2007年09月20日

THE JUON/呪怨

GNBF-7219_S[1].jpg

原題:THE GRUDGE

ジェネオン エンタテインメントより¥3990で発売中

2004年度作品/アメリカ・日本

<監督>
清水崇(「呪怨2」、「呪怨」)

<出演>
サラ・ミシェル・ゲラー
ジェイソン・ベア
ウィリアム・メイポーザー(「M:I-2」)
クレア・デュヴァル
ケイディー・ストリックランド(「ステップフォード・ワイフ」、「17歳のカルテ」)
グレイス・ザブリスキー
ビル・プルマン
ローザ・ブラシ
テッド・ライミ(「スパイダーマン2」、「スパイダーマン」)
石橋凌
真木よう子(「サマータイムマシン・ブルース」、「感染」、「パッチギ!」
尾関優哉(「呪怨2」、「呪怨」)
藤貴子(「呪怨2」、「呪怨」)
松山鷹志
松永博史
おかやまはじめ
森下能幸(「69 sixty nine」、「スウィングガールズ」など)
津村和幸
小林太樹
小泉純子
小泉奈々(「着信アリ2」
岡村洋一
大城英司
小山かつひろ

<あらすじ>
東京の大学で福祉を学ぶ留学生カレンは、授業の一環でアメリカ人一家の介護を手伝うことになる。一家が借りて住んでいる郊外の一軒家に、カレンは迷いながらたどりついた。だが、いくら声をかけても中から人の出てくる様子がない。恐る恐るカレンが家の中に入って行くと・・・。
ジェネオン エンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


孤独の極みです。
映画のお話じゃなくて、私が・・・
夜中に1人でホラー映画鑑賞(笑)

日本バージョンというかオリジナルもすでに見ています。
そちらはビビリながらも結構楽しめたのですが・・・。

確か全米公開時には、日本人監督が撮った作品が2週連続No.1ヒットを記録して話題になってましたよね?
私も見に行こうかと誘われた気がします・・・。
今思うと行かなくて良かったかもたらーっ(汗)

だって、コレ日本が舞台の意味あったのかなぁ?
なんか、片言の日本語を話してるのが滑稽だし、日本が舞台といっても、なんだかちょっと古臭い雰囲気プンプンだしダッシュ(走り出すさま)

ストーリー展開も、納得いかないし。
そんなこじつけあり?みたいな。

やっぱり和製ホラーの最高傑作は私の中では「リング」かな?
posted by みづき at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56352124

この記事へのトラックバック