めた。事件に昏い興奮を覚えた新聞記者たち。巨大企業は闇に浸食されているのだ。ジャンルを超え屹立する、唯一無二の長篇小説。毎日出版文化賞受賞作。
新潮社HPより引用)


昔に映画化されたのを観ましたが、イマイチ面白くなかった記憶があります。

高村作品も過去に読みましたが、ド派手な演出よりも心理戦を描く作家さんという印象が強いです。
決して読みやすくはないです。

上巻では、とある大企業の内情と競馬仲間が企業からお金を奪おうとする話を中心に描かれています。

大企業の社長というものは、こんなにも駆け引きの必要な仕事が多いのかと、読んでいるだけでその疲労が伝わってきます。

そして、事件を追う新聞記者サイドからの視線も物語を面白く盛り上げてくれます。

警察、企業、新聞社の各攻防戦も臨場感があって面白いです。

複雑に事件が絡み合っていて、なかなか読むペースが上がらなくて投げ出したくもなりますが、結末が知りたい一心で読んでいます。

自分の知らない世界のことなので、勉強になります。
【関連する記事】
posted by みづき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441817037

この記事へのトラックバック