2017年01月29日

屍鬼(四)

124026_l[1].jpg

新潮社より¥810で発売中

<あらすじ>
前代未聞の怪異が村に跋扈する中、閑散とした病院の奥で、連夜密かに地獄絵巻が繰り広げられていた。暗紅色の液体が入った試験管の向こうに、愛しい骸の変化を克明に記録する青ざめた顔。ゆっくり振り翳された杭……。はびこる「屍鬼」を壊滅させるための糸口が見え出した。しかし、その時、村人の絆が崩れ始める。生き残った者たちが選んだ策は――。思わず目を覆う展開、衝撃の第四弾。
新潮社HPより引用)


やっと4巻まで来ました。

ハラハラドキドキの展開に。

ようやく敏夫が真実を村の人たちに告げようとするも、真実に薄々気づきながらも受け入れられずに拒む村人たち。
すべてが悪循環になっていきます。

どちらかというと、物語の主導権は屍鬼側に渡っていきました。
村人はなす術もなく、ただただ日々を過ごすだけ。
屍鬼の世界にも階級があり、結局は生きづらい世の中に変わりはなさそうです。

どちらも自分たちが生きるためにただ戦っているということは十分伝わってきます。
だから余計に読んでいてつらい。
どちらの立場も共感してしまうから。

このまま村は消滅してしまうのか気になるところです。
いざ最終巻へ
posted by みづき at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449613747

この記事へのトラックバック