2017年03月21日

王妃の館(上)

4-08-747707-X[1].jpg

集英社より¥734で発売中

<あらすじ>
思いっきり笑えて泣ける、人情巨編!
150万円の贅沢三昧ツアーと、19万8千円の格安ツアー。対照的な二つのツアー客を、パリの超高級ホテルに同宿させる!? 倒産寸前の旅行会社が企てた、“料金二重取りツアー”のゆくえは…。

集英社HPより引用)


意外なことに初浅田作品でしょうか?
もはや記憶がありません。

裏表紙には、
パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ十四世が寵姫のために建てたという「王妃の館」。今は、一見の客は決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホテルとなっているこのシャトーに、なぜか二組のワケあり日本人ツアーが同宿することになった。しかも、倒産寸前の旅行代理店の策略で、客室を昼と夜とでダブル・ブッキングされて……。ぶっちぎりの笑いと涙満載の傑作人情巨編。
とあります。

映画化されたようで、帯には出演者と関係図が写真入りで紹介されていたので、たくさんのキャラがいますけど、想像しながら読めたのでわりと頭に入ってきやすかったです。

タイトルからしてお堅そうなお話しを想像しますが、中身は真逆でドタバタコメディ(笑)

〇〇〇くらぶのような自転車操業の旅行代理店が考え出した苦肉の策は、一つの部屋を二つのツアーで共有するダブルブッキングツアー。
けれど、一旦現金を集めたところで来月にはこのツアーの支払いが待っているので、結局この代理店がつぶれるのは時間の問題という点が一つ。
それに、ネガツアーもポジツアーもこの料金なら安いのでは?と、いきなり物語に水を差すような疑問を浮かべながら読み始めました。

でも、問題はツアー内容じゃなかった(笑)

それをはるかに凌駕する一癖も二癖もあるツアー参加者たち。
それに、ルイ14世の物語まで絡んできて、ドタバタさは上巻からMAXに。

唯一のまともなキャラは、ネガツアーの添乗員の戸川だけ。
なのに、役に立たない〜(笑)

映画もですが、宝塚でも演じられた演目と知って、宝塚デビューしたくなりました
posted by みづき at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック