2017年01月30日

アンフレンデッド

jacket_photo-w360-h360[1].jpg

原題:UNFRIENDED/CYBERNATURAL

TCエンタテインメントより¥4104で発売中

2015年度作品/アメリカ

<監督>
レヴァン・ガブリアーゼ

<製作総指揮>
ジェイソン・ブラム

<出演>
シェリー・ヘニッグ
モーゼス・ストーム
レニー・オルステッド
ウィル・ペルツ(「TIME/タイム」
ジェイコブ・ワイソッキ
コートニー・ハルヴァーソン
ヘザー・ソッサマン

<あらすじ>
泥酔したときの恥ずかしい動画がネットにアップされ、自殺してしまった女子高生ローラ・バーンズ。あれから1年。彼女の幼馴染とその友人達はSkypeに集い、他愛もない会話を交わしていた。しかし、その中に見知らぬアカウントが存在することに気付く。やがてそのアカウントが死んだはずのローラとしてメッセージで話しかけてくる。誰もが悪質ないたずらだとその存在を信じなかったが、ローラの死にまつわる隠された真実がPC画面上で徐々に暴露されていく。そして、そのひとつひとつが明かされる度に一人、また一人と謎の死を遂げていく。果たしてローラ・バーンズの呪いから逃れる術はあるのか―!?
TCエンタテインメントHPより引用)

<おすすめ度>
★★★★☆


面白い試みの作品。
ぜひ、テレビ画面ではなく、PCで観てほしいです。
臨場感が増すこと間違いなし。

仲間内でのスカイプのやり取りだけで構成されている作品。
リアリティがあります。
確かにホラーのジャンルに入るのかと思いますが、そこまで恐怖心はありません。
(映像ではグロテスクなシーンは出てきますけど)

ホラーにはストーリーはないのが普通だと思っていましたが、これはストーリーも楽しめます。
仲良しだと思っていたのに、実は裏切られていた・・・。
次から次へと暴露されていき、みんな疑心暗鬼になり、最後の結末へ。

オチは弱いとかいう声もありますが、私は楽しめました。

現代社会の闇ですね。
posted by みづき at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

屍鬼(四)

124026_l[1].jpg

新潮社より¥810で発売中

<あらすじ>
前代未聞の怪異が村に跋扈する中、閑散とした病院の奥で、連夜密かに地獄絵巻が繰り広げられていた。暗紅色の液体が入った試験管の向こうに、愛しい骸の変化を克明に記録する青ざめた顔。ゆっくり振り翳された杭……。はびこる「屍鬼」を壊滅させるための糸口が見え出した。しかし、その時、村人の絆が崩れ始める。生き残った者たちが選んだ策は――。思わず目を覆う展開、衝撃の第四弾。
新潮社HPより引用)


やっと4巻まで来ました。

ハラハラドキドキの展開に。

ようやく敏夫が真実を村の人たちに告げようとするも、真実に薄々気づきながらも受け入れられずに拒む村人たち。
すべてが悪循環になっていきます。

どちらかというと、物語の主導権は屍鬼側に渡っていきました。
村人はなす術もなく、ただただ日々を過ごすだけ。
屍鬼の世界にも階級があり、結局は生きづらい世の中に変わりはなさそうです。

どちらも自分たちが生きるためにただ戦っているということは十分伝わってきます。
だから余計に読んでいてつらい。
どちらの立場も共感してしまうから。

このまま村は消滅してしまうのか気になるところです。
いざ最終巻へ
posted by みづき at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

屍鬼(三)

124025_l[1].jpg

新潮社より¥680で発売中

<あらすじ>
逃げ場のない恐怖の底に堕ちた村で、深夜、何者かの影が蠢き始めていた。窓の外に佇む凍えた気配、往来の途絶えた村道で新たに営業し始めた葬儀社、そして、人気のない廃屋から漏れる仄暗い灯……。その謎に気付いた者たちの背後に伸びる白い手。明らかになる「屍鬼」の正体。樅の木に囲まれた墓場で月光が照らし出した、顔を背けんばかりの新事実とは――。もう止まらない、驚愕の第三巻。
新潮社HPより引用)


ようやく折り返しを過ぎた三巻目を読み終わりました。

今までの序章から一転、ようやく全容が明らかになりました。
これまでの静信や敏夫たちの視点を中心に描かれていたものが、いろんな角度からの描写に変わり、物語が動き出した感じです。
死んだと思って忘れ去っていたのに、またどんどん登場人物が出てきて、思い出しながら読みました。

夏野たちの真相に気付きながらも、子供という立場での行動範囲や信頼性という苦悩。
静信の倫理観の葛藤。
すべての歯車が微妙にかみ合わずに、読んでいるこちら側も歯がゆく感じます。

村を出たがっていた正雄や恵たちも再登場し、新たな立場での苦悩も出てきて、村ではどうなることが幸せなのかと思ったり。

何よりディティールまで描ききっていてノンフィクションを読んでいるよう。

疫病の正体も分かったのですが、引っ越しや退職をするという必然性が今一つ理解できないまま、取りあえず4巻へ突入します。
posted by みづき at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

屍鬼(二)

124023_l[1].jpg

新潮社より¥767で発売中

<あらすじ>
「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらにそのざわめきの陰で、忽然と姿を消している村人たちがいた――。廃墟と化した聖堂に現れる謎の少女。深夜、目撃されるトラックの残響。そして闇の中から射る、青白い視線……。目が離せない展開、戦慄の第二幕。
新潮社HPより引用)


ようやく二巻目を読み終えました。

やはり展開が遅いのが気になります。
ようやくラストになって、新たな動きが出てきました。
ここにきて、これはホラーだったんだと思いだしました。
それくらい、村の日中が濃く描かれているので、ただの小説のように読み進めてました。

ようやく尋常でないことが起こっていると気付き始めた一部の住人達。
パニックを起こさせないためや信じられない仮説に堂々と行動できないことがもどかしすぎます。
原因はわからないのでは打つ手もなく、ただただ死者を葬ることしかできない、敏夫と静信の葛藤。

読みごたえはあります。

じわじわと包囲されてきました。
好転するとは思えませんが、続きが気になります。
posted by みづき at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

AQ MW リペア ローション

CIMG4646.JPG

<コスメデコルテ AQ MW リペア ローション 200ml ¥10800>



化粧水で¥10000超えますから、いい値段してますよね。
高機能化粧水だそうです。

白檀の香りのする、無色のテクスチャーです。
香りがちょっときつく感じます。
香料が苦手な方には受け付けないと思います。
香料ウェルカムな私でも(笑)、これはちょっと苦手でした。

シャバシャバ系なので、使いやすいです。
使い続けていくうちにごわごわしていた肌が柔らかくなり、浸透力が高まった気がします。
posted by みづき at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

フォーエバー リブレイター Yセラム

CIMG4645.JPG

<イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター Yセラム 30ml ¥17280>



普通の「フォーエバー リブレイター セラム」も使用したことがありますが、こちらはYゾーンに特化した美容液。

Yゾーンとは
聞きなれない言葉ですが、フェイスラインから首までのゾーンだそうです。
アジア人女性はこのYゾーンからエイジングが始まるのだとか。

確かに、首のお手入れなんて一切してこなかったです。
言われてみると気になりだすもの。
お化粧をすれば年齢を若く見せられるけど、首周りでは年齢はウソをつかないですからね。
ケアの重要性を実感させられました。

テクスチャーはセラムと同じ。
白濁色で独特な香りがあります。

翌日にはお肌にぴーんとしてハリ感が実感できました。
即効性抜群です。

そして頬回りが心なしかすっきりして見えるようになりました。

こんなにすぐに効果が目に見えるなんて驚きです。
リピしたいですね
posted by みづき at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

屍鬼(一)

124023_l[1].jpg

新潮社より¥810で発売中

<あらすじ>
人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躙したかのように散乱していた――。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも……。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。
新潮社HPより引用)


初読みの作家さんです。

本は小野不由美しか読まないという人がいたので、どんな作家さんなのか期待していました。
先日見た「残穢」も原作はこの作家さんですね。
いきなりこれに手を出したのは間違いかもしれません。
お、重い・・・。

五巻もあるのに、なかなか読み進めることができません。

特に所々に出てくる静信の小説が読みづらい・・・。
その世界観がわかりづらかったです。

先にあらすじを知ってるせいか、物語が進むのが遅い気がします。
その分、くどいくらいに閉ざされた村の様子が手に取るようにわかるまでになりました。
きっと今でも田舎のほうにいくと、そういう村はまだ残ってるかと思います。

登場人物が多く、しかも親戚関係が多いので、追うので必死です。
相関図作ってほしいくらいです。
あと、村の地図も。

取りあえず一巻は序章ってところですね。
本格的には二巻以降かと思います。
posted by みづき at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

流星ワゴン

9784062749985_w[1].jpg

講談社より¥788で発売中

<あらすじ>
38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。
僕らは、友達になれるだろうか?

死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして――自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか――?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

講談社HPより引用)


以前から気になっていた作品です。
ようやく読めました。

よくあるタイムスリップものとは異なります。
過去に戻ることはできても、過去を変えることはできない。
結局は現実を生きるしかありません。

チュウさんの武骨な生き方もかっこよかったです。
ラストのお別れのシーンでは涙が止まりませんでした。

シリアスなお話しですが、橋本親子の存在やコミカルな会話で和ませてくれます。

どんな辛い現実でも、生きている限り希望はあります。
辛い局面にぶち当たっても、「死んだっていいや。」じゃなくて、「生きてみてもいいかな。」と思うようにします。
要は気の持ちよう。
posted by みづき at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

疫病神

137013_l[1].jpg

新潮社より¥767で発売中

<あらすじ>
建設コンサルタント・二宮啓之が、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルに巻き込まれた。依頼人の失踪。たび重なる妨害。事件を追う中で見えてきたのは、数十億もの利権に群がる金の亡者たちだ。なりゆきでコンビを組むことになったのは、桑原保彦。だが、二宮の〈相棒〉は、一筋縄でいく男ではなかった――。関西を舞台に、欲望と暴力が蠢く世界を描く、圧倒的長編エンターテインメント!
新潮社HPより引用)


初読みの作家さんです。

思いっきりのハードボイルド。
舞台が若干土地勘あるだけにリアルです(笑)

登場人物は多いし、しかも全員悪党!
つながりも複雑だしで読み進めるのに時間がかかりました。
途中、相関図が出てきたのでだいぶ助かりました。
裏の関係性もあり、大人の世界は複雑なんだなぁと思いました(笑)

駆け引きなど手に汗握る展開が盛りだくさんです。

シリーズの一作目だそうです。

カタギの二宮さんが桑原さんに触発されて、どんどんおかしくなっていくさまが面白かったです(笑)
桑原さんのおとぼけキャラも素敵でした。

二作目も読んでみようと思います。
posted by みづき at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

マネー・ショート 華麗なる大逆転

PJXF-1018_S[1].jpg

原題:THE BIG SHORT

パラマウントより¥4309で発売中

2015年度作品/アメリカ

第41回LA批評家協会賞 編集賞受賞
第88回アカデミー賞 脚色賞受賞


<監督>
アダム・マッケイ

<脚本>
チャールズ・ランドルフ
アダム・マッケイ

<出演>
クリスチャン・ベイル
スティーヴ・カレル
ライアン・ゴズリング
ブラッド・ピット
ルディ・アイゼンゾップ
ケイシー・グローヴズ
マリサ・トメイ
アデペロ・オデュイエ
レイフ・スポール(「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」)
ハミッシュ・リンクレイター
ジェレミー・ストロング
ジョン・マガロ
フィン・ウィットロック
デイヴ・デイヴィス
メリッサ・レオ
カレン・ギラン
マーゴット・ロビー(「スーサイド・スクワッド」
セレーナ・ゴメス

<あらすじ>
金儲けはヤツらから学べ!
ウォール街を出し抜き、4000億円を稼ぎ出した男たち

常識破りの一発逆転エンターテイメント!

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダーのマイケルは、格付の高い不動産抵当証券の事例を何千も調べていくなかで、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品(サブプライム・ローン)が数年以内に債務不履行に陥る可能性があることに気付く。しかし、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関からまったく相手にされなかった。そんななか、マイケルは“クレジット・デフォルト・スワップ”という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜こうと画策する。同じころ、マイケルの戦略を察知したウォール街の銀行家ジャレットは、信用力の低い低所得者に頭金なしで住宅ローンを組ませている大手銀行に不信感を募らせるヘッジファンド・マネージャーのマークを説得し、“クレジット・デフォルト・スワップ”に大金を投じるよう勧める。また、今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは、この住宅バブルを好機と捉えウォール街で地位を築こうと野心に燃える投資家の二人から相談を持ち掛けられる。ベンは自分のコネクションを使って、彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。三年後、住宅ローンの破綻をきっかけに市場崩壊の兆候が表れ、マイケル、マーク、ジャレット、ベンは、ついに大勝負に出る……。

パラマウントピクチャーズHPより引用)

<おすすめ度>
★★☆☆☆


リーマンショックを予見した男たちの実話を描いた物語です。

当時、ニュースではよく耳にしていましたが、実際に何が起こっていたかまでは理解していませんでした。
世界的な経済不振に陥った原因が、こんなことだったなんて。
専門用語も多く、今回の映画でも途中までしか理解できませんでしたが、要は制度自体に落ち度があったんですよね。

過信と無関心。
結局日本のバブル崩壊と何も変わらないのかも。

ただ、これはリーマンショックで成功を収めた側からの視点なので、実際には職を失うなど悪影響を受けた側のほうが圧倒的に多いというのは事実。
邦題もなんか的を外れている気がするし、なんだか後味が悪かったです。
posted by みづき at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする