2017年06月17日

グロテスク(上)

img_36836ed3a04c4f59a00c5e8db6703cff189454[2].jpg

文芸春秋より¥691で発売中

第31回(2003年)泉鏡花賞受賞

<あらすじ>
光り輝く、夜のあたしを見てくれ

名門女子高生から一流企業のOLとなっても、彼女が求め続けたものは? 女たちの孤独な闘いを描いた最高傑作、ついに文庫化!

名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」。悪魔的な美貌を持つニンフォマニアのユリコ、競争心をむき出しにし、孤立する途中入学組の和恵。ユリコの姉である“わたし”は二人を激しく憎み、陥れようとする。圧倒的な筆致で現代女性の生を描ききった、桐野文学の金字塔。

文芸春秋HPより引用)


上巻だけで397ページもある超大作です。

実際の事件をモチーフに女性のヒエラルキーを描いた作品です。

主に出てくるのは主人公と圧倒的な美を持つ妹のユリコ、それに主人公の同級生の和恵の3人。
章によって語り手が変わり、上巻では学生時代の話が中心です。

私は女子高でもなければ女兄弟もいないので、異世界といったところ。
すべてのエネルギーの源は憎悪。
こんなにも悪意に満ちた世界があるのかと驚かされるばかりです。

妹のユリコと常に比較対象とされてきたコンプレックスの塊の姉。
高校生ですでに達観したかのような周囲の見下し方がすごい。
普通、高校時代は「いじわる」程度の悪で、意図的に相手を貶めてやろうという策略も全くない可愛いもののはず。

誰にも共感できないけど、分かる部分もあり、やはり女性特有の感情なのかと思い知らされたりもしました。

下巻ではユリコと和恵の転落人生と死に至るまでが描かれているはず。
気になります。
【関連する記事】
posted by みづき at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック