2017年05月21日

ALONE TOGETHER

321210000087[1].jpg

角川書店より¥555で発売中

<あらすじ>
孤独な魂が共鳴する時、物語は始まる――。

「私が殺した女性の、娘を守って欲しいのです」。3年前に医大を辞めた僕に、教授が切り出した突然の依頼。それが物語の始まりだった――。人と人はどこまで分かりあえるのか? 瑞々しさに満ちた長編小説。

角川書店HPより引用)


初読みの作家さん・・・じゃなかった。

271ページと長くはないのですが、読み進めるのに時間がかかりました。

主人公が持つ特殊能力についての言及が少なかったので、理解できぬまま終わってしまいました。
人とシンクロすることで心のうちを知ることができるのですが、決してそれは幸せではないということを伝えたいのだということはわかります。
柳瀬自身の家族を失った経緯などを詳しく厚みを持って描けば、サクラとの関わり合いも面白くなったんじゃないかと思います。

特殊能力ゆえか柳瀬が21歳とは思えませんでした。
医学部に入るも自分の知りたかった脳神経学の分野での問いに、答えがないとわかるとあっさりと退学。
どこか達観したところがあって好きにはなれませんでした。
posted by みづき at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック