2017年06月23日

グロテスク(下)

img_b171d1c439a5ec213f4a96875a380388190585[1].jpg

文芸春秋より¥723で発売中

第31回(2003年)泉鏡花賞受賞

<あらすじ>
就職先の一流企業でも挫折感を味わった和恵は、夜の女として渋谷の街角に立つようになる。そこでひたすらに男を求め続けて娼婦に身を落としたユリコと再会する。「今に怪物を愛でる男が現れる。きっと、そいつはあたしたちを殺すわよ」。“怪物”へと変貌し、輝きを放ちながら破滅へと突き進む、女たちの魂の軌跡。解説・斎藤美奈子
文芸春秋HPより引用)


下巻に入ってグロさは増していくものの、読む手は止められませんでした。

ユリコと和恵が娼婦になっていった過程がもっと語られているのかと思っていたのですが・・・。

美貌や頭脳や肩書がどれだけ素晴らしくても誰も幸せで満足できていないというのが皮肉ですね。
何かしら人より抜きんでているということは生きづらいのかもしれません。

こちらのお話ではユリコを殺した犯人は自白しています。
また、その犯人の半生がすさまじい。
その章を読んでいる間は自分は一体何の本を読んでいるのかを忘れ去れるほどに圧倒的な筆量でした。

すべての章は、インタビューなり日記なり手記など独白で構成されているので、意見の相違があったりと真相までは分かりません。

特に和恵の日記は読んでいて痛ましかったです。
ただ、彼女の気持ちは少しは理解できました。
ここに出てくる女性で誰よりも1番私自身に近いのは和恵でした。

転落していく人生を自覚していただろうし、それを止めるには死しかないとわかっていたはず。
だからこの2人の死が悲しいとは思えませんでした。
むしろ、それ以上の苦しみを味合わずに済んでよかったとさえ思います。

読むのにはかなりエネルギーを必要とする作品でした。
posted by みづき at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック