2016年09月27日

レディ・ジョーカー(下)

134718_l[1].jpg

新潮社より¥724で発売中

<あらすじ>
消エルコトニシタ……。レディ・ジョーカーからの手紙が新聞社に届く。しかし、平穏は訪れなかった。新たなターゲットへの攻撃が始まり、血色に染められた麦酒が再び出現する。苦悩に耐えかねた日之出ビール取締役、禁忌に触れた記者らが、我々の世界から姿を消してゆく。事件は、人びとの運命を様々な色彩に塗り替えた。激浪の果て、刑事・合田雄一郎と男たちが流れ着いた、最終地点。
新潮社HPより引用)


やっと完結編です。
長かった〜。

事件の経過からして、決してハッピーエンドで終わることはないと思っていましたが、こんな形で結末を迎えるとは、当事者の誰一人として予想していなかったでしょうね。
消化不良です。
あるのは達成感のみ。

誘拐事件をめぐる警察、それを追う新聞社と犯人という単なる構図ではなく、それと取り巻く社会全体にまで幅を広げた人間小説でしたね。

1番驚かされたのは、合田と加納の関係。
思わず読む手が止まりました。
そんな展開ありですか?

それにしても、この男臭い作品を女性が書き上げたことが素晴らしいですね。
【関連する記事】
posted by みづき at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442820371

この記事へのトラックバック