2016年10月30日

映画 ビリギャル

TDV25414D_L[1].jpg

東宝より¥3780で発売中

2015年度作品/日本

<監督>
土井裕泰(「ハナミズキ」「涙そうそう」、「いま、会いにゆきます」)

<原作>
坪田信貴

<出演>
有村架純
伊藤淳史
野村周平
大内田悠平
奥田こころ
山田望叶
松井愛莉
蔵下穂波
阿部菜渚美
下山葵
あがた森魚(「ジャッジ!」)
安田顕
矢島健一
中村靖日
峯村リエ
吉田羊(「SCOOP!」「HERO」
田中哲司

<あらすじ>
この奇跡は、あなたにも起こる―
感動の嵐を呼んだ奇跡の実話、原作累計発行部数100万部突破!!
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて 慶應大学に現役合格した話

さやかは高校2年生。中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。
いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。
でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。対応した塾講師の坪田もびっくりの彼女の知識は小4レベル。
聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。
それでも夢は大きく第一志望はチョー難関の慶應大学!(←ゼッタイ無理!)
「さやかが慶應なんてチョーウケる〜!」こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった!(でも、まずは小4ドリルからね)果たして、こんなことでビリギャル・さやかは慶應大学に受かるのでしょうか??

東宝HPより引用)

<おすすめ度>
★★★☆☆


タイトルで結末を言ってしまっているので、展開はお察しの通りです。

そもそもそんなにバカじゃなかったとかいろいろ言われてるようですが、意外にも楽しめました。
さやかの純粋さにも惹かれるし、坪田先生が何よりも素敵。
家族の間には複雑な事情もあるけれど、娘の可能性を信じ、応援してくれるお母さんの姿にも心を打たれました。

受験は一人だけの問題ではないんだということを感じました。
周りの支えも大切なんですね。

偏差値を40上げたことよりも、目標に向かって一生懸命立ち向かう姿が立派でした。

慶應に合格したことは素晴らしいですが、自分で目標を見つけた上で慶應を目指してほしかったな。
先生の言いなりで、ただネームバリューがあるという単純な理由だと、夢を持った他の受験生がやりきれなくなります。

でも、この受験を勝ち抜いたという経験は、一生の宝物だと思います。

さやかちゃんご本人のことが気になったので、調べてみました。
メディアにも露出されてるみたいですね。
インタビュー記事を読みましたが、とてもしっかりした方でした(笑)
posted by みづき at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447630219

この記事へのトラックバック