2017年04月03日

王妃の館(下)

4-08-747708-8[1].jpg

集英社より¥669で発売中

<あらすじ>
涙と笑いの人生ツアー、ついに決着へ!
愛人と別れたうえリストラされたOL。人気作家とその担当編集者。心中を目論む老夫婦。カード詐欺師の夫婦…。ルイ14世の秘話を織り込んで、親子の愛が、夫婦の愛がホロリとさせる珍道中の物語。

集英社HPより引用)


ドタバタ喜劇の下巻。

裏表紙には、
ひと癖もふた癖もある「光」と「影」のツアーメンバーたちは、ドタバタ騒ぎとニアミスをくりかえしながらも、それぞれのパリの旅を楽しんでいた――かに思えたが、ついにツアーの二重売りがバレそうになって、さあ大変。さらに「王妃の館」に秘められた太陽王・ルイ十四世の愛の行方をからめて、物語は十七世紀と現代とを縦横無尽に駆けめぐる。思いっきり笑って泣いて、ついに感動の大団円。
とあります。

大団円。
まさにその一言に尽きると思います。

宝塚で出演者一同が手を取り合って大階段を下りてくるさまが目に浮かびます(笑)
宝塚で舞台化という意外性もあって、映画よりもそちらに興味を惹かれました。

それぞれのツアー参加者が絡み合って新たな作用をもたらしていました。

クレヨンが素敵なんだけど、終始私の頭の中にはクリス松村さんが(笑)

いろんな悩みや思いをを抱えなが旅をするからこそ、帰ったときに成長できるんだなぁと痛感させられました。
グルメだ買い物だと自己満足な旅をしている自分とは大違い。

読んでいるだけでパリを旅しているかのような気分になれました。

旅の非日常性とをうまくかけ合わせた作品でした。
posted by みづき at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック