2017年04月15日

八日目の蝉

205425[2].jpg

中央公論新社より¥637で発売中

<あらすじ>
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか……。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。
中央公論新社HPより引用)


ドラマと映画を先に観ましたが、強烈に印象に残っている作品です。
珍しく結末まで覚えているので、新鮮さはありませんでしたが、それでもハラハラしながら希和子と薫の逃亡劇を読んでいました。

大きく分けて2つの視点からの物語から成り立っています。
前半は希和子が不倫相手の乳児を誘拐して逃亡するお話。
後半はその誘拐された子が大きくなってからのお話。

希和子の視点で描かれている分、どうしても希和子を応援したくなります。
自分勝手だとは思いますが、立派に薫の母親であり続けました。
母性や母親とは何かということを問いかけています。

感動したというよりも、衝撃的でした。

女が強いというより、出てくる男がだらしなさすしぎます。

母親になってから読むとまた印象が変わるのかな?

小豆島というとこの作品を思いだすようにまでなってしまいました。
いつか行ってみたいと思いますが、作品に引きずられて暗い旅になってしまいそう・・・。
【関連する記事】
posted by みづき at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック